ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【優勝写真掲載】2022年度 第53回関東中学校サッカー大会(山梨県開催)優勝は修徳中学校(東京)!全国大会出場全7チームが決定しました!

8月7日より開催されます「2022年度 第53回関東中学校サッカー大会」の情報をお知らせします。

今年度みごと優勝を果たしたのは、決勝で5得点をあげた東京の修徳中学校のみなさんでした。おめでとうございます!対戦した桐生大学附属中学校のみなさん他、上位7チームのみなさんは、関東地区代表として8月17日より山形県で開催されます全国大会への出場が決定しました。精一杯頑張ってきてください、関東より応援しています!
そして惜しくもここで破れてしまったみなさん、また次のステージに向けて新たな一歩をスタートしてほしいと思います。3年生の皆さん、おつかれさまでした。

▼関東大会みごと優勝した修徳中学校のみなさん▼

photo by syutoku.fc instagram

2022年度地区予選情報はこちらから
(クリックするとジャンプします)

2022年度 大会結果詳細

優勝 :修徳中学校東京1位](全国大会出場決定)
準優勝:桐生大学附属中学校群馬1位](全国大会出場決定)
第3位 :さいたま市立南浦和中学校埼玉2位](全国大会出場決定)、駒場東邦中学校東京2位](全国大会出場決定)
第5位 :昭和町立押原中学校山梨1位](全国大会出場決定)、藤沢市立鵠沼中学校神奈川1位](全国大会出場決定)
第7位 :さいたま市立東浦和中学校埼玉1位](全国大会出場決定)
第8位 :市川市立第三中学校千葉1位
※上位7チームは関東地区代表として全国大会に進出します!

ベスト4
さいたま市立南浦和中学校埼玉2位
修徳中学校東京1位
駒場東邦中学校東京2位
桐生大学附属中学校群馬1位

ベスト8
昭和町立押原中学校山梨1位
藤沢市立鵠沼中学校神奈川1位
さいたま市立東浦和中学校埼玉1位
市川市立第三中学校千葉1位

準決勝・決勝 組合せ/結果 8/9 NEW

<決勝>
■会場:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
15:00 修徳中学校東京1位] 5-1 桐生大学附属中学校群馬1位

<準決勝>
■会場:富士北麓公園球技場(天然芝)
① 10:00 さいたま市立南浦和中学校埼玉2位] 1-3  修徳中学校東京1位

■会場:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)
② 10:00 駒場東邦中学校東京2位]1-2  桐生大学附属中学校群馬1位
参照:関東サッカー協会GoalNote CLOUD

第7代表決定戦 組合せ 8/9 ※勝者はラスト1枠全国大会出場決定

■会場:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
10:00 市川市立第三中学校千葉1位] 0-2  さいたま市立東浦和中学校埼玉1位

■情報提供ありがとうございました。
今後も大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

参照:関東サッカー協会GoalNote CLOUD

関連記事

公式サイト
関東サッカー協会

◆上位大会
全国中学校体育大会/第53回 全国中学校サッカー大会(8/17~8/22 山形県開催)

◆関連大会
2022年度 第16回関東ユース(U-15)サッカーリーグ(⾼円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ関東)
高円宮杯 JFA U-15 サッカーリーグ 2022 各都県リーグ(複数記事がある場合はトップリーグ)
東京 神奈川1st2nd 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 山梨
2021年度 高円宮杯JFA第33回全日本U-15サッカー選手権大会 関東大会

◆おすすめ記事
独自調査【関東】都県別ランキング みんなが見てるジュニアチーム(3種)ってどこ?アクセスランキング【2021年7月~12月】
【高校サッカー強豪校に入りたい!】選手権&インハイ&新人戦 都道府県ベスト8【2022年度進路情報】
【2021中学生のサッカー進路】全国高校選手権に出場する選手の出身チーム一覧【47都道府県・男女】

中学生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2021年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2022-2023 高校・ユース 練習会、セレクション 募集情報 47都道府県まとめ【全国一覧】

2022年度 サッカーカレンダー【関東】年間スケジュール一覧

【関東版】都道府県トレセンメンバー2022 情報お待ちしています!

これまでの結果

代表決定戦 結果 8/8 ※勝者は全国大会出場決定、敗者は第7代表決定戦へ

■会場:富士北麓公園球技場(天然芝)
15:00 市川市立第三中学校千葉1位] 2-3 昭和町立押原中学校山梨1位

■会場:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)
15:00 さいたま市立東浦和中学校埼玉1位] 0-3 藤沢市立鵠沼中学校神奈川1位
参照:関東サッカー協会GoalNote CLOUD

2回戦 結果 8/8 ※勝者は全国大会出場決定・準決勝進出、敗者は敗者戦へ

■会場:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
10:00 市川市立第三中学校千葉1位] 1-3 さいたま市立南浦和中学校埼玉2位

■会場:富士北麓公園球技場(天然芝)
10:00 修徳中学校東京1位] 6-0 昭和町立押原中学校山梨1位

■会場:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)
10:00 さいたま市立東浦和中学校埼玉1位] 3-5 駒場東邦中学校東京2位

■会場:山中湖交流プラザきららぴっち(人工芝)
10:00 桐生大学附属中学校群馬1位] 2-0 藤沢市立鵠沼中学校神奈川1位

1回戦 結果 8/7

■会場:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
10:00 市川市立第三中学校千葉1位] 3-0 日立市立大久保中学校茨城2位

■会場:富士北麓公園球技場(天然芝)
10:00 高根沢町立阿久津中学校栃木1位] 1-5 さいたま市立南浦和中学校埼玉2位

■会場:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)
10:00 修徳中学校東京1位] 2-1 桐光学園中学校神奈川2位

■会場:山中湖交流プラザきららぴっち(人工芝)
10:00 昭和町立押原中学校山梨1位] 2-1 高崎市立群馬南中学校群馬2位

■会場:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)
12:30 さいたま市立東浦和中学校埼玉1位] 3-0 栃木市立東陽中学校栃木2位

■会場:山中湖交流プラザきららぴっち(人工芝)
12:30 鹿嶋市立鹿島中学校茨城1位] 1-1(PK2-4)駒場東邦中学校東京2位

■会場:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
12:30 桐生大学附属中学校群馬1位] 1-0 松戸市立常盤平中学校千葉2位

■会場:富士北麓公園球技場(天然芝)
12:30 藤沢市立鵠沼中学校神奈川1位] 2-0 甲府市立東中学校山梨2位

2022年度 第53回関東中学校サッカー大会

<日程>

◎ 開会式は行わない
大会期間 2022年8月7日(日) 〜 9日(火)

●8月7日(日)
1回戦:8試合(2試合×4会場) ①10:00 Kick Off ②12:30 Kick Off
●8月8日(月)
2回戦:4試合(1試合×4会場) ◎10:00  Kick Off
敗者戦:25試合(1試合×2会場) ◎15:00 Kick Off
●8月9日(火)
準決勝:2試合(1試合×2会場) ◎10:00 Kick Off
代表決定戦:1試合 ◎10:00 Kick Off
決勝:1試合 ◎15:00  Kick Off
● 閉会式 8月9日(火) 16:45~   富士北麓公園陸上競技場(天然芝)

<会場>

●8月7日(日)
1回戦:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)、富士北麓公園球技場(天然芝)、河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)、山中湖交流プラザきららぴっち(人工芝)
●8月8日(月)
2回戦:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)、富士北麓公園球技場(天然芝)、河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)、山中湖交流プラザきららぴっち(人工芝)
敗者戦:河口湖くぬぎ平スポーツ公園第1サッカー場(天然芝)、富士北麓公園 球技場(天然芝)
●8月9日(火)
代表決定戦:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)
決勝戦:富士北麓公園陸上競技場(天然芝)

<大会概要>

◆目的
関東中学校体育大会は,中学校教育の一環として生徒に広くスポーツ実践の機会を与え,体力・技能の向上と,スポーツ
精神の高揚をはかり,心身共に健康な生徒を育成する。また,スポーツの交流を通じて,各都県間の親睦を図り,生涯スポ
ーツの基礎つくりに寄与する。

◆主催
関東中学校体育連盟  山梨県教育委員会  一般社団法人関東サッカー協会  一般社団法人山梨県サッカー協会
富士吉田市教育委員会  富士河口湖町教育委員会  山中湖村教育委員会

◆主管
山梨県小中学校体育連盟  山梨県県小中学校体育連盟サッカー専門部

◆後援
山梨県中学校長会  公益財団法人山梨県スポーツ協会

◆参加資格(一部抜粋)
(1) 都県中学校体育連盟の学校に在学し,当該競技要項により,関東中学校体育大会の参加資格を得た者とする。
参加する生徒は,学齢・修業年限が一致していること。ただし,その年度の6月30日までに都県中学校体育連盟を通じて,
(公財)日本中学校体育連盟に申し出,承認を得た生徒についてはその限りではない。

◆参加制限
(1) 関東各都県から,1都県2代表として選出された16チームによって行う。
(2) 1チームは,引率者1名,監督1名,コーチ1名,選手18名の計21名以内とする。
(3) 開会式の参加は,登録したメンバーのみ,統一したユニフォームで参加する。

◆競技規則(一部抜粋)
(1) (公財)日本サッカー協会制定の「サッカー競技規則 2021/2022」による。
(2) 交代に関しては,1回戦は競技開始前に登録した7名の交代要員の中から最大7名までの交代が認められ、
一度退いた競技者は再び出場することが出来ない。ただし,2回戦以降に関しては再交代(一度退いた競技者も出場できる)
を適用し、交替の回数は7回までと制限する。交代の手続きは,従来のサッカー競技規則 第3条に則って行う。
(3) 関東中学校大会に参加するチームが,予選となる都県大会最終戦において,退場を命ぜられた選手は,その内容により
未消化分は本大会には出場できない。
(4) 本大会期間中,警告を2度受けた選手は,次の1試合に出場できない。

◆競技方法
(1) 競技は,ノックアウト方式とする。
(2) 準決勝進出4チームは,第53回全国中学校サッカー大会に出場できる。
(3) 2回戦敗者による代表決定戦を行い,そのうち上位3チームは,第53回 全国中学校サッカー大会に出場できる。
計7チーム
(4) 試合時間は,60分とし,ハーフタイムのインターバルは,原則として10分間とする。また,勝敗の決しない場合は,10分間の延長とし,なお,決しない場合はPK方式により,次回戦進出チームおよび優勝チームを決定する。

参照:関東サッカー協会3種委員会

2022年度 地区予選の結果

東京都 7/23開幕、7/30決勝

優勝 :修徳中学校
準優勝:駒場東邦中学校

第61回東京都中学校総合体育大会サッカー競技 兼 第75回 東京都中学校サッカー選手権大会

神奈川県 7/28開幕、8/1代表決定戦、8/2決勝

優勝 :藤沢市立鵠沼中学校湘南1〕
準優勝:桐光学園中学校川崎1〕

第56回神奈川県中学校総合体育大会 兼 第65回神奈川県中学校サッカー大会

千葉県 7/27開幕、7/31決勝

優勝 :市川市立第三中学校市川浦安①
準優勝:松戸市立常盤平中学校松戸①

第76回千葉県中学校総合体育大会サッカー競技

埼玉県 7/16開幕、7/29決勝

優勝 :さいたま市立東浦和中学校
準優勝:さいたま市立南浦和中学校

埼玉県学校総合体育大会中学校サッカーの部埼玉県大会

茨城県 7/21開幕、7/23決勝

優勝 :鹿嶋市立鹿島中学校
準優勝:日立市立大久保中学校

茨城県民総合体育大会【中学サッカーの部】

群馬県 7/28開幕、8/1決勝

優勝 :桐生大学附属中学校
準優勝:高崎市立群馬南中学校

第57回群馬県中学校総合体育大会 第63回サッカー大会

栃木県 7/25開幕、7/30決勝

優勝 :高根沢町立阿久津中学校
準優勝:栃木市立東陽中学校

栃木県中学校総合体育大会サッカー大会(関東大会最終県予選会)

山梨県 7/25開幕、7/30決勝

優勝 :昭和町立押原中学校
準優勝:甲府市立東中学校

第73回山梨県中学校夏季総合体育大会 サッカーの部

全国の地域ごとの最新情報はこちら
全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>

2021年度 第52回関東中学校サッカー大会(千葉県開催)優勝は暁星国際中学校(3大会ぶり3回目)!全国大会出場全7校決定!!

<2020年度>

【大会中止】2020年度 第51回関東中学校サッカー大会 

<2019年度>

2019年度 第50回関東中学校サッカー大会 優勝は原山中学校!

最後に

今年度みごと優勝を果たしたのは、決勝で5得点をあげた東京の修徳中学校のみなさんでした。おめでとうございます!対戦した桐生大学附属中学校のみなさん他、上位7チームのみなさんは、関東地区代表として8月17日より山形県で開催されます全国大会への出場が決定しました。精一杯頑張ってきてください、関東より応援しています!
そして惜しくもここで破れてしまったみなさん、また次のステージに向けて新たな一歩をスタートしてほしいと思います。3年生の皆さん、おつかれさまでした。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterさちさん。
みなさん、こんにちは^^ 千葉県在住さちさん。です!

2017年1月、SNSでたまたまライター募集の記事を見て応募してから、早いもので5年の月日が流れました。

<業務歴>
入社当時は滋賀県や奈良県など関西エリアを中心に記事作りを学び、2017年4月頃からは静岡県や千葉県の2種3種の担当に。

業務も慣れてきた2018年頃からは全国大会やエリア大会、トレセン大会など幅広く担当するようになるなりました。
2021年頃からは、新たにグリーンカードニュースでギア記事やコラムなどの執筆業も開始。こちらはまだまだ修行中なので、今後は執筆にも力をいれていきたいと思っています。

現在は全国大会・関東大会などを担当しながら、主に千葉県を中心にみなさんに迅速でわかりやすい記事をお届けできるように日々努めております。

『考えるより先に動け!』
これが私のモットー。
昔から体力と行動力には自信があります。

ぜひ皆様からの大会情報や結果速報もお待ちしています。
サッカーをはじめ、全てのスポーツを通して成長する皆さんを一緒に応援していきましょう!
どうぞよろしくお願い致します♪

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top