ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

一般寄稿

Category
小学生で週5回の練習はムダ。今だに抜けきれない根性論と練習量という神話。
32524

小学生で週5回の練習はムダ。今だに抜けきれない根性論と練習量という神話。

タイトルが少し過激ですが、指導者になって思うことや体験したこと、いろいろと入ってくる情報、僕の経験談なども踏まえて、日本のサッカー界のみならずスポーツ界全体にも言えるかもしれない『根性論と練習量』について最近考えることがあったので書いてみたいと思います。 例えば小学生で平日の5日間が全て練習だったり、1日に長...
サッカーで視野を広げる方法と練習法!何をどう見れば良い?~少年サッカー育成ドットコム~
13726

サッカーで視野を広げる方法と練習法!何をどう見れば良い?~少年サッカー育成ドットコム~

サッカーの試合中「周りを見ろ!」「クビを振って!」などとよく言われることはありませんか? サッカーでは、「視野が広い」ということは、それだけでとても優位に立てる「スキル」として語られることもあります。 今回はともぱぱさんに「サッカーで視野を広げる方法」そして視野を広くする練習方法、実際何をどう見れば良い?のか...
サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?<br/>〜プロフィジカルコーチ鎌田豊〜
4306

サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?
〜プロフィジカルコーチ鎌田豊〜

プロフィジカルコーチ鎌田豊さんによる、「サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?」をお届けします。 「好きこそものの上手なれ」と言いますが、サッカーが上手になるにはサッカーが好きであること、幼少期に関しては「運動が好きであること」はとても大切な要素ですね。 それには、保護者の接し...
相手の逆をつくプレーにはどのような方法があるか解説〜ドリブル、パス関係ないです〜 【レアッシ福岡】
2575

相手の逆をつくプレーにはどのような方法があるか解説〜ドリブル、パス関係ないです〜 【レアッシ福岡】

各地で精力的に情報発信を行なっているチームの指導者さんのコラムを紹介します。 今回は福岡県福岡市の「レアッシ福岡」から、ジュニアユースを担当される後藤 弘毅コーチにご登場いただきます。 テーマは「相手の逆をつくプレー」。攻撃においてぜひ身に付けたい重要なスキルだと思います。 サッカーの局面で重要となる敵を惑わ...
練習量・練習時間と選手の成長は比例するのか〜レアッシ福岡~
3205

練習量・練習時間と選手の成長は比例するのか〜レアッシ福岡~

各地で精力的に情報発信を行なっているチームの指導者さんのコラムを紹介します。 今回は福岡県福岡市でジュニア・ジュニアユースのチームを運営する「レアッシ福岡」の黒沼コーチにご登場いただきます。 レアッシは練習・試合において「短期集中」をモットーにしているそう。 果たしてそれは何故なのか? 練習量・練習時間と選手...
【オンラインでも実施】サッカーが上手くなるコミュニケーション能力を高めよう「対話の授業」~ワンソウル福岡~
1134

【オンラインでも実施】サッカーが上手くなるコミュニケーション能力を高めよう「対話の授業」~ワンソウル福岡~

今月の対話の授業。 熱い試合を続けているユース(高校生)。 試合を観戦していたジュニアユース(中学生)が 自分達との「違い」について話し合いました。 コミュニケーショントレーナー・山口さんの話は 毎度のことながら 深いのに分かりやすくて 中学生の心にも響いたことでしょう。 動画にて一部紹介しておりますので ジ...
サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?
17977

サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?

プロフィジカルコーチ鎌田豊さんによる、「サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは? 」をお届けします。 「フィジカルが大事」 「フィジカルを鍛えよう」 などと、サッカーの現場でもよく聞かれる「フィジカル」というワード。 どうやったら楽しみながら鍛えられるのか?...
「子どもは褒めたら伸びる」のか?①
2936

「子どもは褒めたら伸びる」のか?①

※画像は本文とは無関係です(編集部) 子どもは「褒めたら伸びる」のか? 子どもを成長させようと強く思えば思うほど、「褒めるべきか、叱るべきか」、「どのように子どもに接するのが正しいのか」と考えるのは必然です。 しかし、この「褒めた方が良い、厳しくした方が良い」という「どちらが正しいか」という議論には、あまり効...
ヘッドストールのやり方!サッカーで体幹を使いこなす意味 ~少年サッカー育成ドットコム~
4835

ヘッドストールのやり方!サッカーで体幹を使いこなす意味 ~少年サッカー育成ドットコム~

ヘッドストールは、頭にボールを乗せてバランスを取るリフティングの一種です。 その場合、子供たちはサッカーの試合にはあまり役に立たないと思ってほとんどやりません。 でも体幹を正しく使えるようになるという点では、とても効果的な練習です。 そこで今回は、ヘッドストールのやり方とコツ、体幹が使えるようになる意味を解説...
【後編】サッカーを通して海外を知る!福岡大学サッカー部、ボリビア支援活動で得たものとは!
720

【後編】サッカーを通して海外を知る!福岡大学サッカー部、ボリビア支援活動で得たものとは!

福岡大学サッカー部では、2015年8月に独立行政法人国際協力機構(JICA)とJICAボランティア事業に関する連携協定を締結。 毎年2~3月の1カ月間、学生を福岡大学 JICA ボランティアボリビア派遣サッカー隊員として南米ボリビアに派遣しています。 活動内容は、 ・サッカーのすそ野拡大のため、現地のこどもた...
ドリブルが超上手くなる!?古武術の浮身とは?習得法も解説!~少年サッカー育成ドットコム~
7246

ドリブルが超上手くなる!?古武術の浮身とは?習得法も解説!~少年サッカー育成ドットコム~

今回はともパパさん(元・ブラジルにてジュニア・ジュニアユースチームアシスタントコーチ)からの寄稿で「ドリブルが超上手くなる!古武術の浮身とは?習得法も解説!」をお届けします。 古武術の動きである「浮身」と「沈身」は「予備動作がない」「動きが素早くなる」という二つの特徴があるそうで、この動きを身に着けるとドリブ...
スタッツから見る静岡学園他のプレースタイル分析/第98回全国高校サッカー選手権大会~Sports Analytics Lab~
1697

スタッツから見る静岡学園他のプレースタイル分析/第98回全国高校サッカー選手権大会~Sports Analytics...

静岡学園の24大会ぶりの2度目の全国制覇で幕を閉じた「第98回全日本高等学校サッカー選手権大会 全国大会」の出場校48チーム中、帝京長岡、矢板中央、東久留米総合(東京A)興国(大阪)、広島皆実など躍進したチームが試合分析に利用しているとして大きな話題になった『SPLYZA』(スプライザ)を開発提供しているSp...
中学生もここまで書ける!全国出場Forza’02(東京)大会レポートを通じてメタ認知能力を高める取り組み
6494

中学生もここまで書ける!全国出場Forza’02(東京)大会レポートを通じてメタ認知能力を高める取り組み

毎週末のようにリーグ戦があり、カップ戦があり、年間通じて多くの試合を経験する小・中・高校生サッカー選手達。 伸び盛りの彼らをもっともっと伸ばしてあげたい!そう考え、日々工夫を重ねている指導者の皆さん、保護者の皆さんも多いのではないでしょうか。 選手の成長を促すには技術面、メンタル面、様々な方法があると思います...
サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?~少年サッカー育成ドットコム~
2924

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?~少年サッカー育成ドットコム~

今回はともパパさん(元・ブラジルにてジュニア・ジュニアユースチームアシスタントコーチ)の「サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?」をご紹介します。 試合中、一対一の場面になると途端に緊張して固くなってしまうお子さんはいませんか? 焦って飛び込んで逆に抜かれたり・・・ 一対一の守備にはある「コツ」があるそ...
少年サッカーにもスポンサー。そのメリットは?〜ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜
1055

少年サッカーにもスポンサー。そのメリットは?〜ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜

アメリカ在住のアメリカ・ユタ州在住、在米8年目utloganさんの寄稿をご紹介します。 utloganさんの息子さんが参加している州選抜のプログラム(ODP)にはサッカーラボをもつ整形外科ホスピタルがスポンサーについているそうで、選手とスポンサー双方にメリットのあるユニークな取り組みをしているのだそう。 まだ...
「国際バカロレア」について〜FORZA AICHI〜
446

「国際バカロレア」について〜FORZA AICHI〜

全国各地の精力的に情報発信をしている指導者の皆さんの知見やご意見をご紹介する「コーチコラム」です。 今回の寄稿者は、愛知県でサッカースクール・チームを運営されているFORZA INTERNATIONALの田名部代表です。 昨今スポーツでも考える能力が非常に重要視されるようになってきました。そこで今回はアメリカ...
受験生を応援!初対面のメンバーで試合をする経験で得られるものとは?U-15交流TRM<br/> ~エリア 伊都 (福岡)~
698

受験生を応援!初対面のメンバーで試合をする経験で得られるものとは?U-15交流TRM
~エリア 伊都 (福...

今回は福岡のエリア伊都フットボールクラブの有坂哲ジュニアユース監督のコラムをご紹介します。 エリア伊都さんでは、先日、受験期に突入した中学3年生を対象にした「U-15交流TRM」を開催したそうです。 こちらの交流TRMは個人で参加したい選手が集まり、できる限り所属チームが同じにならないようミックスのチームを作...
コーチが面白い解決方法をした結果~ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜
767

コーチが面白い解決方法をした結果~ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜

アメリカ在住のアメリカ・ユタ州在住、在米8年目utloganさんの寄稿をご紹介します。 utloganさんの息子さんが所属するチームでは、コーチが試合中にエキサイトしてしまったことを反省し、新しいコーチング方法を取り入れたのだとか。 その方法とは?(編集部) ↓本文は写真の下から始まります↓ コーチングを分担...
『普段の行いがサッカーに出る』とは?日常のコミュニケーションとサッカーの関係で気づいたこと<br/>~ワンソウル福岡~
890

『普段の行いがサッカーに出る』とは?日常のコミュニケーションとサッカーの関係で気づいたこと
~ワンソウル福岡...

福岡県で活動するジュニア、ジュニアユースチーム「ワンソウル.C福岡」からの寄稿をお届けします。 今回は「日常のコミュニケーション」と「サッカー」の関わりについてです。 「対話力」をあげることに精力的に取り組んでいる同チーム。 ユースとジュニアユースチームメンバーが合同でおこなった「対話の授業」でコーチが気づい...
「集団スポーツの中で個性を発揮する」とは?<br/>~レアッシ福岡〜
717

「集団スポーツの中で個性を発揮する」とは?
~レアッシ福岡〜

福岡県にあるレアッシ福岡からの寄稿をお届けします。 今回は「チーム」と「個人」の関わりについてです。 サッカーという集団スポーツの中で必要とされる選手になるにはどうしたらいいのか、と考える際に大いに参考になるのではないでしょうか。(編集部) ↓写真の下から本文が始まります↓ 集団スポーツの中で個性を発揮する ...
チームの代表としてPK戦に臨んだ選手達に心からの感謝と賛辞を~リュシオ辰野~
727

チームの代表としてPK戦に臨んだ選手達に心からの感謝と賛辞を~リュシオ辰野~

高校選手県予選、全日本少年サッカー大会予選の真っ只中ですね。 トーナメント戦を戦う上で、避けて通れないのが「PK戦」です。 蹴る方も、止める方も、そして観る方もこれほど胃が痛いプレーはないのではないでしょうか。 PKを蹴る選手にのしかかるプレッシャーは大人であっても子どもであっても、日常生活ではまず直面するこ...
自主トレについて(ボールタッチ・体幹)〜FORZA AICHI〜
1892

自主トレについて(ボールタッチ・体幹)〜FORZA AICHI〜

全国各地の精力的に情報発信をしている指導者の皆さんの知見やご意見をご紹介する「コーチコラム」です。 今回の寄稿者は、愛知県でサッカースクール・チームを運営されているFORZA INTERNATIONALの田名部代表です。 これから寒くなってくると、雨の中で無理に練習したりすると体調を崩しやすい時期になります。...
Return Top