ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【バーモントカップ応援号】いよいよ開幕!2022年度のフットサル王者はどのチームに!? 歴代上位チーム一覧掲載!

いよいよ始まる、U-12フットサルの祭典「JFAバーモントカップ 全日本U-12フットサル選手権大会」。

こちらでは直前応援号として、歴代の上位チーム一覧から何チームが2022年度第32回大会に出場しているか調べてみました。皆さんの気になるチームはどのグループに入っているでしょう。

3日間にわたる熱い戦いの参考にしていただければ幸いです。

↓本文は写真の下から始まります↓

バーモントカップ 歴代上位チーム一覧

日本サッカー協会が主催する「JFA 全日本U-12フットサル選手権」は、ハウス食品が協賛しているため、通称「バーモントカップ」と呼ばれています。
全国大会は2015年まで冬に開催されていましたが、全日本U-12選手権大会が冬開催に移行したことにより、バーモントカップは夏開催に変更されました。

*チーム名をクリックしていただくと各チームの「チーム情報」がご覧いただけます。

年度 優勝 準優勝 第3位
1 1992 読売SCユースS(東京) 沼津FC(静岡) FC千住イーグルス(東京)
2 1993 室蘭大和サッカー少年団(北海道) 釧路共栄コンバット(北海道) 宇栄原FC(沖縄)
3 1994 ゴールプランダーズ(神奈川) 江別ユニオンSSS(北海道) 暁星アストラ・ジュニア(東京)
4 1995 読売日本SC(東京) ゴールプランダーズ(神奈川) 玉藻ジュニアFC( 香川)
5 1996 天竜FCSS(静岡) 長作FC(千葉) 札幌アグレ厚別・信濃FC(北海道)
6 1997 札幌アグレ厚別・信濃FC(北海道) 上松少年SC(長野) 上宇部SSS(山口)
7 1998 日新・本輪西ドリームクラブ(北海道) 細江SSS(静岡) 滝川FC(北海道)
8 1999 聖隷JFC(静岡) 江南南SS(埼玉) ジェット・ストリームJr. FC(群馬)
ジュニア・アントスFC(岩手)
9 2000 ヴェルディJr(東京) 廿日市FCジュニア(広島) 札幌ジュニアFC(北海道)
津ラピドFC(三重)
10 2001 ガンバ大阪(大阪) サンフレッチェ広島(広島) ヴェルディJr(東京)
宇栄原FC(沖縄)
11 2002  北海道室蘭八丁平FC(北海道) ヴェルディJr(東京) エントラーダS.C(奈良)
サンフレッチェ広島(広島)
12 2003 ヴェルディJr(東京) 式見SSS(長崎) 横浜F・マリノスプライマリー(神奈川)
高田FC(奈良)
13 2004 江南南SS(埼玉) 兵庫FC(兵庫) 清水第八スポーツクラブ少年部(静岡)
リュミエール就将(鳥取)
14 2005 FCアスルクラロ沼津(静岡) 高田FC(奈良) 新座片山FC少年団(埼玉)
SSS札幌サッカースクール(北海道)
15 2006 JUVEN.F.C.898(岐阜) 松江嫁島SCパラバール(島根) 津ラピドFC(三重)
山口SS(山口)
16 2007 malva mito fc(茨城) ヴェルディJr(東京) AS KOFU FUTSAL CLUB(山梨)
アヴァンサールFC(岡山)
17 2008  東京ヴェルディ1969Jr(東京) 津ラピドFC(三重) アンフィニMAKI・FC U-12(北海道)
あぐり西町FC(長崎)
18 2009 津ラピドFC(三重) ヴィッセル神戸(兵庫) 東京ヴェルディJr(東京)
名古屋グランパス(愛知)
19 2010  柏レイソル(千葉) 大分トリニータ(大分) 鹿島アントラーズ(茨城)
東京ヴェルディJrユースS(東京)
20 2011 東京ヴェルディJr(東京) マルバ浦安fc(千葉) 吹田クラブ(大阪)
ディアブロッサ高田FC(奈良)
21 2012 FCトッカーノ(東京) ベガルタ仙台(宮城) 鹿島アントラーズ(茨城)
ファナティコス(群馬)
22 2013 鹿島アントラーズ(茨城) ベガルタ仙台(宮城) ブリンカールFC(愛知)
FCアルマ大垣(岐阜)
23 2014 江南南SS(埼玉) 鹿島アントラーズ(茨城) ヴェールメリオ(新潟)
ベガルタ仙台(宮城)
24 2015
[1月]
鹿島アントラーズつくば(茨城) 江南南SS(埼玉) 田宮ビクトリーSS(徳島)
ファンアカデミー(東京都)
25 2015
[8月]
ブリンカールFC(愛知) マルバ千葉fc(千葉) FCバレンティア(和歌山)
ともぞうSC(栃木)
26 2016 センアーノ神戸Jr(兵庫) エスピーダ旭川(北海道) FCパーシモン(神奈川)
江南南SS(埼玉)
27 2017 ピヴォ(静岡) ミップFC(東京) マルバ茨城fc(茨城)
北海道コンサドーレ札幌(北海道)
28 2018 大阪市ジュネッスFC(大阪) 鹿島アントラーズ(茨城) 旭丘FC(石川)
西宮SS(兵庫)
29 2019 ブリンカールFC(愛知) 北海道コンサドーレ札幌(北海道) マルバ千葉fc(千葉)
マルバ茨城fc(茨城)
30 2020 中止
31 2021 中止
32 2022

参照:JFA.jp

過去大会における優勝チーム 回数
東京ヴェルディJr(東京)
*読売時代含む
6
江南南SS(埼玉) 2
ブリンカールFC(愛知) 2
北海道室蘭八丁平FC(北海道) 1
柏レイソル(千葉) 1
日新・本輪西ドリームクラブ(北海道) 1
天竜FCSS(静岡) 1
津ラピドFC(三重) 1
大阪市ジュネッスFC(大阪) 1
聖隷JFC(静岡) 1
室蘭大和サッカー少年団(北海道) 1
鹿島アントラーズつくば(茨城) 1
鹿島アントラーズ(茨城) 1
札幌アグレ厚別・信濃FC(北海道) 1
ピヴォ(静岡) 1
センアーノ神戸Jr(兵庫) 1
ゴールプランダーズ(神奈川) 1
ガンバ大阪(大阪) 1
malva mito fc(茨城) 1
JUVEN.F.C.898(岐阜) 1
FCトッカーノ(東京) 1
FCアスルクラロ沼津(静岡) 1

歴代優勝チームでは、東京ヴェルディが読売時代の優勝2回を合わせ、6回優勝と突出した成績をおさめています。次に、埼玉の江南南SS、愛知のブリンカールFCが2回優勝しています。

過去大会における準優勝チーム 回数
鹿島アントラーズ(茨城) 2
東京ヴェルディJr(東京) 2
ベガルタ仙台(宮城) 2
江南南SS(埼玉) 2
マルバ千葉fc(千葉)
*浦安含む
2
北海道コンサドーレ札幌(北海道) 1
兵庫FC(兵庫) 1
廿日市FCジュニア(広島) 1
津ラピドFC(三重) 1
長作FC(千葉) 1
大分トリニータ(大分) 1
上松少年SC(長野) 1
沼津FC(静岡) 1
松江嫁島SCパラバール(島根) 1
式見SSS(長崎) 1
細江SSS(静岡) 1
高田FC(奈良) 1
江別ユニオンSSS(北海道) 1
釧路共栄コンバット(北海道) 1
ミップFC(東京) 1
サンフレッチェ広島(広島) 1
ゴールプランダーズ(神奈川) 1
エスピーダ旭川(北海道) 1
ヴィッセル神戸(兵庫) 1

準優勝は、東京ヴェルディ鹿島アントラーズベガルタ仙台のJ下部チームと、マルバ千葉fc江南南SSが2回となっています。東京ヴェルディ江南南SSは、優勝大会以外にも2度決勝に進出しているということですね。

また、バーモントカップが夏開催となった2015年以降は、北海道コンサドーレ札幌マルバ千葉マルバ茨城ブリンカールFCが複数年度で上位入賞を果たしています。

2022年度 第32回バーモントカップ
グループリーグはどうなっている?

では、今年のグループリーグに過去に上位入賞したチームは何チームいるでしょうか。
※青字のチームが過去10年の上位入賞チームです。

グループA
FCトッカーノ東京都
ヴィクサーレ沖縄沖縄県
DREAM FC大阪府
八橋FC秋田県

グループB
FC.Livent愛媛県
SAKAE FC三重県
五戸すずかけSC青森県
美川FC石川県

グループC
ヴィッセル神戸兵庫県
ともぞうSC栃木県
プレジャーSC佐賀県
会津サントスFC福島県

グループD
ブリンカールFC愛知県
大虫FC福井県
エスペランサFC神奈川県
カティオーラFC大分県

グループE
メンチローゾ滋賀県
口石FC長崎県
アバンツァーレ仙台SC宮城県
PALAISTRA群馬県

グループF
FCソレアーダ高知高知県
宇治・巨椋ボンバーズSC京都府
FC.カンピオーネ福岡富山県
FC DENOVA札幌北海道2〕

グループG
malva chiba fc千葉県
ISS.F.C岐阜県
FC花鶴オセアノ福岡県
ファジアーノ岡山岡山県

グループH
甲府レジェンズ山梨県
ディアブロッサ高田奈良県
FC Grows岩手県
バレイアSC熊本県

グループI
広島高陽FC広島県
鶴岡ジュニアFC山形県
長野アンビシャスFC長野県
DESAFIO C.F香川県

グループJ
鳥取KFC鳥取県
YSCオーレ徳島県
江南南SS埼玉県
MARIO FS静岡県

グループK
エル・オウロUK新潟県
桜ヶ丘SSS鹿児島県
石見エスプリFC島根県
FC LAZOS MITO茨城県

グループL
REGALO FC山口県
アスランFC宮崎県
アッズーロ和歌山和歌山県
AVENDA FC北海道1〕

今年度の全国大会には、過去10年の上位入賞経験のある7チームが出場し、6グループにて分かれています。

グループAの FCトッカーノは、2012年度大会に優勝しており、10年ぶりの全国制覇を目指します。
グループCには、2009年準優勝のヴィッセル神戸と、2015年第3位、全国7度目の出場となるともぞうSCの2チームが入っています。
グループDには、2015年2019年優勝のブリンカールFCが、愛知県大会11連覇を成し遂げ、全国連覇に挑みます。
グループGには、千葉県代表のmalva chiba fc。準優勝2回(うち浦安1回)、第3位1回の成績をおさめるフットサル強豪チームです。
グループHは、準優勝1回、第3位2回の奈良県代表 ディアブロッサ高田(高田FC 含む)が入りました。
グループJには、優勝2回、準優勝1回、第3位1回の実績をもち、2014年以来3度目の全国優勝を目指す埼玉県代表の江南南SSが入っています。

過去には、2018年大会大阪市ジュネッスのように、初出場で初優勝を成し遂げたチームもいます。今年度も初出場のチームもいれば、過去に全国出場経験のあるチームも多々出場しています。

どのチームも、熱戦に次ぐ熱戦の都道府県大会を勝ち上がってきた代表チームです。個の力を発揮するチームや、連携の上手いチームなど、それぞれの強みや特徴をもっていることでしょう。

試合の様子は、JFA TVにて下記のスケジュールで配信予定となっています。チームの応援とともに、小野伸二選手や原口元気選手のような、将来の有望選手を探してみてはいかがでしょうか。

ダイジェスト動画・ライブ配信(JFATV)

◆予選ラウンドハイライト、R16ハイライト
8/6公開予定

◆準々決勝・準決勝ハイライト
8/7公開予定

◆決勝フルマッチアーカイブ配信
8/7公開予定

参照:JFA.jp

さあ、いよいよ開幕!
2022年度 第32回バーモントカップ

photo by anan

コロナウィルス感染拡大の影響により、2020年度、2021年度と2年連続で大会中止となったバーモントカップ。

今年度は「JFA サッカー活動の再開に向けたガイドライン」に基づき、「来場に際しての事前のご案内」と「会場における禁止事項」を遵守することによって開催されます。現地に観戦に行かれる方は、今一度、JFAから発信されている「観戦にあたって注意事項」(参照:JFA.jp)」をご確認いただき、感染予防・感染拡大予防に気をつけて応援してください。

バーモントカップはU-12フットサル競技における最高峰の大会です。

この大会を目標に、今まで練習してきたことの全てが発揮できますよう願っています。自分を信じて、仲間を信じて、ぜひ楽しんで頑張ってくださいね!

関連記事

2022年度 バーモントカップ全日本U-12フットサル選手権 全国大会 いよいよ8/5開幕!全国都道府県代表48チーム出場、組合せ掲載!都道府県予選情報まとめました!8/5~7東京開催!

【2022年度バーモントカップ】全代表チーム決定!全国大会は聖地・駒沢で8/5~8/7開催!【47都道府県まとめ】

現役Fリーガーに聞いた!サッカーにも活かせる技術ってあるの?フットサルに向いてる選手ってどんな選手?デウソン神戸 武石 高弘選手インタビュー

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
2017年11月からジュニアサッカーNEWSのライターをしています。
地元のサッカー界を盛り上げたいと始めたお仕事でしたが、気付けば全国のサッカー少年を涙ながらに応援する「ただの親戚のおばさん」に。
ひたむきに頑張っている子どもたちを 心から尊敬しています。

小さなことでも、何かひとつでも、みなさんのお役に立てるような情報をお届けできたらと思っています。

小さなことでも、何かひとつでも、みなさんから教えていただければ嬉しいです。

これからも どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top