ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

速報!2022年度 全日本高校女子サッカー選手権 全国大会 9地域代表32校出場!組合せ掲載!地域予選情報まとめました!12/30~1/8兵庫県開催!

12月30日(金)から兵庫県にて開催される、2022年度 第31回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の情報をお知らせします。
本年度は、全国9地域から32校が出場して、冬の高校女王をめざします。

組合せを掲載します。
また、地域予選情報や出場校についてまとめました。

なお、Paraviで全試合LIVE配信、決勝戦はTBS系列 地上波にて全国生中継されます。

出場チームのみなさん、地域予選の激闘お疲れ様でした!
決戦にはベストコンディションで臨めるよう願っています。一戦ずつがんばってください!

結果や試合の様子がわかりましたら、ぜひ情報をお寄せください。
中止や延期情報もお待ちしています!
皆様からの情報をお待ちしています!

特集記事
【日程・会場情報】全日本高校女子サッカー選手権特集昨年度は《決勝戦はノエビアスタジアム神戸》で開催、今年度は?
最多優勝校はあの2校!高校女子サッカー選手権特集 歴代優勝回数 ランキング!2022年度大会の頂点は?

2022年度 大会結果詳細

〇組合せや結果は分かり次第掲載いたします。組合せや結果をご存知の方はぜひ情報提供お待ちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ

参照サイト:JFA.jp

関連記事

公式サイト
JFA.jp

地域予選
北海道 東北 関東 北信越 東海 関西 中国 四国 九州

関連大会
2022年度 JFA第26回全日本U-18女子サッカー選手権大会 (2023年1月、大阪府開催)
JFA U-18女子サッカーファイナルズ 2022(2022年9月、京都府開催)
XF CUP 2022第4回日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)(2022年8月、群馬県開催)
2022年度 全国高校総合体育大会女子サッカー競技大会(女子インターハイ)(2022年7月、徳島県開催)
2022年度 U-18女子サッカーリーグ
北海道 関東 東海 関西 中国(プレ大会) 四国(ブレ大会)

高校生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2022年度 第31回全日本高等学校女子サッカー選手権大会

日程

2022年12月30日(土)~2023年1月8日(日)

1回戦:2022年12月30日(金)
2回戦:12月31日(土)
準々決勝:2023年1月3日(火)
準決勝:1月5日(木)
決勝:1月8日(日)

会場

※会場名をクリックすると、会場情報がご覧いただけます。

1回戦
三木総合防災公園(兵庫県三木市)
陸上競技場/第2 陸上競技場/みきぼうパークひょうご第1球技場/みきぼうパークひょうご第2球技場
五色台運動公園(兵庫県洲本市)
メイングラウンド/サブグラウンド
いぶきの森球技場(兵庫県神戸市)
Aグラウンド/Bグラウンド
2回戦
三木総合防災公園(兵庫県三木市)
陸上競技場/第2 陸上競技場/みきぼうパークひょうご第1球技場/みきぼうパークひょうご第2球技場
準々決勝
三木総合防災公園(兵庫県三木市)
陸上競技場/第2 陸上競技場
準決勝・決勝
ノエビアスタジアム神戸(兵庫県神戸市)

大会概要

趣旨
公益財団法人日本サッカー協会(以下「本協会」という)は日本国内における女子サッカーの技術向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの普及振興に寄与することを目的とし、高等学校のチームすべてが参加できる大会として実施する。

主催
公益財団法人日本サッカー協会、神戸市

共催
公益財団法人全国高等学校体育連盟

主管
一般社団法人兵庫県サッカー協会、兵庫県高等学校体育連盟

協力
株式会社モルテン

参加チームとその数
32チーム

北海道 東北 関東 北信越 東海
2 3 7 3 3
関西 中国 四国 九州 開催地(兵庫県)
4 3 2 4 1

大会形式
ノックアウト方式(3位決定戦は行わない)

競技規則
大会実施年度の公益財団法人日本サッカー協会「サッカー競技規則」による。

試合形式
① 試合時間
1回戦~準々決勝: 80分(前・後半40分)
準決勝以降: 90分(前・後半45分)
② ハーフタイムのインターバル
1回戦~準々決勝: 原則として10分(前半終了から後半開始まで)
準決勝以降: 原則として15分(前半終了から後半開始まで)
③ 試合の勝者を決定する方法(試合時間内で勝敗が決しない場合)
1回戦~準決勝 :PK方式により勝者を決定する。
決勝:20分(前・後半10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により勝者を決定する。
延長戦に入る前のインターバル:5分間
PK方式に入る前のインターバル:1分間
④ アディショナルタイムの表示:行う

大会要項抜粋(参照サイト:JFA.jp)

2022年度 地域予選の結果および出場校

北海道:2、東北:3、関東:7、北信越:3、東海:3、関西:4、中国:3、四国:2、九州:4、開催県(兵庫県):1
計32校

※チーム名をクリックすると、チーム情報がご覧いただけます。
また、出場チームの都道府県名や地域名をクリックすると、予選での戦いぶりがご覧いただけます^^

北海道(2)9/17開幕、9/23代表決定、9/24決勝

優勝:北海道大谷室蘭高校
準優勝:旭川実業高校

2022年度 第31回北海道高校女子サッカー選手権大会 兼第31回全日本高校女子サッカー選手権大会北海道予選

東北(3)10/15開幕、10/29代表一部決定、10/30決勝

優勝:常盤木学園高校宮城県2)
準優勝:尚志高校福島県1)
第3位:聖和学園高校宮城県1)

2022年度 第31回全日本高校女子サッカー選手権大会 東北大会

関東(7)11/12開幕、11/13代表一部決定、11/20決勝

優勝:十文字高校東京都1)
準優勝:日本航空高校山梨県1)
第3位:星槎国際高校湘南神奈川県2)
第4位:修徳高校東京都2)
第5位:前橋育英高校群馬県1)
第6位:霞ヶ浦高校茨城県2)
第7位:暁星国際高校千葉県1)

2022年度 第31回関東高校女子サッカー選手権大会(兼)第31回全日本高校女子サッカー選手権大会関東予選

北信越(3)10/15開幕、10/16代表一部決定、10/23決勝

優勝:開志学園JSC高等部(新潟県2)
準優勝:佐久長聖高校(長野県1)
第3位:帝京長岡高校(新潟県1)

2022年度 第31回全日本高校女子サッカー選手権 北信越大会

東海(3)11/6開幕、11/12代表一部決定、11/13決勝

優勝:藤枝順心高校静岡県1)
準優勝:常葉大学附属橘高校静岡県2)
第3位:聖カピタニオ高校愛知県1)

2022年度 第31回 全日本高校女子サッカー選手権大会 東海予選

関西(4)10/30開幕・代表決定、11/12決勝

優勝:大阪学芸高校大阪府2)
準優勝:日ノ本学園高校兵庫県1)
第3位:追手門学院高校大阪府1)
第4位:京都精華学園高校京都府

2022年度 第31回関西高校女子サッカー選手権大会 兼 第30回全日本高校女子サッカー選手権大会関西大会

中国(3)11/5開幕、11/6代表一部決定、11/7決勝

優勝:作陽高校(岡山県)
準優勝:AICJ高校(広島県)
第3位:高川学園高校(山口県)

2022年度 第31回全日本高校女子サッカー選手権大会 中国地域予選会

四国(2)10/15開幕、11/5代表決定、11/6決勝

優勝:四国学院大学香川西高校(香川県)
準優勝:鳴門渦潮高校(徳島県)

第31回全日本高校女子サッカー選手権大会 四国大会

九州(4)11/19開幕、11/20代表決定、11/22決勝

優勝:神村学園高等部鹿児島県1)
準優勝:柳ヶ浦高校大分県1)
第3位:東海大学付属福岡高校福岡県1)
第4位:鎮西学院高校長崎県1)

2022年度 KYFA第33回九州高校女子サッカー選手権大会

開催県(兵庫県、1)9/4開幕、10/9最終戦

準優勝:姫路女学院高校
※優勝校が関西代表に決まったため、関西代表校以外の最上位校が開催県枠として出場。

2022年度 兵庫県高校女子サッカー選手権大会 兼 第31回関西高校女子サッカー選手権大会 兵庫県予選

全国の都道府県別最新情報はこちら

全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度 第30回>
優勝:神村学園高等部〔九州1/鹿児島県〕
準優勝:日ノ本学園高校〔関西1/兵庫県〕
第3位:常盤木学園高校高校〔東北1/宮城県〕、藤枝順心高校〔東海1/静岡県〕

<2020年度 第29回>
優勝:藤枝順心高校(静岡県)
準優勝:岡山作陽高校(岡山県)
第3位 :大商学園高校(大阪府)、帝京長岡高校(新潟県)

<2019年度 第28回>
優勝:藤枝順心高校(静岡県)
準優勝:神村学園高等部(鹿児島県)
第3位:修徳高校(東京都)、大阪学芸高校(大阪府)

最後に

〇組合せや結果は分かり次第掲載いたします。組合せや結果をご存知の方はぜひ情報提供お待ちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterえいたろう
東京都出身神奈川県在住の一男一女の母、えいたろうです。
2016年11月にジュニアサッカーNEWSのライターを始め、おかげさまで7シーズン目に突入。
初期に対応させていただいた大会の出場選手が、今では次、そして次の次のステージでがんばっている様子をあちこちで見つけ、うれしく思い応援しています。
薬剤師に加え、睡眠健康指導士初級の資格を取得しました。
どうぞよろしくお願いします。

マメルリハインコのまめりん🐦は、おしゃべりの達鳥まめきち🐦亡き後、甘えの矛先がヒトに変わり、人間語をマスターしようと練習しています♪
まずは自分の名前『まめりん』と言っているつもりのようです😅

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top