ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 全国高校総体 (インターハイ) 神奈川県2次予選 優勝は湘南工科大附、神奈川県183校の頂点に!日大藤沢とともに藤沢勢2校が全国高校総体出場へ!!

6月5日(日)から19日(日)に開催された、2022年度 第60回神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー競技 神奈川県2次予選の情報をお知らせします。
本年度は1次予選は165チーム171校が出場し、2次予選は1次予選代表10校とシード18校が出場して、全国高校総体出場、そして神奈川県の頂点をめざしました。

本日もみんなの速報にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

湘南工科大学附属高校のみなさん、神奈川県186校の頂点、40大会ぶり7回目の優勝、現校名では初優勝おめでとうございます!
湘南工科大学附属高校日本大学藤沢高校のみなさん、全国高校総体では激戦区神奈川県代表としてがんばってください!!

選手や関係者のみなさん、3週間で5試合の短期決戦お疲れ様でした。

▼ピックアップ
2018-2020 高校サッカー大会成績 各県まとめはこちら!
【独自集計】神奈川県版 2018-2021 高校サッカー大会・ベスト8入りランキング

2022年度 大会結果詳細

※チーム名をクリックすると、チーム情報がご覧いただけます。

優勝:湘南工科大学附属高校K134大会ぶり8回目の全国高校総体出場
準優勝:日本大学藤沢高校K14大会ぶり9回目の全国高校総体出場

第3位
桐蔭学園高校プリンス関東2部〕
川崎市立橘高校K1

ベスト8
相洋K1
法政二K1
東海大相模K1
桐光学園K1

6月19日(日)決勝 結果

13:00 湘南工科K1 2-1 日大藤沢K1

第1シードPプリンス関東所属校 1校
桐蔭学園
・第2シード◎関東高校大会県2次予選優勝校・準優勝校 2校
桐光学園日大藤沢
・第3シード〇関東高校大会県2次予選3位 2校
厚木北湘南工科
・第4シード△関東高校大会県2次予選ベスト8 4校
東海大相模三浦学苑市立橘法政二
・第5シード◇関東Aグループベスト16 8校
横浜創英相洋平塚学園相模原弥栄横浜創学館日大横須賀総合麻布大附属
・第6シード☆: K2所属校 1校
慶應義塾

※トーナメント表作成は弊社独自で行ったものです。正式な組合せや結果は公式サイトでご確認ください。

参照サイト:神奈川県サッカー協会 2種高校部会HP

多くの情報提供ありがとうございました。
また、今後も大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

公式サイト
神奈川県サッカー協会 2種高校部会HP

上位大会
2022年度 全国高校総合体育大会男子サッカー競技大会(2022年7月)

予選
2022年度 第60回神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー競技 神奈川県1次予選(2022年4~5月)

関連大会
2022年度 第101回全国高校サッカー選手権大会 神奈川県2次予選 NEW
2022年度 第101回全国高校サッカー選手権大会 神奈川県1次予選(2022年7月)NEW
2022年度 第65回関東高等学校サッカー大会 神奈川県2次予選(2022年4~5月)
高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 2022 神奈川(2022年3~12月)


2021年度を振り返る!神奈川県 主要大会(1種~4種) 上位チームまとめ
高校生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

これまでの結果

6月18日(土)準決勝 結果
勝者は全国高校総体進出

みんなの速報や本記事のコメント欄にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

10:00 桐蔭学園プリンス関東2部〕 1-2 湘南工科K1

前半、両チームともロングボールとクリアの応酬が続き、決定打がない中で湘工のデフィンスからのこぼれ球を桐蔭が先制ゴール。その後すぐさま湘工が相手ゴール前での混戦からポロリとゴールを奪い1-1の振り出しに戻る。前半終了まで両チームとも蹴りあいが続き、ラインを割ってはスローインの繰り返しでその後大きな決定打はないままホイッスル。
後半は両チームともパスをつなぐスタイルに変更。湘工が右サイドからのパスを中央につなげると桐蔭ディフェンダーのクリアが中途半端になったところをすかさず湘工がシュートし、2-1と突き放す。
後半飲水タイムまでは湘工有利でゲームを進めるも、飲水後は桐蔭が底力を見せ、サイドから中央から果敢に攻め、ミドルシュートは惜しくもゴールポスト。ショートパスとロングボールを織り交ぜながらも決定打を生み出せず終了のホイッスル。
プレミア・K1の拮抗した試合となり、K1に軍配。今年の神奈川勢はベスト8以上のチームが拮抗したゲームであり、どのチームが勝利してもおかしくない、そんな試合が繰り広げられている印象。

※試合の詳細について、本記事のコメント欄にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

13:00 日大藤沢K1 2-1 市立橘K1

6月12日(日)準々決勝 結果

本記事のコメント欄やみんなの速報にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

桐蔭学園プリンス関東2部〕 0-0(延長 1-0)東海大相模K1

桐蔭は確実なボールキープから時折前線へのロングフィードを見せるも決定力不足に苦しむ展開。一方相模は前線のキープ力不足から前半はほぼノーチャンス。後半頭からFWの選手を投入すると大きく試合の流れが変わりゲームの主導権が相模に傾く。数々のチャンスに恵まれるも得点には至らず。延長に入り選手交代を済ませている桐蔭の動きは衰えず、一方選手交代の少ない相模は足が止まりはじめ、延長終了間際で桐蔭のシュートがゴール右隅へ。選手層の厚さが得点につながった。

※試合の詳細について、本記事のコメント欄にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

湘南工科K1 1-0 相洋K1
日大藤沢K1 2-1 法政二K1
市立橘K1 1-1(延長 1-1、PK 4-2) 桐光学園K1

ベスト4進出の市立橘のみなさん
(photo:川崎市立橘高校サッカー部Facebook

6月11日(土)ラウンド16 結果

本記事のコメント欄やみんなの速報にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

桐蔭学園プリンス関東2部〕 0-0(延長 0-0、PK 8-7)横浜創英K1
東海大相模K1 2-0 三浦学苑K2
湘南工科K1 0-0(延長 0-0、PK 4-2)平塚学園K2
相洋K1 2-0 厚木北K2
日大藤沢K1 1-1(延長 0-0、PK 5-4)相模原弥栄K2
湘南学院K3B〕 0-1 法政二K1
市立橘K1 1-0 横須賀総合K3C
横浜創学館K3B〕 1-8 桐光学園K1

ベスト8進出の桐蔭学園のみなさん
(photo:桐蔭学園高校サッカー部保護者会【公式】Twitter

ベスト8進出の東海大相模のみなさん
(photo:東海大相模サッカー部公式Twitter

ベスト8進出の相洋のみなさん
(photo:相洋高校サッカー部公式アカウントTwitter

6月5日(日)1回戦 結果

みんなの速報や本記事のコメント欄にて情報をお寄せいただきました。いつもありがとうございます!

横浜創英K1 1-1(延長 0-0、PK 4-3)日大K3C
東海大相模K1 9-0 秦野K4R
浅野K4M〕 0-4 三浦学苑K2
湘南工科K1 2-1 市立金沢K3C
大和K4X〕 1-3 平塚学園K2
相洋K1 2-1 座間K3A
市立戸塚K4K〕 1-2 相模原弥栄K2
麻布大附属K3C〕 1-1(PK 4-5)湘南学院K3B
大和西K4N〕 0-3 法政二K1
市立橘K1 1-0 鎌倉K3B
武相K4M〕 0-2 横須賀総合K3C
横浜創学館K3B 2-0 慶應義塾K2

ラウンド16進出の東海大相模のみなさん
(photo:東海大相模サッカー部公式Twitter

ラウンド16進出の三浦学苑のみなさん
(photo:三浦学苑高等学校サッカー部オフィシャルサイト

ラウンド16進出の平塚学園のみなさん
(photo:平塚学園高校サッカー部Instagram

ラウンド16進出の相洋のみなさん
(photo:相洋高校サッカー部公式アカウントTwitter

ラウンド16進出の横浜創学館のみなさん
(photo:横浜創学館サッカー部Instagram

2022年度 第60回神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー競技 神奈川県2次予選

日程

2022年6月5日(日)~19日(日)

1回戦:6月5日(日)
ラウンド16:6月11日(土)
準々決勝:6月12日(日)
準決勝:6月18日(土)
決勝:6月19日(日)

会場

神奈川県内各会場

大会概要

・1次予選A~Jトーナメント代表10校が2次予選へ出場できる。
・2次予選は合計28校によるトーナメント戦
・上位2チームは全国高校総体に出場。

2022年度 1次予選の結果および出場校

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ関東(1)

桐蔭学園高校プリンス2部

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022 関東

関東高校サッカー大会 神奈川県2次予選(16)5/8決勝

優勝:桐光学園高校K1
準優勝:日本大学藤沢高校K1
第3位
湘南工科大学附属高校K1
厚木北高校K2

ベスト8
東海大学付属相模高校K1
三浦学苑高校K2
川崎市立橘高校K1
法政大学第二高校K1

ベスト16
横浜創英高校K1
相洋高校K1
平塚学園高校K2
相模原弥栄高校K2
横浜創学館高校K3B
日本大学高校K3C
横須賀総合高校K3C
麻布大学附属高校K3C

2022年度 第65回関東高等学校サッカー大会 神奈川県2次予選

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 神奈川(1)

K2所属校 1校
慶應義塾K2

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 2022 神奈川

全国高校総体 (インターハイ) 神奈川県予選 1次予選(10)5/15ブロック決勝

Aブロック:秦野高校K4
Bブロック:浅野高校K4
Cブロック:横浜市立金沢高校K3C
Dブロック:大和高校K4
Eブロック:座間高校K3A
Fブロック:横浜市立戸塚高校K4
Gブロック:湘南学院高校K3B
Hブロック:大和西高校K4
Iブロック:鎌倉高校K3B
Jブロック:武相高校K4

2022年度 第60回神奈川県高等学校総合体育大会 兼 全国高等学校総合体育大会サッカー競技 神奈川県1次予選

神奈川県内の地域ごとの最新情報はこちら

神奈川少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>
優勝:東海大学付属相模高校(全国高校総体出場)
準優勝:相洋高校(全国高校総体出場)
第3位:横浜創英高校、湘南工科大学附属高校

<2020年度>
大会中止
大会情報詳細はこちら

<2019年度>
優勝:桐光学園高校(全国高校総体 優勝
準優勝:東海大学付属相模高校(全国高校総体出場)
第3位:日本大学藤沢高校、三浦学苑高校

<2018年度>
優勝:三浦学苑高校全国高校総体 ベスト8)
準優勝:桐光学園高校全国高校総体 準優勝
第3位:厚木北高校、東海大学付属相模高校

最後に

湘南工科大学附属高校のみなさん、神奈川県186校の頂点、優勝おめでとうございます!
湘南工科大学附属高校日本大学藤沢高校のみなさん、全国高校総体では激戦区神奈川県代表としてがんばってください!!

選手や関係者のみなさん、3週間で5試合の短期決戦お疲れ様でした。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterえいたろう
東京都出身神奈川県在住の一男一女の母、えいたろうです。
2016年11月にジュニアサッカーNEWSのライターを始め、おかげさまで6シーズン目に突入。
初期に対応させていただいた大会の出場選手が、今では次のステージでがんばっている様子をあちこちで見つけ、うれしく思い応援しています。
薬剤師に加え、睡眠健康指導士初級の資格を取得しました。
どうぞよろしくお願いします。

マメルリハインコのまめりん🐦は、おしゃべりの達鳥まめきち🐦亡き後、甘えの矛先がヒトに変わり、人間語をマスターしようと練習しています♪
まずは自分の名前『まめりん』と言っているつもりのようです😅

コメント欄

  • Comments ( 12 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 桐蔭学園 vs 湘南工科

    前半、両チームともロングボールとクリアの応酬が続き、決定打がない中で湘工のデフィンスからのこぼれ球を桐蔭が先制ゴール。その後すぐさま湘工が相手ゴール前での混戦からポロリとゴールを奪い1-1の振り出しに戻る。前半終了まで両チームとも蹴りあいが続き、ラインを割ってはスローインの繰り返しでその後大きな決定打はないままホイッスル。
    後半は両チームともパスをつなぐスタイルに変更。湘工が右サイドからのパスを中央につなげると桐蔭ディフェンダーの
    クリアが中途半端になったところをすかさず湘工がシュートし、2-1と突き放す。
    後半飲水タイムまでは湘工有利でゲームを進めるも、飲水後は桐蔭が底力を見せ、サイドから中央から果敢に攻め、
    ミドルシュートは惜しくもゴールポスト。ショートパスとロングボールを織り交ぜながらも決定打を生み出せず終了のホイッスル。
    プレミア・K1の拮抗した試合となり、K1に軍配。今年の神奈川勢はベスト8以上のチームが拮抗したゲームであり、
    どのチームが勝利してもおかしくない、そんな試合が繰り広げられている印象。

    • 匿名さま

      試合の詳細情報をお寄せいただき、ありがとうございます!
      大会記事に追記させていただきました。
      無観客試合で開催されているので、こういった詳細の情報は大変ありがたいです。
      決勝についても、新たな情報がわかりましたら、またぜひ教えてください。
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

  2. 桐蔭学園 vs 東海大相模 from神奈川サッカーBBS

    桐蔭は確実なボールキープから時折前線へのロングフィードを見せるも決定力不足に苦しむ展開。一方相模は前線のキープ力不足から前半はほぼノーチャンス。後半頭からFWの選手を投入すると大きく試合の流れが変わりゲームの主導権が相模に傾く。数々のチャンスに恵まれるも得点には至らず。延長に入り選手交代を済ませている桐蔭の動きは衰えず、一方選手交代の少ない相模は足が止まりはじめ、延長終了間際で桐蔭のシュートがゴール右隅へ。選手層の厚さが得点につながった。

    • 匿名さま

      試合の詳細情報をお寄せいただき、ありがとうございます!
      大会記事に追記させていただきました。
      無観客試合で開催されているので、こういった詳細の情報はありがたいです。
      週末に開催される準決勝や決勝についても、新たな情報がわかりましたら、またぜひ教えてください。
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

  3. 桐光学園 1-1 市立橘
    延長戦 1-1
    PK戦 2-4

    • 匿名さま

      速報をお寄せいただき、ありがとうございます!
      大会記事に掲載させていただきました。
      昨日も本日も延長やPK戦が多く、大接戦ですね。
      また新たな情報を入手されたら、ぜひ教えてください。
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

  4. 桐蔭学園 対 東海大相模 1-0
    0-0 延長1-0

    • 匿名さま

      終わったばかりの速報をお寄せいただき、ありがとうございます!
      大会記事に掲載させていただきました。
      また新たな情報を入手されたら、ぜひ教えてください。
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

  5. 市立橘対横須賀総合
    1対0で橘勝ち

    • 匿名さま

      速報ありがとうございます!
      大会記事に掲載させていただきました。
      なかなか結果が把握できなかったので大変ありがたいです。
      明日の準々決勝も情報を入されたらぜひ教えてください。
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

  6. 横浜創学館2-0慶應義塾

    • 匿名さま

      終わったばかりの速報をお寄せいただき、ありがとうございます!
      大会記事に掲載させていただきました。
      また新たな情報を入手されたら、ぜひ教えてください!
      今後ともジュニアサッカーNEWSや神奈川少年サッカー応援団をどうぞよろしくお願いします。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top