ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2022 関東 2部リーグ参入戦@神奈川 延長PK戦を制して桐光学園が参入最後の1枠に!前橋育英B、水戸ホーリーホック、栃木SC、國學院久我山とともに2部参入決定!

12月17日(土)から21日(水)に神奈川県にて開催された、高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ2022関東 2部リーグ参入戦の情報をお知らせします。
本年度は都県リーグ代表8チームが出場し、プリンスリーグ関東2023 2部リーグ参入をめざしました。

前橋育英高校B水戸ホーリーホックユース栃木SC U-18國學院大學久我山高校桐光学園高校のみなさん、プリンスリーグ関東2023 2部リーグ参入決定おめでとうございます!

選手や関係者のみなさん、激闘お疲れ様でした。
全国高校サッカー選手権出場校のみなさん、直前に行われた本大会の経験を活かしてがんばってください!
今後の更なる飛躍を応援しています!
次のステージでもがんばってください!

2部参入を決めた前橋育英高校Bのみなさん
(photo:前橋育英高等学校HP

2022年度 大会結果詳細

※チーム名をクリックすると、チーム情報がご覧いただけます。
また、都県名をクリックすると、都県リーグでの戦いぶりがご確認いただけます^^

プリンスリーグ関東2023 2部リーグ参入
前橋育英高校B群馬
水戸ホーリーホックユース茨城
栃木SC U-18栃木
國學院大學久我山高校東京
桐光学園高校神奈川

12月21日(水)5位決定戦 結果
勝者はプリンスリーグ関東2部参入

桐光学園神奈川 0-0(延長 0-0、PK 4-2)八千代千葉

参照サイト:関東サッカー協会HP

情報提供ありがとうございました。
今後も大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

公式サイト
関東サッカー協会HP

上位大会
高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2022 関東(2022年4~12月)

関連大会
高円宮杯U-18サッカーリーグ2022プレミアリーグプレーオフ(参入戦)(2022年12月)
2022年度 第65回関東高校サッカー大会(2022年5月、神奈川県開催)
2022年度 第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)関東大会(2022年4~6月)
◆高円宮杯 JFA U-18 サッカーリーグ2022 都県リーグ
(複数記事がある場合はトップリーグ)
東京 埼玉 神奈川 千葉 栃木 茨城 群馬 山梨

2021年度を振り返る!関東 主要大会(1種~4種) 上位チームまとめ
高校生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

これまでの結果

12月19日(月)5位決定1回戦 結果

桐光学園神奈川 4-0 帝京第三山梨
八千代千葉 3-0 昌平B埼玉

12月17日(土)1回戦 結果
勝者はプリンスリーグ関東2部参入

前橋育英B群馬〕 2-1 桐光学園神奈川
帝京第三山梨〕 0-0(延長 0-1)水戸ホーリーホック茨城
八千代千葉〕 0-1 栃木SC栃木
昌平B埼玉〕 1-3 國學院久我山東京

高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2022 関東 2部リーグ参入戦

日程

2022年12月17日(土)、19日(月)、21日(水)

会場

神奈川県内会場

12月17日(土)
保土ケ谷公園サッカー場(天然芝、横浜市保土ケ谷区)
IIMURO GLASS 綾瀬市民スポーツセンター陸上競技場(天然芝、綾瀬市)

12月19日(月)
馬入ふれあい公園 サッカー場(人工芝、平塚市)

12月21日(水)
綾瀬スポーツ公園 多目的広場(人工芝、綾瀬市)

大会概要

主催 :一般社団法人 関東サッカー協会
主管 :一般社団法人 神奈川県サッカー協会 /プリンスリーグ関東運営委員会

参加資格
・(公財)日本サッカー協会へ第2種加盟あるいは準加盟されたチームであること。
・ 当該チーム所属の選手であり、年齢制限は高体連・クラブ連盟の規定に準ずる。
<コロナ禍によりチームが出場辞退となった場合の対応>
【12月12日までに辞退が決定した場合】
出場枠の次点チームのみ(リーグ成績上位)が出場権利を有する。
ただし、次点チームが辞退した場合は出場権利を失う。
【12月12日以降に辞退が決定した場合】
辞退のまま試合不成立とし、対戦チームは次回戦へ進出または、昇格決定とする。
戦わずして昇格が決まる可能性が少なからずある。

選手登録
・登録人数は30名を限度として指定された日までに事務局へ提出。
試合出場は30名の中から当日登録した20名とする。
・Bチームで参加する場合は、プレミア・プリンスリーグ第4クールにおいて、Aチームでブロックされている選手14名については、選手登録できない。
・ Cチームで参加する場合は、プレミア・プリンスリーグ第4クールにおいて、Aチームの登録メンバー全員及びBチームでブロックされている選手14名については、選手登録できない。

出場チーム
2022年度都県リーグ代表8チーム

競技方法
・試合は、すべて 「 JFA競技規則 」 最新版に従って実施される。
・競技時間は90分とし、決しない場合は延長戦20分を行う。
なお、勝敗が決しない場合はペナルティキック方式にて勝者を決定する。
後半のキックオフ時刻は、前半終了より 15分後とする。
・交代人数は、試合前に提出された交代要員9名の中から、随時5名まで認める。
延長の場合、さらに1名の交代を認める。
後半の選手交代回数は3回までとする。(1回に複数人を交代することは可能)
・前後半各1回の飲水タイムを実施する。(両チーム合意のもとに実施しない場合もある。)

その他
・退場者は自動的にチーム直近の公式戦1試合を出場停止とし、以後の処置については規律委員会の決定に従う。
・大会期間中の累積は2回とし、2回受けたものは次の試合に出場できない。

2部リーグ昇格チーム数
プレミアリーグプレーオフに参加する関東地域のチーム「市立船橋」「昌平」「帝京」の3チームの結果により確定する。
①3チームともプレミアに昇格:6チームがプリンス2部に参入
②2チームがプレミアに昇格:5チームがプリンス2部に参入←こちらに決定
④プレミア昇格が0チーム:4チームがプリンス2部に参入
※④の場合、プリンス1部7位の矢板中央Aが降格となり、プリンス2部の矢板中央Bが押出降格となるため。

大会要項抜粋、試合組より(参照サイト:関東サッカー協会HP

2022年度 都県リーグの結果および出場チーム

※チーム名をクリックすると、チーム情報がご覧いただけます。

東京都

T1優勝:國學院大學久我山高校

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022東京 T1

神奈川県

K1優勝:桐光学園高校A

高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ 2022 神奈川

千葉県

1部優勝:八千代高校

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022千葉

埼玉県

S1優勝:昌平高校Ⅱ

高円宮杯JFAU-18サッカーリーグ 2022 埼玉

茨城県

1部優勝:水戸ホーリーホックユースA

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ茨城 2022(IFAリーグ)

栃木県

1部優勝:栃木SC U-18

高円宮杯U-18サッカーユースリーグ2022栃木

群馬県

1部優勝:前橋育英高校B

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022群馬

山梨県

1部優勝:帝京第三高校

高円宮杯JFA U-18サッカーリーグ2022山梨

全国の都道府県別最新情報はこちら
全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度 1部リーグ参入戦>
2022年度からプリンスリーグ関東は2部制となるため、都県リーグ代表8チームはプリンスリーグ2022関東に参入。
1部リーグ参入戦として開催。
プリンスリーグ2022関東1部参入
西武台高校(埼玉県)
流通経済大学付属柏高校B(千葉県)
鹿島学園高校(茨城県)

<2020年度>
昇降格がなかったため実施されず。

<2019年度>
プリンスリーグ2020関東昇格チーム
山梨学院(山梨県)
昌平高校(埼玉県)

最後に

前橋育英高校B水戸ホーリーホックユース栃木SC U-18國學院大學久我山高校桐光学園高校のみなさん、プリンスリーグ関東2023 2部リーグ参入決定おめでとうございます!

選手や関係者のみなさん、激闘お疲れ様でした。
全国高校サッカー選手権出場校のみなさん、直前に行われた本大会の経験を活かしてがんばってください!
今後の更なる飛躍を応援しています!
次のステージでもがんばってください!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterえいたろう
東京都出身神奈川県在住の一男一女の母、えいたろうです。
2016年11月にジュニアサッカーNEWSのライターを始め、おかげさまで7シーズン目に突入。
初期に対応させていただいた大会の出場選手が、今では次、そして次の次のステージでがんばっている様子をあちこちで見つけ、うれしく思い応援しています。
薬剤師に加え、睡眠健康指導士初級の資格を取得しました。
どうぞよろしくお願いします。

マメルリハインコのまめりん🐦は、おしゃべりの達鳥まめきち🐦亡き後、甘えの矛先がヒトに変わり、人間語をマスターしようと練習しています♪
まずは自分の名前『まめりん』と言っているつもりのようです😅

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top