ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

J下部クラブと街クラブ・出場チーム数はどちらが多い? 全日本少年サッカー大会プレイバック

小学生U-12世代の日本一を決める大会の一つ、JFA第43回全日本U-12サッカー選手権大会(鹿児島県開催、リンクは2019年度大会) への出場権をかけて各都道府県での予選は通年、リーグを通して代表決定戦(トーナメント)出場チームを決めるケースがほとんどでした。2020年度はリーグが開催されなかったため、出場チームの決定方式は多くの地域で変わることと予想されます。

過去の大会からJ下部クラブと街クラブ、どちらが多く全国大会へ出場しているのか?また、上位入賞状況について調べてみました。

特集コンテンツ
J下部クラブ・街クラブ全国大会出場比率

一般的に「J下部」と表現されるのはJリーグのチームの下部組織(アカデミー)のチームのことを指します。「街クラブ」はここでは単純にJ下部以外を指す意味で使わせていただきます。

J下部クラブチームとは?

Jリーグには「Jリーグクラブライセンス制度」というものがあり、色々な項目(施設や法務・財務など)に厳しい審査基準があります。

その中の競技基準といわれる項目の中に
「アカデミーチーム(U-18・U-15・U-12・U-10)をクラブが直接保有、もしくは関連法人が運営していること」というものがあります。

これには例外があります。
U-12・U-10はスクールを運営することでアカデミーチームとの代替が認められているからです。

J1チームでもFC東京や湘南ベルマーレなどの4種はスクールのみでジュニアチームがありません。
逆にコンサドーレ札幌や鹿島アントラーズなどのようにジュニアを複数運営しているチームもあります。

U-12のJ下部チームは全国にいくつある?

J下部は全国で何チームあるでしょう。
2018年のデータを元に、都道府県別にJリーグ(J1~J3)のチーム数とJ下部U-12のチーム数を表にしました。
なお、青森、福井、三重、滋賀、奈良、和歌山、島根、高知、宮崎の9県にはJリーグ加盟チームはありません。
29都道府県に、47チームがあるということが分かりました。
ざっくり言って、6割の都道府県にJ下部のU-12チームがあるということです。

J下部チームと街クラブの全国大会出場比率は?

その中で何チームくらいが全国大会に出場しているでしょう。
2017年、2018年、2019年のデータを見てみます。

2017年全日本少年サッカー大会出場チーム
北海道 コンサドーレ札幌 J下部
青森県 本荘南
岩手県 MIRUMAE.FC
宮城県 リベロ津軽SC
秋田県 ACジュニオール
山形県 アバン山形SC
福島県 アストロン
茨城県 鹿島アントラーズつくば J下部
栃木県 栃木SC J下部
群馬県 PALAISTRA U-12 
埼玉県 大宮アルディージャジュニア J下部
千葉県 柏レイソルU-12 J下部
東京都 横河武蔵野
神奈川県 川崎フロンターレ J下部
山梨県 フォルトゥナだんけ
新潟県 アルビレックス新潟U-12 J下部
富山県 水橋FC
石川県 Riopedra加賀U-12
福井県 大虫
長野県 フォルツァ松本
岐阜県 レスター
静岡県 キューズFC・エスパルスU-12清水 J下部
愛知県 名古屋グランパス J下部
三重県 アヴェニーダソル
滋賀県 アミティエSC草津
京都府 紫光
大阪府 セレッソ大阪U-12 J下部
兵庫県 西宮SS兵庫FC
奈良県 ディアブロッサ高田
和歌山県 海南FCJr
鳥取県 鳥取KFC
島根県 大社少年SC
岡山県 Jフィールド津山
広島県 サンフレッチェ広島F.Cジュニア J下部
山口県 SSS FC
徳島県 リベルテSC
香川県 丸亀FC
愛媛県 ゼブラキッズ
高知県 宿毛FC
福岡県 リベルテSC
佐賀県 サガン鳥栖U-12 J下部
長崎県 V.ファーレン長崎U-12 J下部
熊本県 ブレイズ熊本
大分県 ドリームキッズSC
宮崎県 太陽宮崎SC
鹿児島県 太陽SC
沖縄県 大山SC
2018年全日本少年サッカー大会出場チーム
北海道 コンサドーレ札幌 J下部
青森県 リベロ津軽
岩手県 ヴェルディSS岩手 J下部
宮城県 ベガルタ仙台 J下部
秋田県 スポルティフ秋田
山形県 モンテディオ山形ジュニア庄内 J下部
福島県 ESTRELLAS.FC
茨城県 鹿島アントラーズつくば J下部
栃木県 FC VALON
群馬県 ファナティコス
埼玉県 江南南SS
千葉県 柏レイソルU-12 J下部
東京都 東京ヴェルディ J下部
神奈川県 川崎フロンターレ J下部
山梨県 ヴァンフォーレ甲府U-12 J下部
新潟県 club F3
富山県 ヴァリエンテ富山
石川県 旭丘FC
福井県 敦賀FC・フレンズ
長野県 アンテロープ塩尻ジュニア
岐阜県 メジェール岐阜瑞穂F.C
静岡県 キューズFC・エスパルスジュニア
愛知県 フェルボール愛知
三重県 大山田SSS
滋賀県 アミティエSC草津
京都府 FC.修学院
大阪府 SSクリエイト大阪市ジュネッスFC
兵庫県 兵庫FC
奈良県 YF奈良テソロ
和歌山県 FCバレンティア
鳥取県 KFC
島根県 FC斐川
岡山県 Jフィールド津山
広島県 サンフレッチェ広島FCジュニア J下部
山口県 SSS FC
徳島県 石井SSS
香川県 SFC坂出
愛媛県 帝人SS
高知県 アスルクラロ高知
福岡県 アビスパ福岡 J下部
佐賀県 サガン鳥栖U-12 J下部
長崎県 V.ファーレン長崎U-12 J下部
熊本県 ソレッソ熊本U-12 J下部
大分県 明治北SSC
宮崎県 アリーバFC
鹿児島県 太陽SC
沖縄県 比屋根FC
2019年全日本U-12サッカー大会出場チーム
北海道 北海道コンサドーレ札幌U-12 J下部
青森県 リベロ津軽SC
岩手県 RENUOVENS OGASA
宮城県 ベガルタ仙台Jr J下部
秋田県 グロースFC
山形県 鶴岡jr.FC
福島県 バンディッツいわきジュニア
茨城県 鹿島アントラーズつくばJr J下部
栃木県 栃木SC
群馬県 前橋ジュニア
埼玉県 浦和レッドダイヤモンズジュニア J下部
千葉県 柏レイソルU-12 J下部
東京都 東京ヴェルディJr J下部
神奈川県 横浜F・マリノスプライマリーバディーSC J下部(マリノス)
山梨県 フォルトゥナU-12
新潟県 グランセナ新潟FCジュニア
富山県 GRANZAS
石川県 FC湖北ジュニア
福井県 金津JFC・ユナイテッド
長野県 松本山雅FC J下部
岐阜県 アウトラインFC
静岡県 キューズFC・エスパルスジュニア
愛知県 名古屋グランパス J下部
三重県 大山田SSS
滋賀県 アミティエSC草津
京都府 長岡京SS
大阪府 八尾大正FC
兵庫県 センアーノ神戸Jr
奈良県 ディアブロッサ高田
和歌山県 SC和歌山ヴィーヴォまつえ
鳥取県 鳥取KFC
島根県 東出雲FC
岡山県 オオタFC
広島県 尾道東SANBA FC
山口県 SSS FC
徳島県 田宮ビクトリーSS
香川県 丸亀FC
愛媛県 新居浜市少年サッカースクール高津教室
高知県 アスルクラロ高知
福岡県 アビスパ福岡 J下部
佐賀県 サガン鳥栖U-12 J下部
長崎県 デサフィーゴ波佐見FC
熊本県 ロアッソ熊本 J下部
大分県 MSS
宮崎県 アリーバFC
鹿児島県 FCトリンブル
沖縄県 ヴィクサーレ沖縄FC

 

2017年のデータによると、47都道府県・48チーム中、J下部は13チームです。
2018年のデータでは47都道府県47チーム中、J下部は15チームでした。
2019年のデータでは48チーム中J下部は12チームです。
J下部の無い地域もありますので、ある地域だけに絞るとJ下部チーム全体の半分弱くらいということになります。
過去5年の全国大会ベスト4を見てみましょう。

<2019年度 第43回>
優勝:バディーSC(9年ぶり2回目の優勝)
準優勝:柏レイソル(千葉)
第3位:センアーノ神戸(兵庫)、ベガルタ仙台(宮城)

<2018年度 第42回>
優勝:川崎フロンターレ(神奈川県)
準優勝:大阪市ジュネッスFC(大阪府2)
第3位:ソレッソ熊本(熊本県)、アビスパ福岡(福岡県)
結果詳細はこちら

<2017年度>
優勝:セレッソ大阪(大阪)
準優勝:北海道コンサドーレ札幌(北海道)
第3位:大宮アルディージャ(埼玉)
第3位:サンフレッチェ広島(広島)

<2016年度>
優勝:センアーノ神戸(兵庫)
準優勝:横浜F.マリノス(神奈川)
第3位:ディアブロッサ高田FC(奈良)
第3位:府中新町FC(東京)

<2015年度>
優勝:レジスタFC(埼玉)
準優勝:鹿島アントラーズ(茨城)
第3位:符津SS(石川)
第3位:兵庫FC(兵庫)

2018・2019年はベスト4の中にJ下部と街クラブが半分ずつ、2017年はベスト4全部がJ下部のチームでしたが、2016年・2015年は全国大会優勝チームも街クラブというように、上位進出チームは拮抗しているようです。

J下部=うまい・強い というイメージだと思います。しかし小学生年代だと、中学生や高校生年代に比べて、地域差ももちろんありますが、街クラブも同じくらい強く、いい戦いをしているということがデータで示されていると思います。今年度の全国大会ではどのような戦いが繰り広げられるでしょうか。

最後に

ジュニアサッカーNEWSでは、各地の大会状況や試合結果また注目の試合など、皆様にお伝えするとともに全日本少年サッカー大会を盛り上げていきたいと思います!

直近・2019年度の全日本少年サッカー大会をプレイバック!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriteryuzu
「G」のゴール裏でよく応援してます。アウェイにもよく出没してます。
最近は膝を怪我して、跳べませんが・・治してまだまだ跳びたいと思ってます。

よろしくお願いいたします。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top