ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 高円宮杯U-15リーグ愛知TOP・1部・2部AB 7/2,3結果速報!

3月26日より行われる「2022年度 高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ TOP、1部、2部 」についてお知らせします。

6/25,26に行われた1部、2部ABブロックの試合結果を更新しています。リーグ入力のご協力、いつもありがとうございます!
気温が高くなってきました。水分をこまめにとり熱中症に気をつけて頑張ってください!

2022年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

リーグ戦表

結果を試合会場から入力できる、リーグ戦を作成しました。他の会場の結果もわかります。
1試合から結果を入れていただけます。PC・スマホからでもご自由に入力してください!

◆チーム名をクリックしていただくと各チームの「チーム情報」がご覧いただけます。

TOPリーグ  6/25結果更新!

豊田AFCASラランジャ豊川愛知FC庄内名東クラブ東海スポーツ愛知FC名古屋グランパスB刈谷JY BWYVERN FCシルフィードFCFC豊川フェルボールテクニコ

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

▪暫定順位(6/25現在)
1位:愛知FC庄内
2位:WYVERN FC ↑
3位:ASラランジャ豊川 ↑

1部リーグ  6/25結果更新!

モノリスFCドルフィンFCフェルボール愛知B愛知FC一宮尾張FC高浜FCNagoya SS ASC豊田ペレニアルみよしFC BFC豊橋デューミラン AFC DIVINE刈谷81FC

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

▪暫定順位(6/25現在)
1位:SC豊田ペレニアル
2位:刈谷81FC ↑
3位:愛知FC一宮

2部A 前期リーグ  6/25結果更新!

名古屋FC津島AFC緑FCFC DREAMAICHI SAISON FC千種FC一宮FCラランジャ豊川BFCブリンカール碧南FCシルフィードFC B愛知FC庄内B

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

▪暫定順位(6/25現在)
1位:FCブリンカール
2位:千種FC
3位:FC DREAM

2部B 前期リーグ  6/25結果更新!

VIDA FC ホッツ A愛知FC BFC Toyoakeセントラル豊橋名東クラブB瀬戸FC東海FCGloubs FCFIT-FCSC豊田ペレニアルB知多クレスクVIVA FC

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

▪暫定順位(6/25現在)
1位:Gloubs FC
2位:FC Toyoake
3位:愛知FC B

*現時点で公式より1試合(VIDA FC ホッツ A × SC豊田ペレニアルB )多く結果入力をいただいているため勝点等に相違があります。

関連記事

【2022年度リーグを網羅】高円宮U-15サッカーリーグ【47都道府県別】
2022年度 高円宮杯 JFA U-15 サッカーリーグ東海
2022年度 高円宮杯 U-15リーグ愛知3部
2022年度 日本クラブユースサッカー選手権U-15 愛知県大会
2021年度 愛知県U-14クラブカップサッカー選手権 

2022年度 サッカーカレンダー【愛知】年間スケジュール一覧

2022年度 愛知県リーグ戦表 一覧

2022-2023 【愛知県】U-18・高校 募集情報まとめ(2種、女子)

高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2022 愛知 TOP、1部、2部

<日程>

2022年2月~10月、各ブロック日程を調整して行う。

<会場>

愛知県下サッカー場及び学校グラウンド

<大会概要>

主 催
(公財)愛知県サッカー協会

出場チーム
TOPリーグ・・・12チーム
1部リーグ・・・・・12チーム
2部リーグ・・・・・24チーム(A・Bブロック)
3部リーグ・・・・・63チーム(A・B・C・Dブロック)
地区リーグ・・・・・6地区でのリーグ戦(ブロック等は各地区で決定)

競技方法
・TOP・1部リーグは12チームによるリーグを基本とし、ホーム or アウェイ2回戦総当たりの22試合を実施する。
2部リーグは1ブロック12チームの1回戦総当たりを前期リーグとする。前期リーグの順位をもとに上位(各ブロック1~6位)と下位(各ブロック7~12位)に分かれ、後期リーグを行う。後期リーグは前期リーグと異なるブロックの6チームと対戦する。前期・後期リーグの計17試合の結果により順位を決定する。
3部リーグは1回戦総当たりで試合を実施する。3部リーグは参加チーム数により、1ブロックのチーム数が増加・減少する場合がある。
地区リーグにおいては地区の事情に応じてブロック数、各ブロックのチーム数等を決定する。
・試合時間は70分(前後半35分)とする。
・ ハーフタイムのインターバルは原則として前半終了から後半開始まで10分以内とする。
・ 勝ち点は、勝ち3、引き分け1、負け0、とし勝ち点が同じ場合には、得失点差→総得点→当該成績によって順位を決定し、それでも決しない場合には抽選を行う。

競技規則
・(公財)日本サッカー協会の「サッカー競技規則 2021/2022」による。
・選手交代は7名以内とし、再交代を認めない。
・後半の交代回数を3回までとする。(1回に複数人交代することは可能)
後半のクーリングブレイク、飲水タイムのインターバルでの選手交代は、後半の選手交代の回数に含まれる。

ブロック選手制について
東海リーグにおいてはブロック選手を指定しており、ブロック指定された選手は、県リーグへの出場が認められていない。
本リーグ戦も同様にブロック選手制を導入する。ただし、「2チーム参加しているチーム」のファーストチームに所属する選手14名をブロック選手として指定することとする。指定された選手は、セカンドチームでの出場は認められない。
「メンバー表」の通番1~14をブロック選手とする。

ブロック選手の変更期間
▶TOP、1部に所属するファーストチーム
①各チームの5節、6節、②各チームの11節、12節、③各チームの17節、18節
上記の3回とする。
▶2部に所属するファーストチーム
①前期リーグ各チームの5節、6節、②前期リーグ終了時
上記の2回とする。
▶ 3部所属のファーストチーム
①各チームの5節、6節、②各チームの10節、11節
上記の2回とする。

昇降格規定
県リーグから東海リーグへの昇格数は0または1であり、東海リーグに所属する県内チームが県リーグへ降格する数は0,1,2のいずれかである。これにより、次年度の東海リーグと県リーグのチーム数の増減は以下の4パターンである。
① 県リーグ(-1) 東海リーグへ昇格したのみ
② 県リーグ(±0) 東海リーグへ昇格0、降格0または昇格1、降格1
③ 県リーグ(+1) 東海リーグへ昇格0、降格1または昇格1、降格2
④ 県リーグ(+2) 東海リーグへ昇格0、降格2

昇降格に関わるチームは上記①~④により変わるが、②の場合を基本ラインとして下記の(1)~(4)の昇降格を規定する。ただし、セカンドチームが昇降格に関係する場合や次年度の本リーグへの参加状況などにより、基本ライン通りのチーム数の増減にならない場合がある。また、下記(5)にあるように3部リーグからの昇格の可能性を高め、活性化を図ることを目的としてプレーオフを実施する。
(1) TOPリーグ
TOPリーグの1位が来年度東海リーグ参入戦に参加する権利を得る。これについては、東海リーグの昇降格規定による。下位2チームを降格とする。
(2) 1部リーグ
上位2チームはTOPリーグへ昇格とする。下位2チームを2部リーグへ降格とする。
(3) 2部リーグ
上位リーグの上位2チームは1部リーグへ昇格とする。
下位リーグの下位4チームを3部リーグへ降格とする。降格チームを除く下位4チームはプレーオフを行う。
(4) 3部リーグ
各ブロックの上位1チーム(計4チーム)は2部リーグへ昇格とする。
各ブロック2位、3位チーム(計8チーム)はプレーオフを行う。
(5) プレーオフについて
トーナメント形式で行う。1回戦は3部リーグの8チームとし、2位と3位の対戦とする。(11月中旬を予定)
勝者は2部リーグからプレーオフに参加する4チームと対戦し2部残留・昇格を決める。(12月中旬を予定)
(ア) 本リーグ戦と競技方法は変更しない。
(イ) 3部同士の対戦について
引き分けの場合、10分間の延長戦を行い、さらに勝敗が決しない場合はPK方式により勝利チームを決定する。
(ウ) 2部と3部の対戦について
引き分けの場合、2部リーグ所属チームの勝ちとする。
(エ) 3部同士の対戦カードは抽選にて決定する。

・東海リーグが昇降格を行わない場合、本リーグも昇降格を行わない。
・昇降格は行われるが、リーグ戦全日程の消化が期日までにできない場合、リーグ戦全日程の50%の消化(一巡目)でリーグ成立(順位の決定)とする。その場合の高円宮杯JFA第34回全日本U-15サッカー選手権大会東海大会の出場権は、一巡目の結果によりTOPリーグ1位、2位に出場権を与えることとする。ただし、セカンドチームには東海大会の出場権を与えない。
・他のリーグ戦全日程の消化が期日までにできない場合でも、2部、3部リーグについては、可能な限り全日程を消化することに努める。

TOPリーグの優勝、準優勝チームは、11月に開催される高円宮杯JFA第 34 回全日本U-15サッカー選手権大会東海大会の出場権を得られる。ただし、セカンドチームには東海大会の出場権を与えない。

大会概要抜粋(参照:愛知県サッカー協会

<参考:2021→2022の変更点>
TOP
*名古屋FC EASTは東海リーグ昇格、豊田AFCは東海リーグより降格
*1部よりFC豊川、フェルボールテクニコが昇格
*モノリスFC、ドルフィンFCが1部に降格
1部
*モノリスFC、ドルフィンFCがTOPより降格
*FC DIVINE、刈谷81FCが2部より昇格
*名古屋FC、VIDA FC ホッツが2部ABに降格
2部A
*2部が2ブロック制に変更
*名古屋FCが2部より降格
*ラランジャ豊川B、FCブリンカール、シルフィードFC B、愛知FC庄内Bが3部より昇格
2部B
*2部が2ブロック制に変更
*VIDA FC ホッツ2部より降格
*Groubs FC、FIT-FC、SC豊田ペレニアルB、知多クレスク、VIVA FCが3部より昇格

愛知県内の地域ごとの最新情報はこちら
愛知少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>
TOP 前期リーグ結果
優勝 :名古屋FC EAST(東海大会出場/プレーオフ出場)
準優勝:名東クラブ (東海大会出場)
第3位:ASラランジャ豊川
1部リーグ
優勝 :FC豊川
準優勝:フェルボールテクニコ
第3位:フェルボール愛知B
2部リーグ
優勝 :FC DIVINE
準優勝:刈谷81FC
第3位:愛知FC B
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2020年度>
TOPリーグ
優勝 :名古屋FC EAST(東海大会出場)
準優勝:名東クラブ(東海大会出場)
第3位:シルフィードFC、ASラランジャ豊川
1部リーグ
優勝 : FC豊川
準優勝:愛知FC一宮
2部リーグ
優勝 :緑FC
準優勝:AICHI SAIZON FC
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2019年度>
TOPリーグ
優勝 :豊田AFC
準優勝:東海スポーツ
第3位:グランパスB
1部リーグ
優勝 :ラランジャ豊川
準優勝:刈谷JY B
第3位:
2部リーグ
優勝 :FC豊川
準優勝:VIDA FC ホッツ
第3位:FC Toyoake
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSニュース副編集長/東海エリア責任者anan
超文系。卒論テーマは平家物語。
読書が趣味ですが、最近はもっぱら寝落ちする毎日。
いつの間にか家族の中で一番小さくなっていて時の流れを感じています。

ジュニア世代も、ジュニアユース世代も、ユース世代も、サッカーに関わる子どもたちが、キラキラな瞳でボールと遊べることをいつも願っています。

皆さんと一緒に頑張る子どもたちをこれからもずっと応援していけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします^^

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top