ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2021年度 福岡県高校サッカー新人大会 南部ブロック予選 大会要項掲載!12/4~開催

2021年12月4日(土)から行われる「2021年度 福岡県高校サッカー新人大会 南部ブロック予選」の情報をお知らせします。

2021年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ

分かり次第掲載します

☆他地区予選☆
筑豊ブロック予選会
北部ブロック予選会
中部ブロック予選会

関連記事

☆2021年度高校新人戦 第43回九州高校U-17サッカー大会
2021年度福岡県高校サッカー 新人戦 福岡県大会
【2021年度高校新人戦一覧】U-16・U-17 新世代の精鋭たちの大会特集!【47都道府県別】
【2021年度高円宮U-18リーグ】昇格をかけての軌跡【47都道府県別】
【高校サッカー強豪校に入りたい!】選手権&インハイ代替&新人戦 都道府県ベスト8【2021年度進路情報】
【九州版】都道府県トレセンメンバー2020
5年でJ選手輩出!急成長チーム 飯塚高校(福岡県)中辻喜敬監督インタビュー
サッカーも勉強もボランティアも!自主性を引き出す部活環境とは?熊本学園大付属 厚晴仁監督インタビュー
【強豪福岡大学サッカー部】乾監督に聞いた「中高生がやっておくべきこと」と「福大サッカー部の取り組み」
2020年度 第35回九州大学サッカーリーグ
【ブクマ推奨】一度は行くはず!主要会場情報まとめ@福岡県
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】
高校生:読まれている記事ランキング

2021年度 福岡県高校サッカー新人大会 南部ブロック予選

<日程>

【1~3部リーグ戦】
2021年12月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)、18日(土)、19日(日)
【県大会出場決定トーナメント】
2022年1月 8日(土)、9日(日)

<会場>

南部地区各会場

<大会概要・抜粋>

競技規則
(1)本年度(公財)日本サッカー協会競技規則による。
(2)日本サッカー協会に登録し、かつ学校長の承認を受けた選手の中から、試合毎に20名以内のメンバー用紙を2部作成し本部に提出すること。交替はその試合の交替要員9名以内の中から5名を限度として認める。
(3)リーグ戦・各リーグ順位決定戦・トーナメントにおいて退場を命じられた選手は、次の1試合に出場を停止し、それ以降の処置は規律委員会(専門委員で構成)において決定する。
(4)警告の累積を行い2回警告を受けた選手は、次の1試合に出場を停止する。ただし、リーグ戦・各リーグ順位決定戦とトーナメントは区別する。
競技方法
(1)リーグ戦・トーナメント方式。ただし、3部リーグはリーグ戦の後、トーナメントを行う。
(2)試合時間はリーグ戦、各リーグ順位決定戦、トーナメントともに70分とする。リーグ戦において は引き分けを用いるが、トーナメントにおいて勝負が決しない場合は PK方式により決定する。 ただし、県大会出場決定戦(1部5,6位決定戦、トーナメントの決勝)のみ20分を限度として延長戦を行う。次大会、各リーグの入れ替えについては上位、下位の自動入れ替えとする。
取得制限
1部リーグ上位チームと県大会出場決定トーナメント上位チーム、合計8チームは県大会への出場権を得る。

参照サイト:福岡県高等学校体育連盟HP

福岡県内の地域ごとの最新情報はこちら
福岡少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2020年度>
1位:誠修
2位:三潴
3位:久留米
4位:八女工業
5位:小郡
6位:三池工業
7位:明善
8位:八女
結果詳細はこちら

<2019年度>
予選免除:三潴、誠修
・三潴
・誠修
1位:小郡
2位:伝習館
3位:八女学院
4位:久留米附設
5位:久留米
6位:山門
7位:八女
8位:八女工業
結果詳細はこちら

<2018年度>
<県大会出場チーム>
1位:誠修高校
2位:三潴高校
3位:八女高校
4位:久留米高校
5位:明善高校
6位:祐誠高校
7位:三池高校
8位:八女学院高校
結果詳細はこちら

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存知の方はぜひ情報提供おまちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSTm 福岡・山梨山口P伊海 智裕
伊海 智裕です。
山口県出身、福岡県在住。家族とサッカーと猫’Sに囲まれて暮らしています。

今春から長男は社会人、次男は大学生。
サッカー保護者生活も終わりかなあと覚悟していましたが、次男が九州大学リーグ1部の学校に進学し、サッカー部に入部が決まりました。

これまでのような親の出番は無いとは思いますしエリートばかり集まる大学サッカー部は本当に大変だと思いますが、大好きなサッカーを続けられる幸せを噛みしめて精一杯楽しんで頑張ってくれれば。

私も息子がサッカーを続けてくれる幸せを感じながらジュニアサッカーNEWSのお仕事をこれまで以上に頑張っていかないと!と、決意を新たにしている春なのです。

コメント欄

*

※現在ファイル添付機能に不具合が出ております。ファイルをお送りいただく際は「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top