ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【2020全国高校選手権】部員数が多い高校がやっぱり強い?人数で振り返る高校選手権

2021年1月11日(月祝)まで行われた 第99回全国高校サッカー選手権大会 全国大会に出場した高校の登録選手から、一番部員数が多い高校を集計しランキングにまとめてみました。

部員数の多さは戦績に比例するのか?大会得点王は?
2020全国高校選手権を人数に注目して振り返ります。

↓本文は写真の下から始まります↓

 

一番部員数が多いサッカー部は?

全国高校選手権に出場したチームの部員数と戦績をまとめてみました。

順位 学校名 部員数 戦績
1位 東福岡 280 3回戦進出
2位 藤枝明誠 227 3回戦進出
3位 青森山田 214 準優勝
4位 仙台育英 188 3回戦進出
5位 矢板中央 179 ベスト4
6位 昌平 168 ベスト8
7位 作陽 151 2回戦進出
8位 富山第一 141 ベスト8
9位 高川学園 132 1回戦出場
10位 帝京長岡 129 ベスト4
11位 那覇西 129 2回戦進出
12位 山梨学院 127 優勝

一番部員数が多いのは、東福岡高校の280人。2位の藤枝明誠高校の227人と比べても約50人の差があり、ダントツの多さです。
優勝した山梨学院は127人で12位、準優勝の青森山田高校は214人3位でした。
部員数が最も多い東福岡高校でスターティングメンバーを勝ち取るための競争率は25倍!
2020全国高校選手権の出場校で、部員数が100人を超える学校は48校中23校でした。

では逆に部員数が少ない出場校はどこでしょうか?

順位 学校名 部員数 戦績
39位 丸岡 68 3回戦進出
40位 前橋商業 66 1回戦出場
41位 大手前高松 66 2回戦進出
42位 明桜 65 1回戦出場
43位 明徳義塾 62 2回戦進出
44位 日大山形 61 1回戦出場
45位 ルーテル学院 57 1回戦出場
46位 徳島市立 51 2回戦出場
47位 日本文理大附 48 2回戦出場
48位 山辺 37 1回戦出場

部員数が一番少なかった山辺高校(奈良県)の37人と最高人数の東福岡高校との人数差は7.5倍もありました。

高校選手権のようにトーナメントで勝敗が決まる大会結果だけで強さを見ることは出来ないのかもしれませんが、やはり部員数の多い学校が3回戦以上へ進出しているようです。
部内での厳しいレギュラー争いで得た自信がこのような大舞台での結果につながるのかもしれません。

2020全国高校選手権 得点王ランキング!

2019全国高校選手権の得点王は5得点をあげた岩本悠輝選手(静岡学園)と森夢真選手(四日市中央工)でしたが、2020全国高校選手権はどのような結果だったのでしょうか?

順位 名前 学校名 点数 部員数(※)
1位 安斎 颯馬 青森山田 5 214(3位)
2位 藤原 優大 青森山田 4 214(3位)
2位 笠井 佳祐 関東第一 4 81(30位)
2位 大森 涼 帝京大可児 4 103(23位)
3位 名須川 真光 青森山田 3 214(3位)
3位 島野 怜 仙台育英 3 188(4位)
3位 木内 拓海 市立船橋 3 92(25位)
3位 川上 航立 帝京長岡 3 129(10位)
3位 杉本 翔 作陽 3 151(7位)

※( )内は部員数ランキング順位
(データ参照:JFA

得点王に輝いた青森山田高校の安斎 颯馬選手(5得点)は優秀選手賞も受賞しています。
最終戦績こそ準優勝でしたが、青森山田高校からは藤原 優大選手(4得点)、名須川 真光選手(3得点)が名を連ね、攻撃力の高さをうかがえる結果となりました。

ここでも、部員数が多い学校の選手がランクインしているようです。

一方で優勝した山梨学院は1回戦からのチーム得点合計は8点と高くはありませんでしたが、1試合での得点は多くないものの、失点も少なく、総合力で優勝の栄冠を勝ち取ったことがわかります。

部員数の多さは、部の強さなのか。
ひとつのものさしで測ることは出来ないかもしれませんが、やはりチーム内の競争で選手一人一人の個を磨き、部全体の成長につなげることも、大事な要素であると言えそうです。

関連記事

優勝はPKを制した山梨学院!優秀選手39名発表!2020年度 第99回全国高校サッカー選手権大会(高校選手権) 全国大会

【感動をありがとう!選手権応援コメント募集】届けこの声!距離を超えて、想いを力に〜高校選手権出場チーム・選手への応援コメント募集中!

【2021中学生のサッカー進路】全国高校選手権に出場する選手の出身チーム一覧【47都道府県・男女】

参考文献

◆高校サッカーダイジェスト(vol.31)第99回全国高校サッカー選手権大会「選手権名鑑」12月8日号特別増刊

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスター九州中四国エリア責任者冬馬 瑠莉
Ruri Toma
熊本県出身。2017年1月からジュニアサッカーNEWSでお仕事をはじめ、もうすぐ5年目。

現在、熊本をメインに九州・中国・四国エリアを担当しています。

本年もどうぞよろしくお願いします(*^^*)
昨年はいろいろなことがあった1年でしたが、新しい発見もあった1年でした。
絶対一人暮らしなんかさせたら、まともな生活が送れないんじゃないの!?
と思っていた家庭科3以上もらったことのない長男が、ちゃんと自炊しているそうです(;゚Д゚)

行きたい高校なんて自分で選べないんじゃないの?と主人に言われていた次男も「○○高校に行きたい!絶対行きたい!」と自分で進路を選びました。(あとは合格できるように頑張るだけですが・・)

だんだん頼もしくなってくる子供たちに負けないよう、母もバージョンアップできるように頑張ろうと思います(*^^*)

みなさんのサッカー生活が少しでも楽しい思い出になるよう、お手伝いさせてくださいね♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top