ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【みんなのトレセン】メンタルを強くしたい!実力を発揮できる子になるために親ができる2つのこと

ジュニアサッカーNEWSでは、全国各地のトレセンコーチ・チーム指導者にお話を伺いました。インタビューをまとめて「みんなのトレセン」シリーズをお送りしています。

先週までは「トレセン選考会に合格するためのトレーニング」をコーチたちに教えていただきました。今回はフィジカルではなく、メンタルのトレーニングについてお送りします。

※下記の意見は、サッカー協会の示す公式な見解ではありません。
あくまでも一つの意見として参考にしてください。
また、サッカー協会へのお問い合わせ等はお控えください。

↓シリーズ一覧・配信予定はこちら↓

メンタルってなぜ大事?

トレセンについてご意見をうかがっていると、必ずのように「メンタル」という単語が出てきます。(赤字:編集部)

気持ちが弱い、気後れしてしまう、すぐに新しいことにチャレンジできない、失敗が怖いから動けない。これらが「メンタルが弱い」と指導者たちが呼ぶ状況のようです。メンタルとは「心的。精神的。(広辞苑第五版)」と説明されます。心のありようすべてをひっくるめて「メンタル」といい、「フィジカル」の対義語としてスポーツの現場でも多く使われています。

メンタルの大事さについてはこちらでも触れています。
トレセン選考会に落ちたのはなぜ?「うまい子でも落ちる」は本当だった!前編「印象とメンタルの弱い子」

「気合いだ、気合!」とカツを入れても、メンタルは向上しません。フィジカルと同じく、メンタルも日頃からのトレーニングが大切になってくるようです。

ポイント

メンタルは気合では強くならない。
フィジカルと同じく、トレーニングで鍛えることができる。

トレセン・セレクションで必要な「メンタル」とは

メンタルとは精神的なものの強さすべてをさすようですが、特にジュニア世代のサッカーで「メンタル」と言われるときは

  • 初対面の人と意思疎通ができる
  • 初めての場所でも臆さないで自分を出すことができる
  • 予定外のことが起きたときに動じないで打開策を考える

という意味で使われていることが多いのではないでしょうか。(メンタルという言葉の意味はもっと多岐にわたります)

すると、まずトレセンやセレクションのときに必要な「メンタル」は

・初対面の人と意思疎通ができる=人見知りしない
・初めての場所でも臆さない・自分を出すことができる=物おじしない

この2つにあるということが言えそうです。

親に育てることができる「メンタル」2つの方法

・初対面の人と意思疎通ができる
・初めての場所でも臆さない・自分を出すことができる

これは、慣れ親しんだ場所ではあまりトレーニングすることができない能力です。実際にメンタルを育てようとして試行錯誤した方の意見を聞きました。

①完全アウェイの状況に慣れさせる
チーム関係者
小学生は特に委縮しやすい。メンタルを鍛え、アウェイの状態に慣れるには個サルが良いと思う。人見知りをなくし、知らない子の間でプレーできるようにするには、個サルが良いと思う。同じ市内だと顔見知りもいるので、全く違う市のフットサルに参加させた。いろいろなレベルのところに連れていくこともやった。
チーム指導者
(選考会で大切なのは)プレッシャーに飲まれないこと。気持ちも体も委縮しないこと。チーム内ではうまい子のはずなのに、内弁慶だと難しいことがある。内弁慶を打開するには、まったく知らない子たちとプレーする、完全アウェイの状態の中でプレーするということに慣れればよいのではないか。

確かに、トレセンやセレクションのような「アウェイ」の状態は、チームでは作ることができません。

全く知らない子と初対面の状態でチームを組み、ポジションを決め、その中でのびのびとプレーできること、周りを動かす練習ができることはほかでは得難い経験となります。

初めて参加したときにはがちがちになってしまうかもしれません。何もしゃべれないかもしれません。ですが、1度経験してしまえば、2回目からは「経験済みのこと」になります。

②子どものチャレンジを馬鹿にしない
チーム指導者
子どもの失敗をけなさないで欲しい。声掛けもチャレンジも、最初からうまくできる子なんていない。チャレンジしたから失敗する。変な声かけ、失敗したチャレンジ、そんなのを馬鹿にしたり怒ったりしていたら委縮する子どもしか育たない。気持ちの強い子なんて育たないよ。
チーム指導者
(選考会の場面では)ミスをしたから、パスをしなかったから落とされるというのはむしろない。目についたプレーをする子が受かっていく。チャレンジは評価される。無難に終わろうとは思わないほうが良いのでは。

ポイント

完全アウェイの状態を作り出すには、個サルが有効。
子どものチャレンジをけなしたり馬鹿にしたりしているとメンタルの強い子は育ちにくい。

メンタルが強い=失敗しても卑下したり評価を気にしたりしない、という図式が成り立ちそうです。すると。初めての要求に対して答えようとするときに「やったことがないこと」にも挑戦できるようになります。その余裕が

  • 予定外のことが起きたときに動じないで打開策を考える

につながるのではないでしょうか。

トレセンシリーズ一覧を見る

関連記事

トレセンってつまり何?
トレセンやセレクションの評価に影響大!体力テストの重要性
【動画】トレセン選考会の動画まとめ
保護者記事まとめ・トレセン、セレクション、進路、100人アンケート…お子さんに役立つ記事を探してください!

最後に

メンタルの強い・弱いが取沙汰されるのはサッカーだけではありません。人生の節目節目において、メンタルが強いということは大事なのではないでしょうか。幼少期の時に育てたメンタルは一生良い影響を及ぼしてくれるかもしれません。

ジュニアサッカーNEWSでは、このような方々のために少しでもお役に立てれば。と、各地でパパリーグやジュニア個サルを展開しています。

楽しみながら、メンタルを鍛える練習もできるならまさに一石二鳥ではないでしょうか。
ぜひこの機会ご活用ください!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年(現役続行中)。

得意技はおにぎり1辺きっちり8.5cmに成型できること。
だって今まで何個握ったと…!

2019年度の目標は、
もらった人が微妙な顔をしない写真を撮れるようになること。
すべてのサッカー保護者を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top