ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

トレセンってつまり何?

その他の選手育成プログラム

JFAエリートプログラム

U-13/14対象

男女ともにU-13/14のそれぞれ年間3回、1回の期間を5日?6日のキャンプと遠征が行われています。

男子は、ナショナルトレセンU-13/14の活動内容とリンクしながら、女子は地域・都道府県トレセンより選手を選考し、「個の育成」を目標としています。

活動では、ロジカルコミュニケーションスキル・食育をはじめとしたオフザピッチ(サッカー以外)のカリキュラムもとり入れながら、各年代、開始当初から年に1回は韓国の同年代の選抜チームと合同キャンプ・対抗戦を続け強化も図っています。

また、U-17の世界大会を目指す年代では、AFCのフェスティバル参加等で国際経験も多く積んでいます。

詳しくはこちら

ナショナルGKキャンプ

U15 U18対象

9地域のGKプロジェクトとナショナルコーチングスタッフからの推薦でメンバー選出。

参加者の中には、日本代表として国際試合に出場経験を持つ川島永嗣選手、西川周作選手、権田修一選手らをはじめ、アンダーカテゴリー代表や、Jリーグの舞台で活躍する選手が数多くいます。

GKキャンプは、47都道府県FAでのGKプロジェクトによるGKキャンプ、GKトレセン、GKスクール。そこから9地域でのGKキャンプ、そしてナショナルGKキャンプへとつながっています。

詳しくはこちら

女子GKキャンプ

U-15(中学生)年代前後対象

将来のなでしこジャパンのゴールキーパー(GK)を発掘・育成するプロジェクト。

日本女子サッカーの強化・育成の鍵であるU-15(中学生)年代前後の選手を「強化」「育成」「普及」の観点から選出し、継続したトレーニングを行います。さらにトレーニングキャンプの機会を活用し、トレセン同様、「指導者養成」にも取り組むみます。

※2003~2014年まで「スーパー少女プロジェクト」として実施。

詳しくはこちら

なでしこチャレンジプロジェクト

ナショナルトレセンU-15から上の年代対象

なでしこジャパン予備軍とも言える選手たちが参加します。

トレーニングキャンプはなでしこジャパン(あるいはU-20?18日本代表チーム)と同時期・同会場で行い、合同トレーニング、トレーニングマッチ等でいっしょにプレーする機会を持ち、比較、見極めが行えます。

また、選手の所属チームのコーチを対象とした指導者講習を並行開催し、選手の長所・課題を共有、コミュニケーションを図り、選手のレベルアップにともに取り組んでいく体制をつくる。

詳しくはこちら

特別指定選手制度

ユース年代対象

選手として最も成長する時期に組織や連盟等の垣根を越え「個人の能力に応じた環境」を提供することを目的とする制度です。

<男子>
全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟サッカー部、またはJクラブ以外の第2種日本クラブユース連盟加盟チーム所属選手を対象に、日本サッカー協会が認定した選手に限り、所属チーム登録のまま、Jリーグ等の試合に出場可能とします。

<女子>
日本女子サッカーリーグに加盟していないチームに所属する、各年代の日本女子代表選手またはそれに準ずるレベルの選手の中から日本サッカー協会女子委員会が指定した選手が、所属チーム登録のまま日本女子サッカーリーグ加盟チームで活動し、さらにその試合に出場することを可能にします。

<Fリーグ>
Fクラブ以外の公益財団法人日本サッカー協会フットサル加盟登録選手を対象に、日本サッカー協会が認定した選手に限り所属チーム登録のまま、Fリーグ等の試合に出場可能とする。

なでしこ海外強化指定選手

なでしこJAPANの選手対象

海外強化指定制度とは、なでしこジャパンが2015年のカナダワールドカップ、2016年のリオオリンピックにおいてメダル獲得もしくは世界の頂点を目指すために、大会時になでしこジャパンの核となる選手たちに海外で高いレベルのトレーニング・試合を経験させ、個人の強化を図ることを目的とし、日常的に厳しい環境に身を置くため、体格・体力で勝る世界のトップレベルの選手たちの集まる特定のリーグに移籍・活動できるように支援する制度。

詳しくはこちら

JFAアカデミー

アカデミーに入った選手は平日は近くの中学校/高校に通いながらアカデミーでトレーニングし、夜は宿舎に泊まります。
週末は自宅に帰り所属チームの練習に参加します。
合格倍率は10~50倍と言われています。※年度によって異なります

JFAアカデミー福島・・・中高6年間男女
JFAアカデミー熊本宇城・・・中学3年間男女
JFAアカデミー堺・・・中学3年間男女
JFAアカデミー今治・・・中学3年間女子のみ
詳しくはこちら

参照ページ:サッカー協会ナショナルトレセン概要

参照ページ:JFAアカデミーHP




<h1>47都道府県のトレセン情報

全国少年サッカー応援団サイトで各地域の情報配信中!トレセン情報も随時更新予定です。

関連記事

U12トレセンやクラブチームのセレクションを担当している方々にお話を聞き、その実態と対策についてまとめてみました。

「セレクションって何?」「受けたほうがいいの?」「体力や技術はどれくらいあればいいの?」という方は参考にしてみてください!

トレセンについての質問・情報提供お待ちしております

トレセンに関係することでこれがわからない、これが知りたいという意見を募集しています。わかる範囲で調査いたします。

またトレセンに関する情報をお持ちの方は教えてください!選考についての事例やお住まいの地域のトレセンの仕組み、今回選ばれたメンバーなど何でも構いません。

お問合せフォームよりお待ちしております!

最後に

U-12世代にとっては、ナショナルトレセンに選ばれることがプロへの第一歩と言われています。
しかし絶対にそうだとは言い切れません。
小学生のころからその才能を開花させている選手もいれば、中学・高校・大学で急成長しプロになる選手がいることも確かです。
努力を続けること、そしてそれを楽しむことが最終的に強い選手になるということをU-12世代の皆に知っておいてほしいですね。

★トレセン制度・選考基準などは地域・年度によって異なりますので、この記事の内容はあくまでも参考程度にしてくださいね。

日本サッカー協会にインタビューしました!トレセンについてもお伺いしています

足が遅くても「初速」の速さを追求すればスピードを克服できる―岡崎選手に学ぶ鈍足の努力―
身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた

パパリーグ参加チーム募集中!!
各都道府県4チーム集まればお試しパパリーグ即開催!
募集情報はこちらをチェック!

トレセン基本情報・実際の流れ→②へ
トレセンメンバー→③へ

 

credit: popofatticus

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード統括責任者/事業戦略部梅野 唯
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。2014年4月株式会社グリーンカード入社。統括責任者/事業戦略部。

2019年はグリーンカードに新たな仲間が加わり、新規事業が立ち上がり、会社としては大躍進の1年でした。

2020年は2019年に動き出した事業を本当に人の役に立つものにできるよう磨き上げていきたいと思います。

ジュニアサッカーNEWSは今後も多くの皆さんに喜んでいただけるよう精進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

コメント欄

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 1 )
  1. The above mentioned information is very informative. Now download bollywood movies in hd for free.

  2. Superdry males’s Germany Trophy Sequence t-shirt.

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top