ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

中学生サッカー選手のプロテインは何がおすすめ?選び方のポイントを解説 PR

食事のメニューを考えたり、お子さんたちの食事をサポートする毎日。足りない栄養はどう補えばいいの?と悩んだ経験はありませんか。
プロテインをお子様に飲ませてみようとお考えの方も多いのではないでしょうか。

数あるプロテインの中で、どんな栄養素が入っているプロテインを選べばいいのかという疑問を解消するために、サッカーを頑張っている子どもたちにどんな栄養が必要なのかを調べてみました。

↓本文は写真の下から始まります↓

成長期に必要な栄養素とは?

強い骨や歯をつくるカルシウム

成長期は骨の成長が活発になり、骨量が増加する時期で、骨を丈夫にしておくことが大切です。
丈夫な骨を作るためには、バランスのよい食生活をサポートすることや運動が不可欠となります。

特にカルシウムは強い骨や歯をつくるだけでなく、筋肉の収縮や神経を安定させる効果も期待でき、しっかり摂りたい栄養素の一つです。
子どもが心身ともに健康に育つために、日頃からカルシウムを摂取するように心がけましょう。

効率よくカルシウムを摂取しよう

カルシウムは、体の機能の維持や調節に欠かせないミネラルの一つで、体内への吸収率は他のミネラルとのバランスが影響します。
肉類やインスタント食品にはリンが多く含まれており、リンを過剰に摂取するとカルシウムの吸収が阻害されるそうです。また、カルシウムの摂りすぎも、鉄など、他のミネラルの吸収を阻害してしまうと言われます。
バランスよく栄養が偏らないようにメニューを考えることが大切です。

▲表を見てもわかるとおり、カルシウムは牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、小魚や豆腐・納豆などの大豆製品、野菜類・海藻などに多く含まれています。
中でも牛乳や乳製品は、他の食品に比べ、カルシウムの吸収率が高いので、効率よくカルシウム吸収率が高いと言われています。

また、体内でのカルシウムの利用効率を高めるには、ビタミンDが必要です。
イワシ・サンマ・サケなどの魚やきのこ類などのビタミンDを多く含む食品を食べたり、日光を浴びることで生成されるビタミンDを体内でたくさんつくるために、外で元気に運動をすることも大切です。

参照サイト:農林水産省HP

鉄分が足りないとパフォーマンスが下がる?

運動をしている子どもたちには鉄分が欠かせない

サッカーをしているお子さんのパフォ−マンスが急に落ちた時、鉄不足を疑ったことはありませんか?
鉄分は赤血球に含まれる「ヘモグロビン」の材料となっていて、肺で取り入れられた酸素はヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。
成長期は体の成長に伴って血液量が急激に増えることや、スポーツによる汗で鉄分が失われることから、鉄不足になりやすいです。

日頃の練習で集中力が続かないときや、急に体力が落ちた場合などには鉄不足の可能性があるかもしれません。
パフォーマンスの低下を防ぐためにも、しっかりとした食生活を心がけ鉄分を効果的に摂ることが重要です。

参照サイト:公益財団法人 日本学校保健会 HP

日々の食生活で栄養素が足りていないと感じたら

アストリション ジュニアプロテイン
成長期に必要な栄養素を日々の食事ですべて摂取しようと思うと、毎日の食事のメニューを考えることは大変ですよね。
食事で摂ることのできない栄養素は、プロテインなどでバランスよく補うことをお勧めします。

アストリションのジュニアプロテインは、小学生~中学生におすすめの子供用プロテインです。

国内製造の良質な大豆タンパク原料を100%使用しており、人工甘味料・合成着色料は不使用なので毎日飲んでも安心。
成長期の体づくりに役立ちます。

ジュニアプロテインは大人が飲む普通のプロテインとは異なり、カルシウムやビタミンなど成長期に多く必要になる栄養素を豊富に配合しています。
成長期に必要なカルシウムや鉄分が配合されており、人工甘味料も不使用です。
まさにスポーツをする成長期のお子さんのことを考えて作られたジュニアプロテインです。

プロテインに多い人工甘味料に注意

大人用の一般的なプロテインの多くは、飲みやすくするためアスパルテームやスクラロースなどの「人工甘味料」が含まれています。
人工甘味料はとりすぎなければ問題ありませんが、中学生アスリートは毎日運動してプロテインも毎日飲むことが多いため、多くとりがちです。

人工甘味料のとりすぎは味覚や将来への健康に関わるため、できれば含まれていないものが望ましいでしょう。

プロテインを飲むおすすめのタイミング

1、朝食

ジュニアプロテインと朝食の栄養バランス

成長期の体づくりには、朝からタンパク質などの栄養をしっかりと摂ることが大切です。

しかし、朝から食欲が出なかったり、バランスのとれたメニューを準備することが難しかったり、食事を十分にとれないこともあるのではないでしょうか?
そんな時にこそ、ジュニアプロテインで足りない分の栄養を補ってあげましょう。

2、食間

お菓子とジュニアプロテインの比較

子どもたちにとっての間食は、3食で摂りきれない栄養を摂るための大事な「補食」です。

いつも食べているお菓子をジュニアプロテインに置き換えれば、小腹を満たしながら必要な栄養素を摂ることができます。
お菓子が習慣になっている子どもたちの脂質のとりすぎも防げます。

3、運動後

運動後30~60分が疲労回復のゴールデンタイム

※同化能力効率:体内のアミノ酸がタンパク質へ変わり筋肉を形成する働きの効率

運動直後は、体づくりのゴールデンタイムと言われています。
運動後できるだけ早くタンパク質を摂ることでトレーニングの効果を最大限に高めることができるのです。
運動後すぐに食事ができない、練習が終わるのが夜遅いなどの場合、カロリーの低い大豆タンパク質は栄養補助に役立ちます。

参照サイト:ATHTRITION(アストリション)HP

最後に

いかがでしたか?
サッカーを頑張るお子さんのために「成長期に必要な栄養素をしっかり身体に取り入れ、サッカーのパフォーマンスを上げることができるような食生活の環境を整えてあげたい」と思う保護者の方が多いのではないでしょうか?
手軽に栄養素を摂ることができるプロテインを常備しておくことは心強いですね。

関連記事

小食が心配!サッカーを頑張る中高生ママが明日からできる「羽生結弦式」食事サポート法!

体格は自分で作る時代!将来のためにジュニア世代が始めておきたいフィジカル対策とは

サッカーの試合後半バテやすい子必見【食事内容見直そう!】〇〇の取りすぎでスタミナ低下することも

 

6920

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSWriterchoco
ライターを始めて4年経ちました。
わたし自身もサッカー少年3兄弟の母です。
週末、息子の試合の追っかけをしては、チームの成長を感じ幸せな気持ちになる日々を送っています。

サッカーを頑張る選手たち、それを支える保護者や指導者の方々。
サッカーに関わるすべての方に寄り添えるような記事が書けるよう、これからも精進していきたいと思います。
Return Top