ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【大会優秀選手掲載】2021年度 兵庫県高校サッカー新人大会<女子の部> 優勝は日ノ本学園高校!

2022年1月22日(土)〜2月6日(日)に行われた兵庫県高校サッカー新人大会<女子の部>の情報をお知らせします。

2021年度 大会結果詳細

優勝:日ノ本学園高校
準優勝:六甲アイランド高校
第3位:北須磨高校神戸弘陵学園高校

大会優秀選手
赤羽 柚寿  選手(GK・2年・日ノ本AC信州大学
藤谷 千里  選手(MF・2年・日ノ本岡山湯郷Belle
金谷 愛心  選手(MF・2年・日ノ本FC TERRA
安達 紗耶夏 選手(DF・1年・六甲アイアルベロ神戸
中田 歩果  選手(MF・2年・六甲アイ井吹台中
山本 夏妃  選手(MF・2年・北須磨神戸FCL
下原 璃音  選手(MF・2年・神戸弘陵名古屋FCルミナス

優勝の栄冠に輝いたのは、日ノ本学園高校でした。17連覇達成おめでとうございます!
六甲アイランド高校との決勝でも前半4得点、後半5得点を奪い、全試合無失点・4得点以上と圧倒的な強さで優勝を決めました。

大会17連覇を達成した日ノ本学園高校の皆さん(参照:日ノ本学園FB

※チーム名をクリックしていただくと、チーム情報がご覧いただけます。

2月6日(日)決勝

六甲アイ 0-9 日ノ本 

公式記録はこちら(参照:兵庫県サッカー協会HP)

組合せ

1/17に兵庫県教育委員会より新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、部活動に対する種々の制限が通知されました。
特にその通知の中で「保護者等を学校内に入れる行事を行わない」とあり、本大会も公営競技場も含めて無観客試合として実施します。
様々な事情にご配慮いただき、トーナメント表内に記載した「お願い」等にご理解とご協力をお願い致します。

参照:兵庫県サッカー協会HP

情報提供のご協力ありがとうございました。今後も大会情報、トレセン情報などお待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

■関連大会
2021年度 第30回高校女子サッカー選手権 兵庫県大会
2021年度 兵庫県高校総体サッカー競技(インターハイ予選)<女子の部>

■兵庫県情報
「選手達に全力で向き合っていきたい」 新生日ノ本・掲げるは「自立と前進」【日ノ本学園女子サッカー部 新監督 村上裕子氏インタビュー】
『団結・全力・感謝』が人間的成長を促す!~未来を切り開くカギがそこにある~【関西学院大学体育会サッカー部女子チーム インタビュー】

■その他(女子)

2021年度 サッカーカレンダー【兵庫】年間スケジュール一覧

2021年度 兵庫県リーグ戦表一覧

2021-2022 【兵庫県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ

2月5日(土)準決勝

北須磨 0-4 六甲アイ
神戸弘陵 0-4 日ノ本

無失点で決勝に駒を進めた日ノ本学園高校の皆さん(参照:日ノ本学園FB

1月29日(土)2回戦(準々決勝)

姫路女学院 (棄権)- 北須磨
 0-7 六甲アイ
神戸弘陵 5-0 三田祥雲館
神戸学院 0-19 日ノ本 参照:日ノ本FB

準決勝進出を決めた日ノ本学園高校の皆さん(参照:日ノ本FB

1月22日(土)1回戦

北須磨 -(棄権) 有馬
明石南 1-2 
夢野台 0-6 六甲アイ
神戸弘陵 3-0 県西宮 参照:神戸弘陵Instagram
三田祥雲館 7-0 啓明
三田西陵 0-11 神戸学院
神戸 0-16 日ノ本

姫路女学院は2回戦から登場

初戦の様子(参照:神戸弘陵Instagram

2021年度 兵庫県高等学校サッカー新人大会<女子の部>

<日程>

2022年1月22日(土)〜2月6日(日)

<会場>

無観客試合のため掲載なし

<大会概要>
  • トーナメント戦

参照サイト:兵庫県サッカー協会HP

兵庫県内の地域ごとの最新情報はこちら
兵庫少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2020年度>
優勝:日ノ本学園高校
準優勝:姫路女学院高校
第3位:北須磨高校、六甲アイランド高校
結果詳細はこちら

<2019年度>
優勝:日ノ本学園
準優勝:播磨
第3位:県西宮、神戸弘陵学園
結果詳細はこちら

<2018年度>
優勝:日ノ本学園高校
準優勝:神戸弘陵学園高校
第3位:播磨高校、有馬高校
結果詳細はこちら

最後に

出場チームの皆さん、応援・関係者の皆さん、お疲れさまでした。
コロナ禍の厳しい状況下、調整も大変だったことと思います。
また、出場も叶わず悔しい思いをされた選手や関係者の方もいらしたことと思います。
改めてプレーできること、仲間がいることの有難さを実感する大会となりました。
1日1日を、そして思い切りプレーできる環境や仲間を大切に、これからもひたむきに頑張ってくださいね。応援しています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriter/関西エリア責任者kozaru
2016年1月入社。
兵庫、和歌山担当を経て2019年3月より関西エリア責任者を務める。

二男一女の母です。
学生時代にショートトラックスピードスケートをしていたので、冬季五輪は夏季以上にいつも楽しみです♪
カーリング女子の「そだね~」に癒されつつ、今日も頑張ります!

スポーツでもなんでも、ひたむきに頑張る姿、全力で楽しむ姿を見ていると、自分も頑張ろう!と力が湧きますね(^_^)
皆さんの「元気の源」はなんですか?

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top