ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

                    2019年度進路情報はこちら

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

世界トップレベルの実力!なでしこ強さの秘密に迫る!なでしこのジュニア時代の親との関わり方

5947666047_dfe147fe4a_z

2015FIFA WOMEN’S WORLD CUPカナダ大会で快進撃を繰り広げたなでしこJAPAN。

7月1日に行われた準決勝でなでしこはイングランドと対戦し終了間際にイングランドのオウンゴールにより2-1で勝利しました。その後7月6日の決勝戦でアメリカに惜しくも敗れ大会2連覇は叶いませんでしたが、なでしこの全員で戦った圧巻のプレーには世界中から賞賛の声が上がりました。

試合を見逃した方はこちらをチェック!

ハイライト:準決勝 日本 vs イングランド(画像クリックでyoutubeに移ります)
wcup1

中国における卓球のように、その国のスポーツの強さは競技人口に比例するとよく言われます。ところが、女子サッカーはまだまだ競技人口が多いスポーツとは言えません。

それなのになぜ、日本の女子サッカーは強いのか?

世界を括目させている、なでしこジャパン。

ここでは、

・安藤梢選手
・岩清水梓選手
・岩渕真奈選手
・大儀見優季選手
・大野忍選手
・川澄奈穂美選手
・近賀ゆかり選手
・熊谷紗希選手
・鮫島彩選手
・澤穂希選手
・永里亜紗乃選手
・宮間あや選手(以上、あいうえお順)

以上12名のなでしこの選手たちのジュニア時代の過ごし方、親との関わり方に注目してみました。

・安藤梢選手・岩清水梓選手・岩渕真奈選手→2へ
・大儀見優季選手・大野忍選手・川澄奈穂美選手→3へ
・近賀ゆかり選手・熊谷紗希選手・鮫島彩選手→4へ
・澤穂希選手・永里亜紗乃選手・宮間あや選手(以上、あいうえお順)→5へ

photo:amadeusrecord

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS編集長水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県高崎市出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長。ジュニアサッカー応援歴13年(現役続行中)。刺身で一番好きなのはカツオ。いつか高知の皿鉢料理を食べるのが夢。

先日、我が家のサッカー高校生が、サッカー人生初優勝を飾りました。
都大会優勝もかくやというほどの盛り上がりぶりでした。

10チーム大会、サイトにも載せてない小さな小さな大会ですが、
自力で優勝をつかみ取った子がどのくらい輝くのか、
しっかり見せてもらいました。

これだけ本気で喜ぶ姿を見せてもらえたら、
早朝の弁当作りは苦ではない!
…ということで、今日も5時起き、がんばってます\(^^)/

コメント欄

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] れたことが、大野選手の持ち味に大きく貢献します。 [引用元] 世界トップレベルの実力!なでしこ強さの秘密に迫る!なでしこのジュニア時代の親との関わり方 | ジュニアサッカーNEWS […]

コメント欄

*

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top