ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

コーチコラム

Tagged
サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?<br/>〜プロフィジカルコーチ鎌田豊〜
1283

サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?
〜プロフィジカルコーチ鎌田豊〜

プロフィジカルコーチ鎌田豊さんによる、「サッカーを始めたばかりの子を持つ親が知っておきたい「7つのこと」とは?」をお届けします。 「好きこそものの上手なれ」と言いますが、サッカーが上手になるにはサッカーが好きであること、幼少期に関しては「運動が好きであること」はとても大切な要素ですね。 それには、保護者の接し...
小学生で週5回の練習はムダ。今だに抜けきれない根性論と練習量という神話。
18291

小学生で週5回の練習はムダ。今だに抜けきれない根性論と練習量という神話。

タイトルが少し過激ですが、指導者になって思うことや体験したこと、いろいろと入ってくる情報、僕の経験談なども踏まえて、日本のサッカー界のみならずスポーツ界全体にも言えるかもしれない『根性論と練習量』について最近考えることがあったので書いてみたいと思います。 例えば小学生で平日の5日間が全て練習だったり、1日に長...
サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?~少年サッカー育成ドットコム~
1023

サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?~少年サッカー育成ドットコム~

今回はともパパさん(元・ブラジルにてジュニア・ジュニアユースチームアシスタントコーチ)の「サッカーの一対一の守備で抜かれない方法とは?」をご紹介します。 試合中、一対一の場面になると途端に緊張して固くなってしまうお子さんはいませんか? 焦って飛び込んで逆に抜かれたり・・・ 一対一の守備にはある「コツ」があるそ...
サッカー少年が小学生の間に経験したい「基本的な2つの運動」とは?~プロフィジカルコーチ鎌田豊~
1310

サッカー少年が小学生の間に経験したい「基本的な2つの運動」とは?~プロフィジカルコーチ鎌田豊~

プロフィジカルコーチ鎌田豊さんによる、サッカー少年が小学生の間に経験したい「基本的な2つの運動」とは?をお届けします。 中学生になったら部活に入ろうか?クラブチームに入ろうか?クラブチームならどのチームに入る?? 小学6年生の秋から春にかけては、「中学生になってからのサッカー」がいよいよ現実の物としてイメージ...
サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?
2535

サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?

プロフィジカルコーチ鎌田豊さんによる、「サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは? 」をお届けします。 「フィジカルが大事」 「フィジカルを鍛えよう」 などと、サッカーの現場でもよく聞かれる「フィジカル」というワード。 どうやったら楽しみながら鍛えられるのか?...
「国際バカロレア」について〜FORZA AICHI〜
141

「国際バカロレア」について〜FORZA AICHI〜

全国各地の精力的に情報発信をしている指導者の皆さんの知見やご意見をご紹介する「コーチコラム」です。 今回の寄稿者は、愛知県でサッカースクール・チームを運営されているFORZA INTERNATIONALの田名部代表です。 昨今スポーツでも考える能力が非常に重要視されるようになってきました。そこで今回はアメリカ...
プロクラブの試合を分析する方法「マンチェスター・シティ vs チェルシー」<br/>~レアッシ福岡〜
278

プロクラブの試合を分析する方法「マンチェスター・シティ vs チェルシー」
~レアッシ福岡〜

福岡県のジュニアユースチームレアッシ福岡さんでは、毎週のミーティングの中で「プロクラブの試合分析」をしているのだそうです。 どのようなやり方をしているのでしょうか! 吉廣一仁ディレクターの寄稿をご紹介します。 ↓写真の下から本文が始まります↓ プロクラブの試合分析とは? レアッシ福岡FCでは毎週金曜日12:0...
「自分で気付いて行動する」が成長する一歩。<br/> ~FCアルコイリス(埼玉)~
352

「自分で気付いて行動する」が成長する一歩。
~FCアルコイリス(埼玉)~

今回は、選手が「自分で気づいて行動する」ことの意味について、FCアルコイリス(埼玉)の山野井監督のコラムをご紹介します。 やらされることと、「自分で気づいてやる」ことの違いとは? 家庭でも少し意識してみたいですね。(編集部) ↓写真の下から本文が始まります↓ 「自分で気づいて行動する」とは? 自分の事だけを考...
『育成とは何か』今取り組んでいることは本当に必要なもの!?<br/>~レアッシ福岡〜
516

『育成とは何か』今取り組んでいることは本当に必要なもの!?
~レアッシ福岡〜

今回はレアッシ福岡の吉廣ディレクターによる「育成とは何か」をお送りします。 ジュニア、ジュニアユース年代では特によく耳にする「育成」というフレーズ。 しかし、「何が育成なのか」と問われると漠然としている場合も多いように感じますね。 各チームによって、それぞれ掲げる部分に違いはあると思います。 様々な価値観に触...
「コネクトする姿勢」が生んだパーフェクトゴール〜福大サッカー部監督 乾 真寛〜
486

「コネクトする姿勢」が生んだパーフェクトゴール〜福大サッカー部監督 乾 真寛〜

九州大学サッカーリーグ1部の2019シーズンで優勝し、リーグ3連覇を達成した福岡大学サッカー部の乾 真寛監督からのご寄稿をご紹介します。 勝てば優勝、負ければ1節残して2位後退という大一番を前に、監督が伝えたこととは?(編集部) ↓本文は写真の下から始まります↓ ミーティングで伝えた「Connect」すること...
ドリブルが超上手くなる!?古武術の浮身とは?習得法も解説!~少年サッカー育成ドットコム~
1349

ドリブルが超上手くなる!?古武術の浮身とは?習得法も解説!~少年サッカー育成ドットコム~

今回はともパパさん(元・ブラジルにてジュニア・ジュニアユースチームアシスタントコーチ)からの寄稿で「ドリブルが超上手くなる!古武術の浮身とは?習得法も解説!」をお届けします。 古武術の動きである「浮身」と「沈身」は「予備動作がない」「動きが素早くなる」という二つの特徴があるそうで、この動きを身に着けるとドリブ...
『普段の行いがサッカーに出る』とは?日常のコミュニケーションとサッカーの関係で気づいたこと<br/>~ワンソウル福岡~
347

『普段の行いがサッカーに出る』とは?日常のコミュニケーションとサッカーの関係で気づいたこと
~ワンソウル福岡...

福岡県で活動するジュニア、ジュニアユースチーム「ワンソウル.C福岡」からの寄稿をお届けします。 今回は「日常のコミュニケーション」と「サッカー」の関わりについてです。 「対話力」をあげることに精力的に取り組んでいる同チーム。 ユースとジュニアユースチームメンバーが合同でおこなった「対話の授業」でコーチが気づい...
「集団スポーツの中で個性を発揮する」とは?<br/>~レアッシ福岡〜
207

「集団スポーツの中で個性を発揮する」とは?
~レアッシ福岡〜

福岡県にあるレアッシ福岡からの寄稿をお届けします。 今回は「チーム」と「個人」の関わりについてです。 サッカーという集団スポーツの中で必要とされる選手になるにはどうしたらいいのか、と考える際に大いに参考になるのではないでしょうか。(編集部) ↓写真の下から本文が始まります↓ 集団スポーツの中で個性を発揮する ...
大学サッカーで夢を叶える。福大からW杯へ〜坪井慶介引退に寄せて 福大サッカー部監督 乾 真寛
841

大学サッカーで夢を叶える。福大からW杯へ〜坪井慶介引退に寄せて 福大サッカー部監督 乾 真寛

福岡大学サッカー部からW杯へと駆け上がった男、坪井慶介が引退を迎えた。 彼の大学時代からこれまでを振り返り、「大学サッカーで夢を叶える。」ということについてお話します。 (参照:福大サッカー部公式サイト) 福大サッカー部からW杯選手へと駆け上がった坪井慶介 提供:レノファ山口 93年J創設以来、福大サッカー部...
チームの代表としてPK戦に臨んだ選手達に心からの感謝と賛辞を~リュシオ辰野~
333

チームの代表としてPK戦に臨んだ選手達に心からの感謝と賛辞を~リュシオ辰野~

高校選手県予選、全日本少年サッカー大会予選の真っ只中ですね。 トーナメント戦を戦う上で、避けて通れないのが「PK戦」です。 蹴る方も、止める方も、そして観る方もこれほど胃が痛いプレーはないのではないでしょうか。 PKを蹴る選手にのしかかるプレッシャーは大人であっても子どもであっても、日常生活ではまず直面するこ...
サッカーで視野を広げる方法と練習法!何をどう見れば良い?~少年サッカー育成ドットコム~
1587

サッカーで視野を広げる方法と練習法!何をどう見れば良い?~少年サッカー育成ドットコム~

サッカーの試合中「周りを見ろ!」「クビを振って!」などとよく言われることはありませんか? サッカーでは、「視野が広い」ということは、それだけでとても優位に立てる「スキル」として語られることもあります。 今回はともぱぱさんに「サッカーで視野を広げる方法」そして視野を広くする練習方法、実際何をどう見れば良い?のか...
自主トレについて(ボールタッチ・体幹)〜FORZA AICHI〜
411

自主トレについて(ボールタッチ・体幹)〜FORZA AICHI〜

全国各地の精力的に情報発信をしている指導者の皆さんの知見やご意見をご紹介する「コーチコラム」です。 今回の寄稿者は、愛知県でサッカースクール・チームを運営されているFORZA INTERNATIONALの田名部代表です。 これから寒くなってくると、雨の中で無理に練習したりすると体調を崩しやすい時期になります。...
練習量・練習時間と選手の成長は比例するのか〜レアッシ福岡~
651

練習量・練習時間と選手の成長は比例するのか〜レアッシ福岡~

各地で精力的に情報発信を行なっているチームの指導者さんのコラムを紹介します。 今回は福岡県福岡市でジュニア・ジュニアユースのチームを運営する「レアッシ福岡」の黒沼コーチにご登場いただきます。 レアッシは練習・試合において「短期集中」をモットーにしているそう。 果たしてそれは何故なのか? 練習量・練習時間と選手...
次のゴール確率を7%上げる方法とは?〜ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜
424

次のゴール確率を7%上げる方法とは?〜ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜

アメリカ在住のアメリカ・ユタ州在住、在米8年目utloganさんの寄稿をご紹介します。 utloganさんの息子さんはサッカーの試合でゴールを決めても、あまり派手なパフォーマンスはしない派なんだそうです。 日本でも、小学生の低学年では「クリロナポーズ」をキメる子がいたりもしますが、高学年になるにつれ、地味なパ...
チームの考え方について「ひとり、ひとりが全力を尽くせ」 ~FCアルコイリス(埼玉)~
189

チームの考え方について「ひとり、ひとりが全力を尽くせ」 ~FCアルコイリス(埼玉)~

チームの考え方について「ひとり、ひとりが全力を尽くせ」 俺ひとりぐらい声を出さなくてもと思った瞬間にみんな同じことを思ってると思え。 これは誰のチームでもないお前のチームなんだ。 「熱」を伝えないと人は動かない。 人が動くときはこっちの必死さとか真剣さが伝わったとき。 もっと良くなりたい。 もっと強くなりない...
応援されるサッカー選手になるために~ノザワナFC~
289

応援されるサッカー選手になるために~ノザワナFC~

松本山雅FCでキャプテン、AC長野パルセイロでもキャプテンを過去に務めてきたドバッシーコーチ(現ボアルース長野GM)が、下記をテーマに U9大会の2日間を監督として指導してくれました。 テーマは、、 ❶『応援される選手になるために大切なこと(人間力)』 ❷『プロサッカー選手になるためのテクニックと個人戦術(サ...
ヘッドストールのやり方!サッカーで体幹を使いこなす意味 ~少年サッカー育成ドットコム~
927

ヘッドストールのやり方!サッカーで体幹を使いこなす意味 ~少年サッカー育成ドットコム~

ヘッドストールは、頭にボールを乗せてバランスを取るリフティングの一種です。 その場合、子供たちはサッカーの試合にはあまり役に立たないと思ってほとんどやりません。 でも体幹を正しく使えるようになるという点では、とても効果的な練習です。 そこで今回は、ヘッドストールのやり方とコツ、体幹が使えるようになる意味を解説...
Return Top