ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【数字を読む】日本で一番チーム月謝が少ない県、一番サッカー指導者が足りない県

JFAが発表しているデータボックスには、日本各地のサッカーチーム事情がどうなっているかを読み解く材料が詰まっています。

そのデータボックスを元に、日本でサッカー指導者をやるならどこの県なら参入がしやすいのか、どの県での就職が大変そうなのかを考えてみました。

一番高い月謝が見込める県はどこなのか?

サッカー選手登録数をチーム数で割って算定します。
1チーム当たりの人数が多いほど、集める月謝が高額になることが予想されます。
※ほぼボランティアで運営している地域チームも含みますので、一概に人数の多さ=月謝の高さになるわけではありません。あくまで数値上の話であることをご了承ください。

都道府県
1チーム当たりの選手数(人)
1位 東京 41.0
2位 千葉 39.3
3位 愛知 38.2
4位 静岡 35.6
5位 兵庫 34.3
6位 滋賀 33.7
7位 香川 33.5
8位 埼玉 33.4
9位 大阪 32.9
10位 茨城 32.9
11位 熊本 32.7
12位 島根 32.5
13位 山梨 32.4
14位 広島 32.0
15位 京都 31.9
16位 福岡 31.8
17位 石川 31.6
18位 長崎 30.9
19位 栃木 30.5
20位 三重 30.5
21位 佐賀 30.4
22位 奈良 30.3
23位 富山 30.1
24位 山形 29.5
25位 岐阜 29.5
26位 沖縄 29.3
27位 岡山 29.3
28位 愛媛 28.9
29位 福井 28.9
30位 群馬 28.7
31位 山口 28.7
32位 神奈川 28.6
33位 大分 28.5
34位 新潟 28.4
35位 宮城 28.2
36位 秋田 28.0
37位 長野 27.7
38位 宮崎 27.5
39位 福島 27.3
40位 岩手 27.1
41位 青森 27.0
42位 北海道 26.4
43位 鳥取 26.3
44位 和歌山 26.2
45位 徳島 25.6
46位 鹿児島 25.6
47位 高知 25.1

日本で一番の人口集中地域である東京を筆頭に、大都市が生徒を集めやすいという結果になりました。

東京、千葉など人口密度が高い県が生徒を集めやすいだろうというのはみなさまの予想通りかと思われます。この数値に人口密度(人口密度が高いほど、生徒を集めやすくなる)を掛け合わせると、北海道がワーストになります。

ところが。

ここには大きな「第3の要素」が欠けているのです。

第3の要素とは、「1チーム当たりの指導者数」です。

1チーム当たりの指導者数をこの表に当てはめて考えてみたとき、一体いくらの月謝なら専任指導者を雇えるのか、ということが見えてきます。そして、日本サッカーを支えているのが「副業指導者」の存在だ、ということも。

どうぞ続きをお読みください。

続きはこちら(外部サイトに飛びます)

関連記事

令和元(2019)年度卒団・卒部 サッカーチームの「贈る言葉・送られる言葉」集

新型コロナウイルス拡大による各地サッカー大会の中止・延期・無観客試合速報【情報更新中】

休校中は公園に行ってもいいの?サッカーの練習は?(文部科学省Q&Aより)【コロナウィルス対策】

進路について考えてみよう!

2020年度 セレクション・体験会・募集情報記事まとめ【全国一覧】
【強豪チーム(ジュニア)に入りたい!】セレクション・練習会情報更新中!公式戦 都道府県ベスト8【2020年度進路情報】
【心機一転!?】小学生年代でサッカーチームを移籍させるメリットとデメリット
部活とクラブチームのメリット・デメリットとは?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路
【U-15強豪チーム&私立中学に入りたい!】2020年度進路情報・2019年度の強豪チーム&中学一覧
【シリーズまとめ読み!】先輩保護者に聞く中学からのチームの選び方総集編
【高校サッカー強豪校に入りたい!】進路情報更新中!選手権&インハイ&新人戦 都道府県ベスト8【2020年度進路情報】
【2020中学生のサッカー進路】全国高校選手権に出場した選手の出身チーム一覧【47都道府県・男女】

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴14年。

第98回高校サッカー選手権予選を最後に息子が引退。
高3の11月から受験生になりました。
高校2年生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「たったの2か月でセンター爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top