ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

高校サッカー選手権特集 vol.3【高校サッカー選手権の漫画特集】

皆さんは、「サッカー漫画」というとどんなものを思い浮かべますか?サッカーの漫画と言えば王道は「キャプテン翼」。小さい頃に読んだ、親や友達に勧められて読んだ、という人も多いかと思います。しかし、キャプテン翼は主人公の翼くんが中学卒業と同時にブラジルに渡ってしまうため、作品中で高校サッカー選手権を始めとする高校サッカーについてはほとんど扱いがありません。

今回は、高校サッカー選手権を扱っている漫画をいくつかご紹介させていただきます。

高校サッカー選手権特集 バックナンバー
vol.1 日程特集
vol.2 歴代優勝校特集
vol.3 高校サッカー選手権の漫画特集
vol.4 応援歌(イメージソング)特集
vol.5 このユニフォームはいつのでしょう?
vol.6 インハイ出場校と選手権出場校
vol.7 歴代応援マネージャー特集
vol.8 2018注目選手!インハイから気になってました!
vol.9 高校サッカー選手権に出場したSAMURAI BLUE!
vol.10 縁の下の力持ち⁉マネージャーの謎に迫る!
vol.11 PRINCE OF 選手権!イケメン特集
vol.12 高校サッカー選手権特集・全部まとめて一気読み!

高校サッカー選手権の漫画

高校サッカー部にとって最後の公式戦であり、全国の頂点を決める大会、高校サッカー選手権。日本中の高校サッカー部がこの大会での優勝を目指して日々がんばっているのではないでしょうか。
3年間をかけて、さまざまな経験や挫折を繰り返しながら成長していく姿、仲間とともにひたむきに努力する姿は多くの人の心に訴え、漫画作品にも多く取り上げられています。

シュート

(大島司 1990年~2003年 週刊少年マガジン連載)
おそらく、一番有名な高校サッカーをテーマにした漫画だと思います。アニメ化・アニメ映画化もされ、実写版ではSMAPが主演しました。

主人公、田仲俊彦の成長を描いているのですが、主人公の心理描写が描かれる場面やストーリーが多く、主人公の田仲が影響されるキャラクターが前面に出てきて、まるで主人公が変わっているかのような錯覚を受けることが多いです。「ゴールトゥゴール」をして倒れる久保嘉晴は作品序盤、確実に主人公より有名だったと思います(笑)

選手権ももちろん作中で出てきます。主人公が高校1年次と2年次とそれぞれ予選から全国大会まで勝ち上がっていく大変さも伝わってくる作品です。

エリアの騎士

(原作 伊賀大晃 作画 月山可也 2006年~2017年 週刊少年マガジン連載)
こちらは昨年まで連載されており、比較的最近のものなのですが、後半はJクラブや五輪代表の話が多かったので、高校サッカーを扱っている場面はちょっと前になるかと思います。

主人公、逢沢 駆とそのお兄さんが交通事故に巻き込まれて、お兄さんは亡くなり、主人公は瀕死の重傷を負います。お兄さんの心臓を主人公に移植され、天才と言われたお兄さんとまさしく一心同体で歩んでいく、というストーリーになります。

主人公の進学した高校のサッカー部がFC(フットボールクラブ)とSC(サッカークラブ)に別れているという、ちょっと変わった学校で公式戦に出場するために学内で両クラブが争っていたものが、1つになり、全国制覇を目指していきます。こちらの作品もアニメ化されてます。

DAYS

(安田剛士 2013年~ 週刊少年マガジン連載中)
現在連載中の人気の漫画です。ノンフィクションというわけではないですが、先の二つに比べリアル路線だと思います。

中学校ではいじめられっ子で友達もほとんどいなかった主人公の柄本つくしがサッカーの天才、風間陣と出会い、風間から誘われたフットサルで必死に友達のために走り、友達と一緒にプレイをする楽しさを知って、チームプレイであるサッカーの魅力に惹かれていくストーリーです。

純朴で不器用で、一生懸命に取り組む姿に読者も惹かれてしまいます。こちらもアニメ化はもちろん、Webラジオにもなってます。

オフサイド

( 塀内夏子 1987年~1992年 週刊少年マガジン連載)
「シュート」が連載開始されるまで、こちらが「王道」といった感じのサッカー漫画でした。主人公の熊谷五郎は恵まれた身体とセンスをもつGKだったが、中学校のサッカー部は弱小校でいつも負けてました。もっと周りもうまい高校へ行くべき!と幼馴染の渚の勧めもあってサッカーの名門校へ受験することにします。

しかし、受験当日、アクシデントで試験を受けることができず、二次募集で名門校の向かいにある高校を受験し入学することになりました。そこには、中学最後に戦った、うまい印象の残った2名がいました。ここから全国大会を目指して、物語が始まっていきます。その後、主人公の五郎はフィールドプレーヤーに転向し、更なる成長をしていく、というストーリーです。

主人公の成長を追いかけていくストーリーなので、選手権も1年~3年次まで3回とも作中で出てきます。

サッカー漫画についてはこちらにも特集があります!
正統派からちょっと変わったものまで・・高校サッカーをテーマにした漫画特集!(インハイ特集Vol.3)

最後に

「高校サッカー選手権特集 vol.3」はいかがでしたか?
作品を読むことで自身の経験や青春の1ページを振り返ったり、頑張ろうという日々の活力に繋げることができたなら幸いです。
困難にも諦めず立ち向かう姿、仲間とぶつかりながらも目標に向かって一つになっていく姿…つい応援したくなってしまいますね。

次回、Vol.4は「応援歌」特集をお届けします!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriteryuzu
「G」のゴール裏でよく応援してます。アウェイにもよく出没してます。
最近は膝を怪我して、跳べませんが・・治してまだまだ跳びたいと思ってます。

よろしくお願いいたします。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top