ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 JA全農杯チビリンピック 和歌山北予選 優勝はSC和歌山ヴィーヴォまつえ!

2022年12月3日(土)、4日(日)に行われたJA全農杯チビリンピック 小学生8人制サッカー大会 和歌山北予選の情報をお知らせします。

優勝の栄冠に輝いたのは、SC和歌山ヴィーヴォまつえでした。昨年度に続く2連覇おめでとうございます!
SC和歌山ヴィーヴォまつえは2/5に橋本運動公園 多目的グラウンドにて行われるJA全農杯 全国小学生選抜サッカーin 関西(チビリンピック) 和歌山県大会に出場します。県大会でもご活躍をお祈りしています。

2022年度 大会結果詳細

優勝:SC和歌山ヴィーヴォまつえ
準優勝:八幡台JSC
第3位:楠見JSC

※チーム名をクリックしていただくと、チーム情報がご覧いただけます。

決勝トーナメント 12/4

決勝
八幡台 0-7 ヴィーヴォ

3位決定戦
楠見 1-0 木ノ本

準決勝
楠見 0-3 八幡台
ヴィーヴォ 6-0 木ノ本

参照:八幡台Instagram木ノ本Instagram楠見Instagram

試合の様子(参照:木ノ本Instagram楠見Instagram

準優勝の八幡台JSCの皆さん(参照:八幡台Instagram

第3位の楠見JSCの皆さん(参照:楠見Instagram

予選リーグ 12/3 各グループ上位2チームが決勝トーナメント進出

Aブロック(仮)
1位:楠見2位:木ノ本西脇Lista

木ノ本 2-2 西脇
木ノ本 1-0 Lista
木ノ本 1-2 楠見
楠見 0-0 Lista
楠見 4-0 西脇

参照:木ノ本Instagram楠見Instagram

Bブロック(仮)
1位:ヴィーヴォ2位:八幡台、3位:紀伊

八幡台 0-9 ヴィーヴォ
八幡台 3-0 紀伊
ヴィーヴォ - 紀伊

参照:八幡台Instagram

未判明分はコメント欄みんなの速報速報掲示板などより1試合から情報提供お待ちしています!

情報提供のご協力ありがとうございました。今後も大会情報、トレセン情報などお待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

■まとめ記事
2022年度U-11チビリンピック/全農杯(新人戦)まとめ【47都道府県別】
JA全農杯チビリンピック小学生8人サッカー大会をもっと楽しむ方法 (2019年度版)

■上位大会
2022年度 JA全農杯 全国小学生選抜サッカーin 関西(チビリンピック) 和歌山県大会 2023/2/5

小学生:読まれている記事ランキング

2022年度 サッカーカレンダー【和歌山県】年間スケジュール一覧

2022年度 和歌山県リーグ戦表一覧

2022年度 JA全農杯チビリンピック 小学生8人制サッカー大会 和歌山北予選

<日程>

2022年12月3日(土)、4日(日)

<会場>

分かり次第更新します。情報提供お待ちしています。

<大会概要>

チビリンピックとは
・JA全農が特別協賛する大会で、「少年サッカーの発展と育成を目指し、かつ交流を図るとともに8人制サッカーの底辺拡大につとめる」ことを目的とし、毎年10月から4月にかけて全国9地区で地区大会が、5月に全国大会が行われます。
1ピリオド12分の3ピリオド制で行われ、第1ピリオドと第2ピリオドでは出場選手を総替えするというルールがあり、多くの選手に出場のチャンスが与えられます。関西では小学4年生以下の大会として長らく行われていましたが、2017年度より小学5年生以下の大会として開催されています。

昨年度までの情報および判明分の情報を元に掲載しています。今年度の情報提供お待ちしています。

和歌山県内の地域ごとの最新情報はこちら
和歌山少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>
優勝:SC和歌山ヴィーヴォ
準優勝:ルターマユナイテッド
第3位:紀伊JFC
結果詳細はこちら

<2020年度>
優勝:ルターマユナイテッド
準優勝:SC和歌山ヴィーヴォ
第3位:紀伊JFC
結果詳細はこちら

<2019年度>
優勝:SC和歌山ヴィーヴォ
準優勝:八幡台JSC
第3位:西脇JFC、西脇JFC
結果詳細はこちら

最後に

出場チームの皆さん、応援・関係者の皆さん、お疲れさまでした。
チームの総力が問われる戦いとなるチビリンピック。
たくさんの戦いを通じて見えてきた自分たちのストロングポイントやウィークポイントもあったのではないでしょうか。
この経験を生かして、また次の新人戦に向けて頑張ってくださいね。応援しています!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriter/関西エリア責任者kozaru
1976年10月生まれのてんびん座B型。
大学卒業後、ソフトウェア業界にてプログラマー、システムエンジニアを務めるが、2004年出産を機に退職し子育てに専念。
子供がサッカーを始めたのをきっかけにジュニアサッカーNEWSを知り、ユーザーからライターに応募。2016年1月よりジュニアサッカーNEWSライターとして働き始める。
兵庫、和歌山担当を経て2019年3月より関西エリア責任者を務める。(兵庫2種・3種、和歌山の担当も兼任)

二男一女の母です。
「ひたむきに、まっすぐ、楽しみながら」がモットーです。
幼少期から転勤・転校が多かったため方言バイリンガル。
中学時代はソフトボール部で全中スタッフを体験。優勝チームのピッチャーに惚れこみファンレターを送ったことも。
今でもスポーツは観るのもするのも大好きです。
無観客から有観客の試合も増えてきて、現地での臨場感や一体感に幸せを噛みしめています。

がむしゃらに頑張る姿も、空を見上げてぼーっとする時間も、失敗して落ち込む憂鬱も、仲間とふざけている笑顔も、みんな違ってみんないい。
大会の空気感やチームや選手たちの思いまで、記事にのせることができたらいいな、と日々試行錯誤しています。
いただくコメントや情報のひとつひとつにも、皆さまの思いを感じてとても嬉しいです!これからもともに楽しんでいきましょう♪

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top