ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2020年度 JA全農杯チビリンピック 小学生8人制サッカー大会 和歌山北予選 優勝はルターマユナイテッド!

2020年12月6日(日)に行われたJA全農杯チビリンピック 小学生8人制サッカー大会 和歌山北予選の情報をお知らせします。
たくさんの情報提供ありがとうございます。

優勝の栄冠に輝いたのは、ルターマユナイテッドでした。おめでとうございます!
準決勝の楠見JSC戦では先制されるも逆転勝利、決勝のSC和歌山ヴィーヴォ戦では互いに譲らずドローのまま迎えた第3ピリオドに待望の先制点!これをしっかりと守り切っての勝利でした。
1点を争う苦しい試合を一戦一戦粘り強く戦い、チーム史上初となる悲願のブロック優勝で県大会出場を決めました。
3位決定戦も白熱の接戦となりましたが、紀伊JFCが競り勝ちました。

ルターマユナイテッドは1/31に橋本運動公園 多目的グラウンドにて行われるJA 全農杯 全国小学生選抜サッカーin 関西(チビリンピック)和歌山県大会に出場します。県大会でもルターマ魂を発揮してご活躍をお祈りしています!

チーム史上初の優勝・県大会出場を決めたルターマユナイテッドの皆さん(参照:ルターマユナイテッドFB

2020年度 大会結果詳細

優勝:ルターマユナイテッド
準優勝:SC和歌山ヴィーヴォ
第3位:紀伊JFC

決勝トーナメント 12月6日(日)

決勝
ルターマ 1-0 ヴィーヴォ

3位決定戦
楠見 3-4 紀伊

準決勝
ルターマ 2-1 楠見
ヴィーヴォ 6-0 紀伊

参照:ルターマFB紀伊HP

試合の様子(参照:ルターマFB

3位入賞を決めた紀伊JFCの皆さん(参照:紀伊FB

予選リーグ 12月5日(土)

Aブロック リーグ戦表 (1位:ルターマユナイテッド2位:紀伊JFC、3位:八幡台JSC
Bブロック
 リーグ戦表 (1位:SC和歌山ヴィーヴォ2位:楠見JSC3位:木ノ本JSC、4位:西脇JFC

参照:ルターマFB

たくさんの情報提供ありがとうございました。
情報の提供はこちらから
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

■まとめ記事
【2020年度U-11チビリンピック(新人戦)まとめ】2021年5月の全国大会をめざせ!【47都道府県別】
JA全農杯チビリンピック小学生8人サッカー大会をもっと楽しむ方法 (2019年度版)

■上位大会
JA全農杯チビリンピック2021 小学生8人制サッカー大会 全国決勝大会 Coming soon!
2020年度 JA全農杯 全国小学生選抜サッカー in関西(チビリンピック) Coming soon!
2020年度 JA 全農杯 全国小学生選抜サッカーin 関西(チビリンピック)和歌山県大会

和歌山情報
和歌山県の強豪チーム・学校情報(4種~2種)
勉強と部活の両立を実現!近大和歌山 偏差値70集団、サッカー特待無しで全国に挑める理由

■その他(小学生)

2020年度 サッカーカレンダー【和歌山県】年間スケジュール一覧

2020年度 和歌山県リーグ戦表一覧

2020-2021【和歌山県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ

2020年度 JA全農杯チビリンピック 小学生8人制サッカー大会 和歌山北予選

<日程>

2020年12月6日(日)

<会場>

分かり次第更新します。

<大会概要>

チビリンピックとは
・JA全農が特別協賛する大会で、「少年サッカーの発展と育成を目指し、かつ交流を図るとともに8人制サッカーの底辺拡大につとめる」ことを目的とし、毎年10月から4月にかけて全国9地区で地区大会が、5月に全国大会が行われます。
1ピリオド12分の3ピリオド制で行われ、第1ピリオドと第2ピリオドでは出場選手を総替えするというルールがあり、多くの選手に出場のチャンスが与えられます。関西では小学4年生以下の大会として長らく行われていましたが、2017年度より小学5年生以下の大会として開催されています。

昨年度の情報を元に掲載しています。今年度情報提供お待ちしています!

和歌山県内の地域ごとの最新情報はこちら
和歌山少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2019年度>
優勝:SC和歌山ヴィーヴォ
準優勝:八幡台JSC
第3位:西脇JFC、西脇JFC
結果詳細はこちら

<2018年度>
優勝:SC和歌山VIVO
準優勝:ルターマユナイテッド
第3位:楠見JSC、西脇JFC
結果詳細はこちら

<2017年度>
優勝:紀伊JFC
結果詳細はこちら

最後に

出場チームの皆さん、応援・関係者の皆さん、お疲れさまでした。
第1ピリオドと第2ピリオドで選手を総入れ替えという特別ルールゆえに、チームの総力が問われるチビリンピック。
いつもとは違った経験もたくさんできたことと思います。
これからもチームの仲間と切磋琢磨しあってがんばってくださいね。お互いがお互いの力となりますように!

画像参照:ルターマユナイテッドFB
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriter/関西エリア責任者kozaru
2016年1月入社。
兵庫、和歌山担当を経て2019年3月より関西エリア責任者、2020年3月より関西・東海エリア責任者を務める。

二男一女の母です。
長男が高校生になり、サッカー部に入部するのを楽しみにしていたところの新型コロナ…合格祝いに用意したオリンピックサッカー決勝チケットも微妙な感じに💦
コーヒー、スイーツ、本をお供にサッカー観戦に行くのが何より楽しみです。
芝生が恋しい~!早く新型コロナの猛威、そして子供たちの反抗期が落ち着いてくれることを切に願っています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top