ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2021年度 JリーグU-14 ボルケーノリーグ(東海)5/9結果速報をお待ちしています!

5月4日(木祝)から行われる「2021年度 JリーグU-14 ボルケーノリーグ(東海)」の情報をお知らせします。

5月5日(水祝)は雨天中止となりました。(ジュビロ磐田 vs FC岐阜)
参照:ジュビロ磐田

2021年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

リーグ戦績表

結果を試合会場から入力できる、リーグ戦績表を作成しました。他の会場の結果もわかります。
1試合から結果を入れていただけます。PC・スマホからでもご自由に入力してください!

ボルケーノリーグ 5/4結果入力ありがとうございます!

アスルクラロ沼津清水エスパルス、清水エスパルスSS選抜、ジュビロ磐田名古屋グランパスFC岐阜

リーグ戦績表 ◀クリックしてみてね

5月4日現在確定している試合は3試合です。
5/4(火・祝)▽蛇塚北G
12:20 清水エスパルスSS選抜 3-2 アスルクラロ沼津U15

5/5(水・祝)▽美並まん真ん中グラウンド(情報をお寄せいただきました)
13:00 ジュビロ磐田U-15 - FC岐阜

5/9(日)▽上大之郷G
14:00 ジュビロ磐田U-15 - 清水エスパルスSS選抜

5/16(日)
▽セレステ
11:30 アスルクラロ沼津U15 - FC岐阜
▽上大之郷G
14:30 ジュビロ磐田U-15 - 清水エスパルスジュニアユース

5/22(土)▽鈴与三保G
14:00 清水エスパルスジュニアユース - 清水エスパルスSS選抜

5/29(土)▽鈴与三保G
14:00 清水エスパルスジュニアユース - アスルクラロ沼津U15

参照:Jリーグ.jp

関連記事

2021 Jリーグ U-14情報
◆2021 Jリーグ U-14 ポラリスリーグ 【北海道/東北/北信越】
◆2021 Jリーグ U-14 メトロポリタンリーグ【関東】
2021 Jリーグ U-14 サザンクロスリーグA【中国四国】
2021 Jリーグ U-14 サザンクロスリーグB【九州】
U-15東海情報
【2021年度リーグを網羅!】高円宮杯 ユースU-15 サッカーリーグ【47都道府県一覧】
2021年度 高円宮杯 JFA U-15 サッカーリーグ東海
・2021年度 パロマカップ 第35回日本クラブユースサッカー選手権U-15 東海大会
おすすめ
中学生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2021年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2021年度 JリーグU-14 ボルケーノリーグ(東海)

<日程>

2021年5月4日(木祝)〜
(JリーグU-14は2021年3月~2021年12月)

<会場>

蛇塚北G、ジュビロ上大之郷グラウンド 他

<大会概要>

主催
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ

試合方式
<試合方式および勝敗の決定>
70分間(前後半各35分)の試合を行い、勝敗が決しない場合は引き分けとする。
<勝点>
勝利:3点、引き分け:1点、敗戦:0点
<順位の決定方法>
全日程が終了した時点で、勝点合計の多いチームを上位とし、順位を決定する。
但し、勝点が同じ場合は、以下の順によって順位を決定する。
(1) 得失点差
(2) 総得点数
(3) 当該チーム間の対戦成績(イ:勝点、ロ:得失点差、ハ:総得点数)
(4) 抽選
※新型コロナウイルスの影響により全日程を終了することが困難な場合には、順位決定を行わない
<各試合におけるMVP選出方法>
各試合が終了した時点で、MVP1名を敗戦チームの監督が勝利チームより選出し、MIP1名を勝利チームの監督が敗戦チームより選出。
ただし、引き分けの場合は両チームの監督が相手チームよりMIPを1名ずつ選出する。
MVP:2ポイント、MIP:1ポイント

参照:Jリーグ.jp

参加チーム

<ボルケーノリーグ 6チーム>
アスルクラロ沼津清水エスパルス、清水エスパルスSS選抜、ジュビロ磐田名古屋グランパスFC岐阜

地域ごとの最新情報はこちら

全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2020年度>
新型コロナウイルスの影響により全日程を終了することが困難なため、順位決定を行わない
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2019年度>
優勝 :名古屋グランパスU15
準優勝:ジュビロ磐田U-15
第3位:清水エスパルス
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
1位:名古屋グランパスU15
2位:清水エスパルスジュニアユース
3位:ジュビロ磐田U-15
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2017年度>
優勝 :ジュビロ磐田U-15
準優勝:清水エスパルスジュニアユース
第3位:名古屋グランパスU15
参照サイト:Jリーグ.jp日本プロサッカーリーグ

<2016年度>
優勝 :清水エスパルスジュニアユース
準優勝:名古屋グランパスU15
第3位:ジュビロ磐田U-15
参照サイト:Jリーグ.jp日本プロサッカーリーグ

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存知の方はぜひ情報提供おまちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身、岐阜県在住。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始めました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子も今年6年生。
泣き虫で小柄な息子でしたが、心も身体も随分たくましくなりました。

昨年は大変な1年でした。今年は穏やかな日常が戻ってきますよう、お祈りいたします。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top