ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【男子編】高校サッカー部でスタメンになるのが一番難しい県は?盛んな県は?人気度は?


女子編に続き、令和元年度に全国高等学校体育連盟から発表された加盟・登録状況のデータから、高校サッカー部における試合出場難易度が一番高い県、一番盛んな県、一番人気がある県をランキングいたしました。

「ふむふむ、やっぱり!」、「えっ、意外な結果!」など高校サッカーのトレンドがデータにより明らかになりました。

↓本文は写真の下から始まります↓

~CONTENTS~
高校サッカー部が一番多いのは…
高校サッカー部でスタメンになるのが一番難しいのは…
高校サッカー部が一番盛ん&人気があるのは…
高校サッカー部が一番盛んなのは…
高校サッカー部が一番人気あるのは…

高校サッカー部が一番多いのは…

そもそも、各都道府県にサッカー部がある高校は何校あるのでしょうか?
地域ごと(地域の学校数/プリンスリーグ参加チーム数)に一覧表を作成しました。

【サッカー部がある高校数】

地域 県名 校数 県名 校数 県名 校数 県名 校数
北海道(200/8) 北海道 200
東北(326/10) 青森 54 秋田 32 岩手 53 宮城 71
山形 45 福島 71
北信越(281/10) 新潟 83 富山 44 石川 40 福井 29
長野 85
関東(1,218/10) 茨城 109 栃木 66 群馬 65 埼玉 199
千葉 174 東京 341 神奈川 228 山梨 36
東海(434/10) 静岡 125 愛知 194 岐阜 59 三重 56
関西(620/10) 滋賀 56 京都 78 大阪 235 兵庫 178
奈良 39 和歌山 34
中国(281/10) 広島 106 岡山 73 山口 46 鳥取 22
島根 34
四国(152/10) 徳島 29 香川 38 愛媛 49 高知 36
九州(526/10) 福岡 133 佐賀 43 長崎 57 熊本 62
大分 41 宮崎 46 鹿児島 78 沖縄 66


最もサッカー部がある学校が多いのは、東京都(341校)でした。全国高校サッカー選手権大会へは、東京都から2校出場することができます。都道府県代表として出場する難易度が一番高いのは大阪府(235校)で、神奈川県(228校)、北海道(200校)も200校以上あります。一番少ないのは鳥取県(22校)で、東京都の約1/15ほどでした。

また、インターハイは開催県は2校出場することができます。現在、FCバルセロナBで活躍してる日本代表の安部裕葵選手は、インターハイで活躍してスカウトの目に留まる事を目指して出身地の東京ではなく瀬戸内(広島県)へ進学し、大会優秀選手に選出されたことがきっかけで鹿島アントラーズへの入団を果たしています。

地域ごとの高円宮プリンスリーグに参入可能な学校数の割合を算出すると、一番ハードルが高いのは関東プリンスリーグ(0.82%)、次いで関西プリンスリーグ(1.61%)、九州プリンスリーグ(1.90%)、東海プリンスリーグ(2.30%)、東北プリンスリーグ(3.07%)、北信越プリンスリーグ中国プリンスリーグ(3.56%)、北海道プリンスリーグ(4.00%)、四国プリンスリーグ(6.58%)の順になりました。実際にはユースチームもリーグに参加していますので、さらに狭き門になっています。

高校サッカー部でスタメンになるのが一番難しいのは…

スタメンとして試合に出られる難易度を計るために指標として、各都道府県の高校サッカー部員数を高校サッカー部校数で割って、1校当たりの部員数を算出しました。さらに、1校当たりの部員数を11で割って、ひとつのポジションを何人で争うかを算出しました。

【出場難易度ランキング】

順位 都道府県名 1校当りの部員(人) ポジション争い(人)
第1 静岡 53.05 4.82
2位 埼玉 52.74 4.79
3位 熊本 52.50 4.77
4位 山梨 50.86 4.62
5位 千葉 49.66 4.51
6位 福岡 47.26 4.30
7位 愛知 46.69 4.24
8位 京都 44.97 4.09
9位 滋賀 43.91 3.99
10位 群馬 43.72 3.97
11位 宮崎 43.57 3.96
12位 三重 43.16 3.92
13位 石川 43.05 3.91
14位 長崎 42.30 3.85
15位 神奈川 42.24 3.84
16位 奈良 40.87 3.72
17位 山口 40.61 3.69
18位 大分 40.56 3.69
19位 栃木 39.83 3.62
20位 兵庫 39.61 3.60
21位 香川 39.39 3.58
22位 茨城 39.15 3.56
23位 佐賀 39.07 3.55
24位 宮城 39.04 3.55
25位 鳥取 38.91 3.54
26位 山形 38.69 3.52
27位 岐阜 38.36 3.49
28位 大阪 37.74 3.43
29位 愛媛 37.73 3.43
30位 広島 37.20 3.38
31位 長野 36.73 3.34
32位 福井 36.59 3.33
33位 東京 36.30 3.30
34位 富山 35.75 3.25
35位 島根 35.74 3.25
36位 鹿児島 34.00 3.09
37位 岡山 33.34 3.03
38位 新潟 33.33 3.03
39位 沖縄 33.06 3.01
40位 和歌山 31.71 2.88
41位 北海道 30.81 2.80
42位 徳島 30.69 2.79
43位 福島 30.63 2.78
44位 岩手 29.40 2.67
45位 青森 29.39 2.67
46位 秋田 27.09 2.46
47位 高知 26.78 2.43


第1位はサッカー王国として名を馳せる静岡県(53.05人/4.82人)でした。第98回全日本高等学校サッカー選手権大会 全国大会静岡学園が優勝を果たしたのも記憶に新しいかと思います。選手権97・98回大会における部員数ランキングでは、東福岡(305人/27.72人)、興國(267人/24.27人)に次いで257人もの部員がいるため、ひとつのポジションを23.36人で争わなければなりません。

埼玉県(52.74人/4.79人)、熊本県(52.50人/4.77人)、山梨県(50.86人/4.62人)も1校当たり50人以上の部員がいる大所帯ですが、高知県(26.78人/2.43人)、秋田県(27.09人/2.46人)、青森県(29.39人/2.67人)、岩手県(29.40人/2.67人)は1校当たり30人以下で、学年ごとでは11人揃わないサッカー部もあるかもしれません。そんな中、青森山田には185人もの部員がいて、他校とは一線を画しています。

第9798回全国高校サッカー選手権大会 選手名鑑より)

高校サッカー部が一番盛ん&人気があるのは……

サッカー部の盛ん度と人気度の相関関係をグラフ化しました。
右上に行けば行くほどサッカー熱が高く、左下に行くほど低い結果になります。

【盛ん度と人気度の相関図】

サッカー熱が盛んで人気がある都道府県は、人気度に一番因っているのは千葉県、盛ん度に一番因っているのは静岡県でした。インターハイ優勝回数でも、千葉県は、市立船橋9回、流通経済大柏2回、習志野1回、八千代1回を合わせて13回と一番多く、静岡県も、清水市商(現 清水桜が丘)4回、清水東4回、藤枝東2回、浜名2回を合わせて12回と千葉県に次いでおり、高校サッカーを牽引している2県です。

埼玉県もサッカー強豪校が集中している県であり、戦後の選手権では市立浦和4回、浦和3回、浦和南3回、武南1回、浦和西1回の合計12回の優勝を誇ります。最近では、ULTIMA FOOTBALL LEAGUEに参加している昌平高校もインターハイや選手権で上位に食い込んでいます。

盛ん度&人気度が一番低いグループの、秋田県鳥取県岩手県岐阜県にも選りすぐりの強豪校がありますので、そういった強豪校に引っぱられる形で底上げがなされるといいですね。

歴代優勝校・最多優勝校データで楽しむインターハイ/高校総体インターハイ

ランキング1位はあの2校!高校サッカー選手権特集 歴代優勝回数 ランキング!

高校サッカー部が一番盛んなのは……

相関図に使用したサッカー部の盛ん度は、サッカー部のある高校数を全ての高校数で割って、都道府県の規模に対する割合を算出しました。

【高校サッカー部盛ん度ランキング】

順位 都道府県名 盛ん度(%)
第1位 滋賀 10.18
2位 静岡 10.11
3位 埼玉 10.03
4位 東京 9.93
5位 長崎 9.88
6位 京都 9.73
7位 佐賀 9.64
8位 鹿児島 9.43
9位 大阪 9.43
10位 沖縄 9.40
11位 千葉 9.35
12位 福岡 9.30
13位 神奈川 9.28
14位 広島 9.26
15位 北海道 9.25
16位 岡山 9.23
17位 兵庫 9.21
18位 栃木 9.18
19位 島根 9.14
20位 茨城 9.09
21位 福井 8.98
22位 奈良 8.80
23位 新潟 8.74
24位 長野 8.67
25位 富山 8.66
26位 宮崎 8.65
27位 徳島 8.50
28位 愛知 8.49
29位 大分 8.37
30位 和歌山 8.29
31位 香川 8.28
32位 山梨 8.24
33位 熊本 8.20
34位 福島 8.16
35位 群馬 8.13
36位 三重 8.10
37位 高知 8.04
38位 山形 8.01
39位 青森 7.96
40位 愛媛 7.92
41位 岩手 7.73
42位 宮城 7.67
43位 岐阜 7.58
44位 石川 7.56
45位 山口 7.55
46位 秋田 7.22
47位 鳥取 6.04


一番サッカー部が盛んな県は滋賀県(10.18%)という結果になりました。
静岡県(10.11%)や埼玉県(10.03%)を上まわっています。

滋賀県は、現在Jリーグのチームがない8県(福井、滋賀、三重、和歌山、奈良、島根、高知、宮崎)のうちの一つではありますが、元日本代表の井原正巳選手をはじめとした多くのサッカー選手を輩出しています。特に乾貴士選手が在籍時の野洲高校は、華麗なプレースタイルからセクシーフットボールの異名をとり、第84回全国高校サッカー選手権大会で優勝を成し遂げています。また、ピピの愛称で知られるレアルマドリードの下部組織所属の中井卓大選手も滋賀県出身です。

東京都(9.93%)と長崎県(9.88%)は、選手権最多優勝回数6回で一世を風靡した帝京国見の存在が大きいのではないでしょうか。

高校サッカー部が一番人気があるのは……

相関図に使用したサッカー部の人気度は、サッカー部員数を全ての体育会系部員数で割って、都道府県の規模に対する割合を算出しました。

【高校サッカー部人気度ランキング】

順位 都道府県名 人気度(%)
第1位 千葉 25.39
2位 沖縄 24.66
3位 静岡 24.58
4位 佐賀 24.49
5位 熊本 24.32
6位 埼玉 24.26
7位 宮崎 24.20
8位 山梨 24.10
9位 京都 24.04
10位 茨城 23.66
11位 東京 23.34
12位 大阪 22.93
13位 福岡 22.87
14位 滋賀 22.63
15位 島根 22.46
16位 栃木 21.94
17位 群馬 21.84
18位 大分 21.82
19位 神奈川 21.80
20位 鹿児島 21.78
21位 香川 21.22
22位 広島 21.21
23位 長崎 21.09
24位 高知 20.92
25位 北海道 20.90
26位 長野 20.77
27位 岡山 20.31
28位 和歌山 20.13
29位 山口 20.10
30位 山形 20.01
31位 兵庫 19.96
32位 富山 19.55
33位 三重 19.52
34位 鳥取 19.48
35位 愛媛 19.31
36位 石川 19.29
37位 新潟 19.22
38位 奈良 18.94
39位 徳島 18.55
40位 福井 18.04
41位 宮城 17.87
42位 青森 17.75
43位 愛知 16.71
44位 福島 16.46
45位 岐阜 15.94
46位 岩手 14.99
47位 秋田 14.19


上位の千葉県(25.39%)、沖縄県(24.66%)、静岡県(24.58%)、佐賀県(24.49%)、熊本県(24.32%)は、部活生の概ね4人に1人はサッカー部員ということになり、40人学級の場合、クラスに約10人サッカー部員がいることになります。

沖縄県の人気が高い理由は、女子編でも述べましたが、他県と比べて私立のサッカー部が少なく、公立校では5年ごとに指導者が異動になるたびに異動先で部を発足させたからのようです。

また、九州各県には全てJチームがありますが、サガン鳥栖とロアッソ熊本はそれぞれの県出身選手の割合が多いです。地元に対する郷土愛が強く、Jチームの存在が大きいのかもしれません。インターハイの中止が決定してから真っ先に代替大会の開催を決め、さらに1回戦からライブ配信することを決めたのは佐賀県でしたし、2016年の大地震や先日の豪雨被害を受けて地元ために奔走している元日本代表の巻誠一郎氏は熊本県出身です。

下位の愛知県(16.71%)、福島県(16.46%)、岐阜県(15.94%)、岩手県(14.99%)、秋田県(14.19%)でも、部活生の概ね6~7人に1人、40人学級の場合ではクラスに約6~7人サッカー部員がいることになりますので、サッカー部はスポーツ系の部活において人気があることがうかがえます。

(データ参照:全国高等学校体育連盟

関連記事

今週も45件追加!静岡学園、帝京大可児、愛工大名電、国見ほか/女子も常葉大橘、帝京大可児など【男女】全国高校サッカー部部活体験会・練習会・セレクション・オープンキャンパス・オンライン説明会まとめ【毎週金曜更新】

【尚志2戦連勝】2020年度 ULTIMA(アルティマ)FOOTBALL LEAGUE ~究極~ 7/24尚志vs興國結果速報!次は8/8

第98回高校サッカー選手権出場校ベスト4帝京長岡、青森山田、矢板中央、静岡学園の登録メンバー一覧!どんなチームから進学しているの?出身チーム比較

【インタビュー名言集】夢抱くサッカー少年達へ!明秀日立・筑陽・専大北上・尚志・青森山田サッカー部名将からの珠玉の言葉

【インタビュー・取材記事 一覧!】ひとつでも多く、熱いメッセージを届けたい!インタビュー記事・取材記事は全てこちらにまとめました!

【青森山田セレクション情報追加!】今年はどうなる?セレクションや練習会の予定を聞いてみた!【明秀日立・筑陽・専大北上・尚志・青森山田】

最後に

女子編と比べて、男子編はデータの上位と下位で大きな差があまりないのが特徴的でした。どこの県でも運動系部活として、サッカー部の人気が高いからかもしれません。

また、千葉県や静岡県がランキング上位にくるのは想像していたとおりでしたが、滋賀県や佐賀県、熊本県が上位に来ることは正直予想していませんでした。しかし、掘り下げて調べてみると、『人』であったり、『郷土愛』であったり、それぞれに納得のいく理由があることがわかってよかったです。

数年後、今は下位グループに甘んじている県が巻き返して人気が爆上がりしていると素敵ですね!

写真:stuxによるPixabayからの画像

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterRie
埼玉県出身、静岡市在住。
2018年2月よりジュニアサッカーNEWSのお仕事を始めました。
ライター暦2年超えましたが、まだまだひよっこです。

むか~し、昔はサッカー少女だった時代もありましたが、現在は高校生の息子と中学生の娘の応援専門です。
(ごくたま~に、4級審判として、子供たちと一緒にグラウンドを走ることもありますが非常にレア💦娘の小学生卒業を期に引退しようかと思いましたが継続!)

読んでくださった方にお役に立てるような記事・コラムを書けるよう、勉強中です。
どうぞよろしくお願いします♪

コメント欄

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top