ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

新リーグアルティマ開幕!久保選手の移籍先は?本田の学校は月額1$! 7/25~7/31 スポーツトレンドニュース一気読み!


1週間(7/25~31)のスポーツ・サッカー界の動きを全部まとめて一気読みできます(•̀ᴗ•́)و

~CONTENTS~
◇ サッカーの動き
◇ スポーツの動き
◇ コロナ関連 他

↓本文は写真の下から始まります↓

サッカーの動き

高校年代の新リーグ、開幕戦で静岡学園と尚志が激突! 久しぶりの実戦が生んだ“大きな価値”

「インターハイなどが無くなった分、こういう試合でしっかりとアピールしたいと思っていますし、実際にプレーをしてみて注目度が高いと感じました。スカウトの人たちが来ているので、1つ1つのチャンスを無駄にしないようにしています」とアンリも口にしたように、この一戦に意義を見出しているのは選手、監督だけではなく、Jクラブや大学などのスカウトも同じ。選手を緊迫した環境下の試合で見る機会が限られているからこそ、鋭い目線がピッチに飛んでいた。

奇策?いや才能…超大型DFながらFW起用されアビスパ福岡の執念ドロー演出した20歳の三國ケネディエブスが面白い!

思いが完璧に一致した。終盤になってリードを奪われる展開に指揮官も、ウォーミングアップに余念のなかった20歳のセンターバックも同じ展開を考えていた。

【J2】首位長崎が山口を破り8戦負けなし!2連勝の大宮が4差で追走。徳島撃破の北九州は4位に浮上

J2リーグは7月29日、各地で8節の11試合を開催した。首位のV・ファーレン長崎と2位の大宮アルディージャがともに勝利を挙げている。

MF久保に最適な移籍をAI分析

レアル・マドリーから武者修行に出たマジョルカで、堂々のリーガデビューシーズンを飾り、加速度的に評価を上げたものの、3つしかないEU圏外選手の登録枠が埋まっていることもあり、来季もマドリーではプレーせず、レンタル移籍が有力視されている。

久保建英&ジダン監督、セビリア入りを希望 スペイン紙が報じる

同紙はマドリードのネットメディア「デフェンサ・セントラル」の情報も同時に紹介。欧州チャンピオンズリーグ出場に魅力を感じている久保がセビリア入りに既にOKを出したことや、ジダン監督が久保の獲得に乗り出しているとされるビジャレアル、ベティス、Rソシエダ、国外ではアヤックス、パリSGといったクラブより、セビリア行きを望んでいると追加で報じている。

サッカー日本代表、コロナに続き大ピンチ! 「22年W杯最終予選」地上波で見られない!? AFCの法外な放映権料にテレ朝が撤退

日本協会も懸念を強めている。今や国民的行事のW杯最終予選が、テレビ地上波で流れないとなると、告知やPRが弱まる問題にとどまらない。協会に入る億単位の放映権料も大幅減額となる。代表戦は人気も手伝い、親善試合でも1試合1億円が最低価格。最終予選はさらに高値だったが、ビジネスモデルが根底から崩壊しかねない。

7/29までに関係者約100人にPCR検査…“現在3位”と好調も新たに選手ら3人に新型コロナ感染判明のグランパス

Jリーグの村井チェアマン:
「社会的に感染が広がっていく中で、選手にも感染者が出ることは時間の問題であると認識はしていました。これだけ用心している選手たちが感染するということで、その恐ろしさを改めて再認識しました」

この影響で26日に予定されていたサンフレッチェ広島とのアウェーの試合が中止となりました。新型コロナの影響で試合が中止となるのは、今回が初めてです。

本田圭佑が中高生対象に“学校”設立を発表「大きな挑戦をしたい」

受講料は月額1ドル(約110円)。この“格安”ともいえる料金設定については「深刻な経済格差にアプローチしたかった。1ドルなら誰でも払えるだろうと。自分に投資をして、それ以上のものを得てほしい」と説明。 また、世界展開も考えており「強く海外を意識していることをメッセージとして伝えたいので100円ではなく、1ドルと言わせていただいている」と明かした。

33歳FWヴァーディが初のプレミア得点王に! アシスト王はデ・ブライネ

ヴァーディに次いで得点ランキング2位を飾ったのは、アーセナルのガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンとサウサンプトンの元イングランド代表FWダニー・イングス。両選手とも今季22ゴールを記録したが、得点王のヴァーディにはわずかに及ばなかった。

手越祐也「プロをあきらめてジャニーズに」サッカー半生を告白

「サッカーは4歳からやっていました。小学生のときは地元のクラブチームの一員として神奈川県の大会に出場して、ヴェルディ(川崎/当時)とか(横浜)マリノスのユースなんかと、よく試合をしていました。神奈川で2位になったこともあります」(手越、以下同)

YouTubeをJ人気発展の入り口に/那須大亮

選手はピッチに集中するのは自然ですが、支援があるからこそ、ストレスなく取り組めている。スポンサーの皆さんに恩返しするためには、個人が価値のある存在になること。ひいてはそれが、Jリーグの発展やビジネスモデルを大きくする上で必要だと再認識しました。

スポーツの動き

NBA 選手344人から2週連続陽性反応なし 集中開催が奏功

2週連続の陽性なしで、ここまでは選手をホテルや体育館を備えた複合施設で徹底管理する集中開催方式が奏功。
選手会会長を務めるサンダーのクリス・ポールは「可能な限り最も安全な方法のようだ」と手応えを感じている。

「優勝を狙うよりスポーツ文化の伝道師たれ」 プロバスケリーグ「さいたまブロンコス」オーナー池田純

「これからはどのスポーツでもコロナの影響でチーム経営は厳しくなります。経営が磐石な親会社があるプロ野球や大リーグ、Jリーグのトップ中のトップ選手は別ですが、2部3部のチームでは契約できる選手数は減っていく」

「チームとしても経営に参画してくれる『二足の草鞋』選手が必要だし、プレーヤー以外の仕事に報酬を出すことで選手たちもスポーツと生活を両立できる。もちろん、そのバランスの取り方は問われますが、コロナ危機をスポーツ界が乗り越えるにはそこがポイントだと思っています」

ベイスターズ社長時代には、球場に新たなファンを呼び込むために、全米のボールパーク(野球場)をつぶさに観察してその長所を取り入れた。球場を一流アーティストのコンサート会場とするため、本場の音響設備を学びに海外の超一流アーティストのコンサートにも出かけた。常に「自分で体験すること」が池田の流儀でもある。

「スポーツ功労者顕彰」 文科省が武豊騎手らを表彰

「スポーツ功労者顕彰」は文科省がプロスポーツの発展に貢献した人や特に優れた成績を残した人を表彰するもので、この30年で134人が受賞しています。今回は、おととしに中央競馬で初めて通算4000勝を達成した武騎手ら5人が選ばれました。

日本に残された最後の成長産業 「スポーツビジネス」で未来を拓け! Forbes JAPAN SPORTS BUSINESS AWARD 2020 ノミネート企業/団体募集!

今回のアワードでは、新時代のスポーツビジネスに取り組む企業や団体を、広く一般より公募いたします。
ご応募いただいた企業の取り組みについては、スポーツビジネスの専門家や有識者で構成するアドバイザリーボードが審議します。

プロ野球・Jリーグ 感染確認後の対応見直しを 専門家から意見

チーム内での感染拡大を防ぐために、新幹線やバスで移動する時の食事を可能なかぎり避けることが重要だという指摘もありました。

子どものスポーツに入れ込む毒親、毒コーチは、低迷チームのファンから何を学べるのか

いただいた意見として最後に挙げた「勝つチームが好きなのは、そのチームが好きなのでは無くて、勝つ事が好き」という一文も心に刺さりました、勝つことにこだわる指導者や保護者は、子どものスポーツそのものに対する関心よりも、勝つことのほうが大事なのかもしれません。

コロナ関連 他

昨年センバツ優勝校 愛知・東邦 試合当日に出場辞退…一般生徒がコロナ感染

野球部員以外の生徒に新型コロナウイルスの感染者が出たためで、不戦敗となった。東邦は地元保健所からの要請で8月7日まで休校。野球部を含めた部活動も禁止された。

文化やスポーツ、コロナ後の産業の柱に 自民が新組織

文化・芸術やスポーツなどの産業を「ソフトパワー」と呼び、新型コロナウイルス後の成長戦略の柱として振興策を練る。2021年春にも提言をまとめる。

Wi-Fiルーター(無線LANルーター)の置き場はどこがおすすめ? 最適な設置場所11のポイント

今回は、Wi-Fiを快適に利用するためのルーターの適切な置き方を解説します。

日本人の3割が「コロナ感染」という新説 消える抗体、ワクチン不可能は本当か

7月25日の東京都内のコロナ感染者は295人と、5日連続の200人超を記録している。本誌(「週刊新潮」)は7月23日号で、大阪大学核物理研究センター長、中野貴志教授が考案した「K値」の計算にもとづき、今回の感染は7月9日前後にピークを迎えている、と書いた。

関連記事

全国注目大会 8月1日~8月2日 主要大会一覧

【男子編】高校サッカー部でスタメンになるのが一番難しい県は?盛んな県は?人気度は?

【女子編】高校サッカー部でスタメンになるのが一番難しい県は?盛んな県は?人気度は?

部活動・チーム練習再開は順調ですか? もう一度確認したいJリーグの新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン案

代替大会中止を避けろ!柴崎選手・長友選手・久保選手・南野選手・森保監督の手洗いテクニック動画と長谷部選手からのメッセージ動画を確認しよう

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriterRie
埼玉県出身、静岡市在住。
2018年2月よりジュニアサッカーNEWSのお仕事を始めました。
ライター暦2年超えましたが、まだまだひよっこです。

むか~し、昔はサッカー少女だった時代もありましたが、現在は高校生の息子と中学生の娘の応援専門です。
(ごくたま~に、4級審判として、子供たちと一緒にグラウンドを走ることもありますが非常にレア💦娘の小学生卒業を期に引退しようかと思いましたが継続!)

読んでくださった方にお役に立てるような記事・コラムを書けるよう、勉強中です。
どうぞよろしくお願いします♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top