ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

高校サッカー選手権特集2019 vol.2
歴代優勝回数 ランキング!

こちらの記事では、高校サッカー選手権大会の栄えある歴代優勝校にスポットを充ててみたいと思います。
ランキング1位はあの2校!
懐かしの古豪が登場する歴代優勝校一覧も掲載しています。
↓本文は写真の下に続きます↓

特集コンテンツ
優勝回数ランキング!(戦後開催分)

1位:国見(長崎)6回
1位:帝京(東京)6回
3位:市船橋(千葉)5回
4位:浦和市立(埼玉)(現・さいたま市立浦和4回
4位:藤枝東(静岡)4回
6位:東福岡(福岡)3回
6位:浦和(埼玉)(現・県立浦和3回
6位:浦和南(埼玉)3回
6位:清水商(静岡)(現・市立清水桜が丘)3回

大正時代から始まっている全国高校サッカー選手権大会。最初は参加高校8校という小さな大会でした。
途中、太平洋戦争のため中止となりましたが、今年は第98回となり、2021年大会が記念すべき第100回となります。
最多優勝は御影師範の11回。1917年の第一回日本フートボール大会(現・全国高等学校サッカー選手権大会)以来、なんと7連続優勝しています。(第1回~第8回大会までは関西の学校だけの大会でした。)
全国大会になったのは第9回から。
全国をいくつかのブロックに分け、その予選優勝校で大会を行うというスタイルになりました。

戦後からの開催に絞ると、最多優勝を誇るのは国見(長崎県)と帝京(東京)の6回。
次いで市船橋(千葉)が5回の優勝で次点につけています。

最多優勝タイの国見高校優勝時に率いていた小嶺 忠敏監督は2019年現在は長崎総合科学大学附属高校サッカー部を率いており、2019年度第98回全国高等学校サッカー選手権大会には長崎県代表の長崎総附監督として挑みます。
長崎県予選では、決勝で長崎総附vs国見の対戦となり、監督同士の師弟対決を制しての全国出場です。
(▶▶▶国見高校、長崎総附と全国屈指の名将小嶺監督のインタビュー記事はこちら

歴代優勝校一覧

第98回 2019年 果たしてどの高校が??
第97回 2018年 青森山田(青森)②
第96回 2017年 前橋育英(群馬)①
第95回 2016年 青森山田(青森)①
第94回 2015年 東福岡(福岡)③
第93回 2014年 星稜(石川)①
第92回 2013年 富山第一(富山)①
第91回 2012年 鵬翔(宮崎)①
第90回 2011年 市船橋(千葉)⑤
第89回 2010年 滝川二(兵庫)①
第88回 2009年 山梨学院大付(山梨)①
第87回 2008年 広島皆実(広島)①
第86回 2007年 流通経大柏(千葉)①
第85回 2006年 盛岡商(岩手)①
第84回 2005年 野洲(滋賀)①
第83回 2004年 鹿児島実(鹿児島)②
第82回 2003年 国見(長崎)⑥
第81回 2002年 市船橋(千葉)④
第80回 2001年 国見(長崎)⑤
第79回 2000年 国見(長崎)④
第78回 1999年 市船橋(千葉)③
第77回 1998年 東福岡(福岡)②
第76回 1997年 東福岡(福岡)①
第75回 1996年 市船橋(千葉)②
第74回 1995年 静岡学園(静岡)・鹿児島実(鹿児島)①
第73回 1994年 市船橋(千葉)①
第72回 1993年 清水商(静岡)③(現・市立清水桜が丘
第71回 1992年 国見(長崎)③
第70回 1991年 四日市中央工(三重)①・帝京(東京A)⑥
第69回 1990年 国見(長崎)②
第68回 1989年 南宇和(愛媛)①
第67回 1988年 清水商(静岡)②(現・市立清水桜が丘
第66回 1987年 国見(長崎)①
第65回 1986年 東海大一(静岡)①
第64回 1985年 清水商(静岡)①(現・市立清水桜が丘
第63回 1984年 帝京(東京)⑤・島原商(長崎)①
第62回 1983年 帝京(東京)④
第61回 1982年 清水東(静岡)①
第60回 1981年 武南(埼玉)①
第59回 1980年 古河一(茨城)②
第58回 1979年 帝京(東京)③
第57回 1978年 古河一(茨城)①
第56回 1977年 帝京(東京)②
第55回 1976年 浦和南(埼玉)③
第54回 1975年 浦和南(埼玉)②
第53回 1974年 帝京(東京)①
第52回 1973年 北陽(大阪)①
第51回 1972年 浦和市立(埼玉)④(現・さいたま市立浦和
第50回 1971年 習志野(千葉)②
第49回 1970年 藤枝東(静岡)④
第48回 1969年 浦和南(埼玉)①
第47回 1968年 初芝(大阪)①
第46回 1967年 山陽(広島)①・洛北(京都)
第45回 1966年 秋田商(秋田)・藤枝東(静岡)③
第44回 1965年 習志野(千葉)①・明星(大阪)①
第43回 1964年 浦和市立(埼玉)③(現・さいたま市立浦和
第42回 1963年 藤枝東(静岡)②
第41回 1962年 藤枝東(静岡)①
第40回 1961年 修道(広島)②
第39回 1960年 浦和市立(埼玉)②(現・さいたま市立浦和
第38回 1959年 浦和市立(埼玉)①(現・さいたま市立浦和
第37回 1958年 山城(京都)①
第36回 1957年 秋田商(秋田)①
第35回 1956年 浦和西(埼玉)①
第34回 1955年 浦和(埼玉)③(現・県立浦和
第33回 1954年 浦和(埼玉)②(現・県立浦和
第32回 1953年 東千田(広島)①・岸和田(大阪)①
第31回 1952年 修道(広島)①
第30回 1951年 浦和(埼玉)①(現・県立浦和
第29回 1950年 宇都宮(栃木)①
第28回 1949年 池田(大阪)①
第27回 1948年 鯉城(広島)①
第26回 1947年 広島高師付中(広島)①
第25回 1946年 神戸一中(兵庫)⑥
1941年-1945年 戦争のため中止
第22回 1940年 普成中(朝鮮)①
第21回 1939年 広島一中(広島)②(現・国泰寺
第20回 1938年 神戸一中(兵庫)⑤
第19回 1937年 埼玉師(埼玉)①
第18回 1936年 広島一中(広島)①
第17回 1935年 神戸一中(兵庫)④
第16回 1933年 岐阜師(岐阜)①
第15回 1932年 神戸一中(兵庫)③
第14回 1931年 御影師(兵庫)⑪
第13回 1930年 御影師(兵庫)⑩
第12回 1929年 神戸一中(兵庫)②
第11回 1928年 御影師(兵庫)⑨
第10回 1927年 崇実(朝鮮)①
1926年 大正天皇崩御のため中止
第9回 1925年 御影師(兵庫)⑧
第8回 1924年 神戸一中(兵庫)①
第7回 1923年 御影師(兵庫)⑦
第6回 1922年 御影師(兵庫)⑥
第5回 1921年 御影師(兵庫)⑤
第4回 1920年 御影師(兵庫)④
第3回 1919年 御影師(兵庫)③
第2回 1918年 御影師(兵庫)②
第1回 1917年 御影師(兵庫)①

特集バックナンバー
vol.1 高校サッカー選手権全国大会日程、開会式・準決・決勝会場完全ガイド

最後に

高校サッカー選手権歴代優勝高校ランキングはいかがでしたか?
高校サッカーファンにはおなじみの学校名から新たな勢力の台頭まで、高校サッカーの歴史が詰まっていますね。
2019年度第98回全国高等学校サッカー選手権大会ではどんな歴史が刻まれるでしょうか!?
楽しみですね。

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住。
2017年8月よりこのお仕事を始め、早くも2年弱が経過。
2018年8月より大阪担当をしています。
大阪のサッカーチームが多すぎて、まだまだ覚えきれていませんが、
先輩ライターさんにご迷惑掛けながらも何とか頑張っています。

趣味は、ライブ参戦とスポーツ観戦そして子ども達のストーカーw
4月より高校生になる息子は、サッカーをするために家を出て、寮生活。
寂しすぎますが、母は耐えます・・・
でも、週末は息子の所へ飛んで行きますけど笑

ライブ参戦は、娘とともに県外遠征も始めました!
ご褒美があるから、毎日働けるのです。

2019年度の目標は、いっぱい働いて、いっぱい遊んで、
楽しみまくること!!!

あおはるはいつも元気が取り柄ですw

みなさん、息子娘のストーカーは何歳になっても続けましょうね~♬

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top