ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

                    2019年度進路情報はこちら

【10/11号 歴代優勝校特集】 今週の高校サッカー選手権 vol.2


今週の高校サッカー選手権

現在、都道府県大会が行われているのは28都府県です。今月中に始まるのは18都道府県。鹿児島県のみ11/5(月)からですが、組合せ抽選会が行われる11月19日まで全国で熱い戦いが繰り広げられています。
今週末10/13(土)・10/14(日)に開幕するのは、北海道山梨県埼玉県愛知県奈良県京都府鳥取県高知県香川県徳島県とピークをむかえます。
東京埼玉兵庫愛知栃木では、2次予選が開幕します!

【2018年度高校選手権一覧】各地で予選スタート!【47都道府県】

また、女子はすでに31都道府県で代表が決定しています。今週10/13(土)には兵庫県大阪府では決勝が行われ、北信越では早くも、北信越エリア大会が始まります。

【2018年度高校女子選手権一覧】女子の高校最強決定戦!【47都道府県別】

高校サッカー選手権特集 バックナンバー
vol.1 日程特集
vol.2 歴代優勝校特集
vol.3 高校サッカー選手権の漫画特集
vol.4 今年の応援歌はこれだ!
vol.5 ユニフォームの歴史
vol.6 インハイ出場校と選手権出場校2018
vol.7 応援マネージャー今年は清原果那さん

注目!兵庫県予選

今週は「兵庫県大会」に注目したいと思います。
参照元:兵庫県サッカー協会2種委員会HP

10/13(土)より決勝ラウンドが始まる兵庫県大会。
注目は、やはり夏の総体でもベスト4に入った「神戸弘陵高校」「市立尼崎高校」「滝川第二高校」「市立西宮高校」です。
上記、トーナメントを見ていただくと分かりますとおり、今回「神戸弘陵」「滝川二」・「市尼崎」「市西宮」がそれぞれ同じ山にいます。そのまま勝ち進んだとすると決勝で「私立」vs「公立」の戦いとなります。
ただ、高校サッカーは予想通りとならないのが、面白いところです。
この強豪校に立ち向かう高が番狂わせを起こすことは出来るのか。これも大きな見どころです。

兵庫高校サッカー選手権はこちら

情報いただき次第更新していきますので、ぜひ現地からの情報提供をお待ちしております!

特集コンテンツ(歴代優勝校)

第96回 2017年 前橋育英(群馬)①
第95回 2016年 青森山田(青森)①
第94回 2015年 東福岡(福岡)③
第93回 2014年 星稜(石川)①
第92回 2013年 富山第一(富山)①
第91回 2012年 鵬翔(宮崎)①
第90回 2011年 市船橋(千葉)⑤
第89回 2010年 滝川二(兵庫)①
第88回 2009年 山梨学院大付(山梨)①
第87回 2008年 広島皆実(広島)①
第86回 2007年 流通経大柏(千葉)①
第85回 2006年 盛岡商(岩手)①
第84回 2005年 野洲(滋賀)①
第83回 2004年 鹿児島実(鹿児島)②
第82回 2003年 国見(長崎)⑥
第81回 2002年 市船橋(千葉)④
第80回 2001年 国見(長崎)⑤
第79回 2000年 国見(長崎)④
第78回 1999年 市船橋(千葉)③
第77回 1998年 東福岡(福岡)②
第76回 1997年 東福岡(福岡)①
第75回 1996年 市船橋(千葉)②
第74回 1995年 静岡学園(静岡)・鹿児島実(鹿児島)①
第73回 1994年 市船橋(千葉)①
第72回 1993年 清水商(静岡)③
第71回 1992年 国見(長崎)③
第70回 1991年 四日市中央工(三重)①・帝京(東京A)⑥
第69回 1990年 国見(長崎)②
第68回 1989年 南宇和(愛媛)①
第67回 1988年 清水商(静岡)②
第66回 1987年 国見(長崎)①
第65回 1986年 東海大一(静岡)①
第64回 1985年 清水商(静岡)①
第63回 1984年 帝京(東京)⑤・島原商(長崎)①
第62回 1983年 帝京(東京)④
第61回 1982年 清水東(静岡)①
第60回 1981年 武南(埼玉)①
第59回 1980年 古河一(茨城)②
第58回 1979年 帝京(東京)③
第57回 1978年 古河一(茨城)①
第56回 1977年 帝京(東京)②
第55回 1976年 浦和南(埼玉)③
第54回 1975年 浦和南(埼玉)②
第53回 1974年 帝京(東京)①
第52回 1973年 北陽(大阪)①
第51回 1972年 浦和市立(埼玉)④
第50回 1971年 習志野(千葉)②
第49回 1970年 藤枝東(静岡)④
第48回 1969年 浦和南(埼玉)①
第47回 1968年 初芝(大阪)①
第46回 1967年 山陽(広島)①・洛北(京都)
第45回 1966年 秋田商(秋田)・藤枝東(静岡)③
第44回 1965年 習志野(千葉)①・明星(大阪)①
第43回 1964年 浦和市立(埼玉)③
第42回 1963年 藤枝東(静岡)②
第41回 1962年 藤枝東(静岡)①
第40回 1961年 修道(広島)②
第39回 1960年 浦和市立(埼玉)②
第38回 1959年 浦和市立(埼玉)①
第37回 1958年 山城(京都)①
第36回 1957年 秋田商(秋田)①
第35回 1956年 浦和西(埼玉)①
第34回 1955年 浦和(埼玉)③
第33回 1954年 浦和(埼玉)②
第32回 1953年 東千田(広島)①・岸和田(大阪)①
第31回 1952年 修道(広島)①
第30回 1951年 浦和(埼玉)①
第29回 1950年 宇都宮(栃木)①
第28回 1949年 池田(大阪)①
第27回 1948年 鯉城(広島)①
第26回 1947年 広島高師付中(広島)①
第25回 1946年 神戸一中(兵庫)⑥
1941年-1945年 戦争のため中止
第22回 1940年 普成中(朝鮮)①
第21回 1939年 広島一中(広島)②
第20回 1938年 神戸一中(兵庫)⑤
第19回 1937年 埼玉師(埼玉)①
第18回 1936年 広島一中(広島)①
第17回 1935年 神戸一中(兵庫)④
第16回 1933年 岐阜師(岐阜)①
第15回 1932年 神戸一中(兵庫)③
第14回 1931年 御影師(兵庫)⑪
第13回 1930年 御影師(兵庫)⑩
第12回 1929年 神戸一中(兵庫)②
第11回 1928年 御影師(兵庫)⑨
第10回 1927年 崇実(朝鮮)①
1926年 大正天皇崩御のため中止
第9回 1925年 御影師(兵庫)⑧
第8回 1924年 神戸一中(兵庫)①
第7回 1923年 御影師(兵庫)⑦
第6回 1922年 御影師(兵庫)⑥
第5回 1921年 御影師(兵庫)⑤
第4回 1920年 御影師(兵庫)④
第3回 1919年 御影師(兵庫)③
第2回 1918年 御影師(兵庫)②
第1回 1917年 御影師(兵庫)①

大正時代から始まっている全国高校サッカー選手権大会。最初は参加高校8校という小さな大会でした。
途中、太平洋戦争のため中止となりましたが、今年は第97回となり、第100回まであと3年です。
最多優勝は御影師範の11回ですが、第1回~第8回大会までは関西の学校だけの大会でした。
全国大会になったのは第9回から、全国をいくつかのブロックに分け、その予選優勝校で大会を行いました。

最後に

「今週の高校サッカー選手権 vol.2 歴代優勝校」はいかがでしたか?
これだけ長く大会が続いているのも、サッカーが国民に親しまれているスポーツだということですね。
今週は「歴代優勝校」についてまとめてみましたが、次回号は10/17配信予定vol.3「おすすめの高校サッカー漫画」特集です!
ぜひ、お楽しみに!

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住。
2017年8月よりこのお仕事を始め、早くも1年が経過しました。
ここで書かせていただいた記事の数も500を超えましたが、なかなか他のライターさんのように書けない自分にもどかしさも覚えます…
でも、基本、何でもやってみなきゃ!っていう性格ですので、新しいことにどんどん挑戦していきたいと思います。

趣味は、子ども達がスポーツでガンバル姿を見ること!
でも、2人とも受験生…いったん、引退となりました。
大学、高校に進学したら、子供たちはまたバレーボール、サッカーをするつもりでいるようで、そこからまたあたしのストーカーが始まります!

なので、それまでの半年ちょっと2人の合格が決まるまでは、
ガッツリお仕事を頑張りたいと思います。

よろしくお願いします☆ヽ(▽⌒*)♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top