ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会 組合せ掲載!12/24~1/6開催

12月24日より開催されます「2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会(インカレ)」の情報をお知らせします。

2022年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

 

1回戦 12/24

■会場:みきぼうパークひょうご第1球技場
[1]11:00 愛知東邦大学[東海2] - 追手門学院大学[関西3]
[2]13:40 日本体育大学[関東6] - 新潟医療福祉大学[北信越1]

■会場:みきぼうパークひょうご第2球技場
[3]11:00 明治国際医療大学[関西] - 札幌大学北海道
[4]13:40 吉備国際大学[中国1] - 福岡大学[九州1]

■会場:三木総合防災公園陸上競技場
[5]11:00 東京国際大学[関東7] - 活水女子大学[九州2]
[6]13:40 四国大学四国] - 信州大学[北信越2]

■会場:三木総合防災公園第2陸上競技場
[7]11:00 帝塚山学院大学[関西4] - 周南公立大学[中国2]
[8]13:40 日本大学[関東8] - 八戸学院大学[東北2

ラウンド16 12/26

■会場:三木総合防災公園陸上競技場
[9]11:00 東洋大学[関東1] - [1]の勝者
[10]13:40 [2]の勝者 - 仙台大学[東北1

■会場:三木総合防災公園第2陸上競技場
[11]11:00 神奈川大学[関東5] - [3]の勝者
[12]13:40 [4]の勝者 - 帝京平成大学[関東2]

■会場:みきぼうパークひょうご第1球技場
[13]11:00 山梨学院大学[関東3] - [5]の勝者
[14]13:40 [6]の勝者 - 大阪体育大学[関西1]

■会場:みきぼうパークひょうご第2球技場
[15]11:00 早稲田大学[関東4] - [7]の勝者
[16]13:40 [8]の勝者 - 静岡産業大学[東海1]

準々決勝 12/28

■会場:みきぼうパークひょうご第1球技場
[17]11:00 [9]の勝者 - [10]の勝者
[18]13:40 [11]の勝者 - [12]の勝者

■会場:みきぼうパークひょうご第2球技場
[19]11:00 [13]の勝者 - [14]の勝者
[20]13:40 [15]の勝者 - [16]の勝者

準決勝 1/4

■会場:味の素フィールド西が丘
[21]13:40 [17]の勝者 - [18]の勝者
[22]14:00 [19]の勝者 - [20]の勝者

決勝 1/4

■会場:味の素フィールド西が丘
[23]13:00 [21]の勝者 - [22]の勝者

 組合せ 12/24~1/6

PDFダウンロード

参照:JFA.jp

関連記事

公式サイト
JFA.jp  日本サッカー協会

◆関連大会
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

【2022年度サッカーカレンダー】1年間の大会予定をチェックしよう!【47都道府県別まとめ】

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会

<日程>

〈1回戦〉 2022年12月24日(土)
〈2回戦〉12月26日(月)
〈準々決勝〉12月28日(水)
〈準決勝〉2023年1月4日(水)
〈決勝〉1月6日(金)

<会場>

【1回戦~準々決勝】
三木総合防災公園(兵庫県三木市)
陸上競技場/第2陸上競技場/
みきぼうパークひょうご第1球技場/みきぼうパークひょうご第2球技場
【準決勝・決勝】
味の素フィールド西が丘(東京都北区)

<大会概要>

◆大会趣旨
公益財団法人日本サッカー協会(以下「本協会」という)は日本国内における女子サッカーの技術向上と健全な心身の育成を図り、広く女子サッカーの普及振興に寄与することを目的とし、大学のチームすべてが参加できる大会として実施する。

◆主催
公益財団法人日本サッカー協会、一般財団法人全日本大学女子サッカー連盟、朝日新聞社

◆主管
関西学生女子サッカー連盟、関東大学女子サッカー連盟

◆後援
日刊スポーツ新聞社

◆協賛
株式会社モルテン、XF / エグゼフ(株式会社アイズ・カンパニー)

◆参加チームとその数
参加チームは、次の次号により選出された24チームとする。
北海道:1チーム、東北:2チーム、関東:7チーム、北信越:2チーム、東海:2チーム、
関西:4チーム、中国:2チーム、四国:1チーム、九州:2チーム、
前回(第30回)大会優勝の所属地域(関東)より1チーム
※地域サッカー協会は次により参加チームを決定することができる。
① 地域大学サッカーリーグのある場合は、そのリーグの順位に従って参加チームを決定する。
② 予選会を開催するか、または推薦によって参加チームを決定する。

◆大会形式
ノックアウト方式(3位決定戦は行わない)

◆試合形式
① 試合時間
90分(前後半各45分)
② ハーフタイムのインターバル
原則として15分(前半終了から後半開始まで)
③ 試合の勝者を決定する方法(試合時間内で勝敗が決しない場合)
1回戦~準々決勝:PK方式により勝者を決定する。
準決勝、決勝:20分(前・後半10分)の延長戦を行い、なお決しない場合はPK方式により勝者を決定する。
延長戦に入る前のインターバル:5分間
PK方式に入る前のインターバル:1分間
④ アディショナルタイムの表示:行う

参照:JFA.jp

2022年度 地域予選の結果および出場チーム

北海道(1)

優勝:札幌大学(北海道/北海道)

2022年度 第29回北海道大学女子サッカー選手権大会 兼 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会北海道予選
参照サイト:北海道サッカー協会HP

東北(2)

優勝:仙台大学(東北1/宮城県)
準優勝:八戸学院大学(東北2/青森県)

2022年度 東北地域大学女子サッカーリーグ
参照サイト:東北サッカー協会HP

北信越(2)

第1代表:新潟医療福祉大学(北信越1/新潟県)
第2代表:信州大学(北信越2/長野県)

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権 北信越大会
参照サイト:北信越サッカー協会HP

関東(7+1)

優勝 :東洋大学(関東1/群馬県)
準優勝:帝京平成大学(関東2/千葉県)
第3位:山梨学院大学(関東3/山梨県)
第4位:早稲田大学(関東4/東京都)
第5位:神奈川大学(関東5/神奈川県)
第6位:日本体育大学(関東6/神奈川県)
第7位:東京国際大学(関東7/埼玉県)
第8位:日本大学(関東8/東京都)

2022年度 第36回 関東大学女子サッカーリーグ戦(兼)第31回 全日本大学女子サッカー選手権大会関東地区予選
参照サイト:関東大学女子サッカー連盟HP

東海(2)

優勝 :静岡産業大学(東海1/静岡県)
準優勝:愛知東邦⼤学(東海2/愛知県)

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権東海予選
参照サイト:東海サッカー協会HP

関西(4)

優勝 :大阪体育大学(関西1/大阪府)
準優勝:明治国際医療大学(関西2/京都府)
第3位:追手門学院大学(関西3/大阪府)
第4位:帝塚山学院大学(関西4/大阪府)

2022年度 関西学生女子サッカー 秋期リーグ
参照サイト:関西学生女子サッカー連盟HP

中国(2)

第1代表:吉備国際大学 (中国1/岡山)
第2代表:周南公立大学(中国2/山口県)

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会中国地域予選会
参照サイト:中国サッカー協会HP

四国(1)

優勝:四国大学(四国/徳島県)

2022年度 第31回全日本大学女子サッカー選手権大会四国大会
参照サイト:四国サッカー協会HP

九州(2)

優勝 :福岡大学(九州1/福岡県)
準優勝:活水女子大学(九州2/長崎県)

2022年度 KYFA第31回九州大学女子サッカー選手権大会
参照サイト:九州サッカー協会HP

全国の地域ごとの最新情報はこちら
全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>

【優勝校写真追加】2021年度 全日本大学女子サッカー選手権(インカレ)優勝は早稲田大!4年ぶり7回目の優勝!雪の中での接戦制す!!

<2020年度>

【優勝校写真追加、各賞追記】2020年度 全日本大学女子サッカー選手権(インカレ)帝京平成大が初優勝!

<2019年度>

2019年度 第28回全日本大学女子サッカー選手権大会結果掲載!優勝は日本体育大学!(2年連続18回目)

最後に

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存知の方はぜひ情報提供おまちしています!

情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterさちさん。
みなさん、こんにちは^^ 千葉県在住さちさん。です!

2017年1月、SNSでたまたまライター募集の記事を見て応募してから、早いもので5年の月日が流れました。

<業務歴>
入社当時は滋賀県や奈良県など関西エリアを中心に記事作りを学び、2017年4月頃からは静岡県や千葉県の2種3種の担当に。

業務も慣れてきた2018年頃からは全国大会やエリア大会、トレセン大会など幅広く担当するようになるなりました。
2021年頃からは、新たにグリーンカードニュースでギア記事やコラムなどの執筆業も開始。こちらはまだまだ修行中なので、今後は執筆にも力をいれていきたいと思っています。

現在は全国大会・関東大会などを担当しながら、主に千葉県を中心にみなさんに迅速でわかりやすい記事をお届けできるように日々努めております。

『考えるより先に動け!』
これが私のモットー。
昔から体力と行動力には自信があります。

ぜひ皆様からの大会情報や結果速報もお待ちしています。
サッカーをはじめ、全てのスポーツを通して成長する皆さんを一緒に応援していきましょう!
どうぞよろしくお願い致します♪

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top