ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

JFAが策定!「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」で年代に応じた、より適切なゲーム形式を提案

日本サッカー協会技術委員会が作成した「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」についてお知らせします。(2022年1月27日)

これはU-10以下の年代に応じたゲームの形式を明確に示すためのもので、今後は各地域・都道府県サッカー協会等へ提案・展開され、「小学校1~4年生のサッカーゲーム環境整備」の一環として、普及に取り組まれるものです。
「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」の内容をご覧になり、U-10以下のゲームにお役立てください。

↓本文は写真の下から始まります↓

JFAスモールサイドゲーム ガイドライン
JFA Small Sided Game(SSG)Guideline とは?

各年代の適切な試合人数を幼児は3対3、小学校1,2年生は4対4、小学校3,4年生は5対5とし、それぞれに適したピッチやゴールのサイズ、ゲーム時間、1日最大出場時間などを定めたものです。

ガイドラインの基本的な考え方

・年代に応じた、より適切なゲーム形式を提案する。
・ガイドラインの柔軟な運用を推奨し、指導者の裁量を尊重する。

「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」を策定

参照サイト:JFA HP

8人制との比較

プレーデータ

ボールに人が集まる傾向は8vs8も4vs4も同じですが、 8vs8 より4vs4 の方がボールを持っているプレーヤーの周りに広いスペースができるため、ドリブルでボールを運びやすく、パスも出しやすくなります。

8 人制ピッチを基にしたピッチ設定

8人制ピッチのラインやゴール等を基準にしたピッチ設定の目安です。
参照サイト:JFA HP

これまでの経緯

2003年に始まったJFAキッズプロジェクトは、U-10(小学校4年生)に8人制サッカーを推奨していました。
その当時、U-12(小学校6年生)では11人制サッカーが主流でしたが、JFAは2011年にUー12(小学校6年生)の試合を8人制に変更。

この2011年の変更の際「Uー12以下は8人制」というイメージが強くなり、U-10以下もU-12と同じ8人制で行われることが多い状況です。

U-10以下のゲームの多くは、ボールに人が集まり団子状態になるため、個々のプレーヤーがボールを扱うスペースがなくなり、サッカーの基礎的な技術を発揮できないという場面をよく目にします。
U-10以下の子どもたちがゲームを楽しむためには、さらに人数を減らし、ボールを扱うスペースを広くし、余裕がある状況の中で技術を発揮することができる環境が、より適切です。

この考え方は世界基準での選手育成の流れの中でスタンダードとなっており、日本でも、子ども・プレーヤーのことを考えたサッカーのゲーム環境整備が急がれています。

関連記事

新オフサイドルール!導入は2022年7月へ 日本サッカー協会 田嶋会長が明らかに!

より分かりやすくなった8人制サッカー競技規則、修正された部分はここ!

新ルールのポイントはここ!2020/21年サッカー競技規則改正とコロナ禍による暫定的改正【解説映像アリ〼】

新ルールがやってくる!2018年4月1日からのルール改正【サッカー】

最後に

いかがでしたでしょうか?
「JFAスモールサイドゲーム ガイドライン」は、U-10以下の年代に応じたゲーム形式を明確に示すためのものであり、年代に応じた適切なゲーム形式を提案するものです。プレーヤーのことを考えたサッカーゲーム環境整備が普及することにより、子どもたちはますますサッカーを楽しむことができるとともに、さらなる育成にも繋がるのではないでしょうか?
U-10以下世代に関わる方は、ぜひこのガイドラインを読まれてみてください。

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSWriterchoco
お料理とお菓子作りが大好きなおとめ座です(^^♪
夏休みに帰省する息子たちに何を作ってあげようかなと今からとても楽しみです♪

週末は、息子のサッカーの追っかけが習慣になり、今年の春にやろうと思っていた断捨離がなかなか進まず…

この夏、本腰入れて断捨離しようと思っています笑

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top