ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【目標金額達成しました】米子北高校サッカー部がクラウドファンディングに挑戦中!全国で新たな歴史を刻め!

夏のインターハイ全国大会では、決勝で青森山田に惜敗を喫したものの、2009年以来2度目の準優勝という結果を残した米子北高校サッカー部が冬の風物詩第100回全国高校サッカー選手権大会全国大会でのさらなる飛躍を遂げるため、初めてのクラウドファンディングに挑戦しています。(クラウドファンディング実施主体は米子北高校サッカー部後援会)

目標金額の200万円を上回る2,272,000円(支援者数185人)の支援が集まりました!※2022年1月1日追記

新型コロナウイルスにより、活動を制限せざるを得ない時期もあったそうで、例年行う遠征や合宿を一度も行うことができなかったという米子北サッカー部。
今回の選手権参加の機会を、選手権登録メンバーだけでなく、全部員のレベルアップにもつなげたいとの想いも込められています。

ジュニアサッカーNEWSではこうしたチームの新しい挑戦を応援しています!

米子北高校サッカー部 総監督 城市 徳之氏 コメント

日頃より皆様には大変お世話になっております。
今回は、12年連続17回目の全国高校サッカー選手権大会出場となります。
これまでOBの方々が築き上げてきた歴史に新たな1ページを加えることができ、大変嬉しく思っております。

今夏のインターハイでは、準優勝という結果になりましたが、あと一歩という悔しさも味わいました。今大会も、部訓である「心・技・体・和」~感謝・謙虚・我慢・気づく~を大事にし、米子北高らしくチーム一丸となって、お世話になった方々、関係者の皆様に恩返しができるような大会にしていくため、一戦一戦に集中して取り組んでいきたいと考えています。

この度は、初めてのクラウドファンディングに挑戦です。コロナ禍において、皆様大変な思いをされているかとは思いますが、趣旨にご賛同いただき、なにとぞご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

OBからの応援コメント紹介

クラウドファンディング概要

米子北高校サッカー部クラウドファンディング
ご支援はこちら

目標金額:200万円
実施期間:12/10〜12/31

▷資金使途

  • 選手備品活動費用(コロナ対策含む)
  • 全国大会前後に行うチーム全体の強化費用応援団の活動費用
  • 応援団派遣費用リターン費用

※万が一、大会が中止となった場合には、今後の強化費用に充当させていただきます。

米子北高校サッカー部について

公式HP
https://yonagokita-football.com/

総監督 城市 徳之
監督 中村 真吾

主な過去の実績

・全国高校総合体育大会(インターハイ)16回出場
ベスト16 2回
ベスト8 3回
準優勝2回(2009年,2021年)

・全国高校サッカー選手権大会
全国高校サッカー選手権12年連続17回目の出場
ベスト16 1回
ベスト8 1回

関連記事

2021年度 第100回全国高校サッカー選手権 鳥取県大会 優勝は米子北高校!

高円宮杯JFA U−18サッカープリンスリーグ2021中国 優勝は米子北!

2021年度 第56回鳥取県高校サッカー新人戦 優勝は米子北(14年連続)!

2021年度 第56回鳥取県高校総合体育大会 インハイ男子の部 米子北が優勝!16大会連続全国の舞台へ!

寄稿者プロフィール

統括副編集長/戦略事業部江原 まり
長野県出身。
ライター歴11年。
子育て系メディアにて、主に教育、引越し、子育て全般についてのコラムを100本超執筆。
2016年からジュニアサッカーNEWSにて執筆開始。
2017年10月より副編集長、2019年4月より統括副編集長/戦略事業部。

自身もサッカー少年の母です。
保護者目線で「保護者が知りたい情報」を迅速にお届けするため、日々奮闘中。

いろいろな方の貴重なお話を直接聞けるこのお仕事にわくわくさせてもらっている毎日です。

できるようになりたいこと、勉強したいことが山のようにあります。
一つずつチャレンジしていきたいと思います。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top