ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー君のまにまにー坊垣内大紀(3年/テクニカルスタッフ・コーチ/聖光学院高校)

こちらの記事はジュニアサッカーNEWSメディアパートナー 東京大学ア式蹴球部 様よりご寄稿いただきました。
大学サッカー部の活動、大学生のサッカーへの想い、高校時代のサッカーと勉強の両立についてなど、中学生高校生・保護者の皆さんのお役に立てばと思います。

(参照元:feelings 東京大学ア式蹴球部ブログ

寄稿者

坊垣内大紀(3年/テクニカルスタッフ・コーチ/聖光学院高校)

「短所は、カッコ悪いところです」
ん、と、女性の面接官の眉間にしわが寄ったのが分かった。だけど、なぜだか、言ってしまおうと思った。 「長所は、自分はカッコ悪いということを、認めることができたところです」

-朝井リョウ『何者』より-

世の中は思い通りにいかない。

一生懸命勉強しても良い点が取れるとは限らない。相手を想っても同様に想っていてくれるとは限らない。愛をどれだけ謳っても、争いのない世界が訪れるとは限らない。

過去の行動を悔やんでもその時には決して戻れない不可逆な世界だからこそ、理想と現実は時に望まない乖離を見せる。

もちろん、サッカーにおいてもまた然り。

たくさん練習したらシュートが100%入るようになるわけではないし、どんな相手からもボールを奪えるようになるわけでもない。どれだけ勝ちたいと願っても、あっさり負けてしまったりもする。そんなすれ違いは時に残酷さを生み、ドラマを生む。

ア式蹴球部の選手は、そんな経験を人一倍してきたと思っている。

お世辞にもサッカーが強いとは言えない高校でそれなりにキツい練習をこなしていたはずなのにろくに勝てなかった過去を、そしてたまに自分たちより強い相手に勝てた時のあの高揚感、すなわち奇跡の味を身をもって知っている人の集まりなのだ。

しかし他の大学の選手の出身校はというと、サッカーをやっていれば知らない人はいないような名門ばかり。全国レベルの高校やクラブのユースチームというのは僕らにとって今まで戦う機会すら無い、それまでの奇跡では手が届く範疇にないレベルなのだ。

それでもア式の選手たちは、そんな相手と戦うことを、これまで以上の「奇跡」を求めることを選んだ。

続きはこちらから(東京大学ア式蹴球部ブログへ移動します)

東京大学ア式蹴球部公式HP

HP担当者より一言!
「実は東大ア式蹴球部は他大学生もマネージャーやテクニカルサポートになれます!お気軽にお問合せください。」

最後に

ジュニアサッカーNEWSでは、メディアパートナーとして寄稿してくださる大学サッカー部様を募集しています。
下記のアドレスに「大学サッカー部寄稿について」と題名をつけてご連絡ください。

ご連絡先:[email protected]

関連記事

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー結局メンタルー河島誠二郎(1年/FW/広島大学附属高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ーいでよシェンロン そして願いを叶えたまえー 宮川旭(2年/DF/武蔵高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー日本サッカーの将来を背負う覚悟ー 横田義典(1年/テクニカルスタッフ/西大和学園高校)

 

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始め、2022年に岐阜から愛知へ引越しました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子も今年は中学2年生になりました。
息子の所属チームの試合は、息子が出場してもしなくても、勝っても負けても全て大切な思い出です。

そんな気持ちを大切に、保護者の皆さんの大切な思い出のお手伝いができたらと思っています。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top