Green Card ニュース(旧 ジュニアサッカーNEWS)

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー結局メンタルー河島誠二郎(1年/FW/広島大学附属高校)

こちらの記事はジュニアサッカーNEWSメディアパートナー 東京大学ア式蹴球部 様よりご寄稿いただきました。
大学サッカー部の活動、大学生のサッカーへの想い、高校時代のサッカーと勉強の両立についてなど、中学生高校生・保護者の皆さんのお役に立てばと思います。

(参照元:feelings 東京大学ア式蹴球部ブログ

寄稿者

河島誠二郎(1年/FW/広島大学附属高校)

ア式に入っての約半年を振り返ろうと思う。

4月、ア式に入った。週に6回人工芝でプレーできることを知った。フィジコやテクニカル、サッカーにすごく詳しいコーチがいることを知った。この環境なら絶対に上手くなれると思った。

新入生練習が始まった。全員うまかった。少し驚いた。目立ってAチームに一番に行きたいと思った。頑張らないとダメだと思った。

5月、Aチームに呼ばれた。嬉しかった。生陵平さんは思ったよりデカかった。初めて4年生とご飯を食べにいった。流石に緊張した。初めての試合でそこそこ活躍できた。自分もやれると思った。練習ではなかなか上手くいかなかった。自信がなくなっていた。早く公式戦にからみたいと思ったけど少し厳しいなと思った。

なんか出られた。なんか使ってもらえた。そこそこ活躍できた。自分に自信がついた。そのおかげで練習でもやりたいことが少しずつできるようになった。結局メンタルが全てだと思った。

6月、首位の相手に対して効果的な守備をし、フル出場して、全員に褒めてもらった。嬉しかった。でも攻撃では何もできなかった。次こそは攻撃で活躍したいと思った。まだ自分が出てから勝てていなかった。

上智戦、2点取れた。しかも2-1で勝った。上手くいった。勝利給として陵平さんが1万くれた。先輩たちとそのお金でコンビニにいった。2000円余った。コンビニで1万は使えないことを知った。

7月、骨折した。足首が見たことない形をしていた。終わったと思った。緊急外来で全治半年と言われた。7、8、9、10、11、12。何回も数えたけど今年はプレーできなかった。絶望した。せっかくいい感じで来ていたのにと思った。初めて入院した。痛み止めの副作用で、自分で尿が出せなかった。どんなところに副作用が現れてんのと思った。ちなみに尿道に針みたいなのをさして尿を出した。もちろん激痛だった。暇だった。辛かった。何もやる気が起きなかった。リハビリがしんどかった。

8月、リハビリしかしなかった。ボールを蹴れることが羨ましかった。あとこれを6ヶ月繰り返すのかと思った。朝鮮に引き分けたことで関東昇格がだいぶ厳しくなった。中には泣くほど悔しがっている選手もいた。そこに関われていない自分が悔しかった。自分は出ていないからそこまで悔しくないことも悔しかった。今年はこんな感じで一年過ごすのかと思った。落ち込んだ。

続きはこちらから(東京大学ア式蹴球部ブログへ移動します)

東京大学ア式蹴球部公式HP

HP担当者より一言!
「実は東大ア式蹴球部は他大学生もマネージャーやテクニカルサポートになれます!お気軽にお問合せください。」

最後に

ジュニアサッカーNEWSでは、メディアパートナーとして寄稿してくださる大学サッカー部様を募集しています。
下記のアドレスに「大学サッカー部寄稿について」と題名をつけてご連絡ください。

ご連絡先:[email protected]

関連記事

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ーいでよシェンロン そして願いを叶えたまえー 宮川旭(2年/DF/武蔵高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー日本サッカーの将来を背負う覚悟ー 横田義典(1年/テクニカルスタッフ/西大和学園高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー考える葦ー 鈴木航平(1年/DF/静岡高校)

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top