Green Card ニュース

アマチュアサッカー情報を中心に結果速報や進路情報を掲載

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー日本サッカーの将来を背負う覚悟ー 横田義典(1年/テクニカルスタッフ/西大和学園高校)

こちらの記事はジュニアサッカーNEWSメディアパートナー 東京大学ア式蹴球部 様よりご寄稿いただきました。
大学サッカー部の活動、大学生のサッカーへの想い、高校時代のサッカーと勉強の両立についてなど、中学生高校生・保護者の皆さんのお役に立てばと思います。
(参照元:feelings 東京大学ア式蹴球部ブログ

寄稿者

横田義典(1年/テクニカルスタッフ/西大和学園高校)

「縁」という言葉がある。

えん、ゆかり、よすが、えにし。たくさんの読み方があり、また意味を持っている単語だ。
古くは宇津保物語で使われたことがあるほど長い歴史を持つ言葉である。

現代でも、「このご縁を大切に」なんて言葉はよくビジネスでのやり取りで使われるものだし、僕も祖父母や両親に「ご縁を大切にしなさい」なんて小さい頃からずっと言われてきた。
でも、僕は、この「縁」という単語をいまいち理解できていなかった。

実際のところ、「縁」というものを意識して生きてこなかったことはそうだが、西大和での濃密すぎる3年間で形成されたどうも捻くれた性格のおかげで、人の繋がりはその人の実力に付随してついてくるもの、なんていう不相応でおかしな考え方を持っていたこともある。
これまで僕はずっとそんな捻くれている考え方をしていたし、そのおかげで実際人に迷惑をかけることが本当にたくさんあった。(自分が認知していないことでもたくさんあったはずです)

ア式に入ってからすぐ、僕は所属の双青戦ユニットにおいて、たくさんの企画を担当させていただいた。
DAZN、家本さん、細江さん、大塚製薬などなど。本当にいろんな企画をぶち上げた。

そして大失敗をした。
シンプルにいろんなことをやりすぎた。

キャパオーバーであることを自覚していながらいろんな企画をぶち上げ、自分で責任を負うことができる範囲を超える仕事を抱えて、色んな人にご迷惑をおかけしてしまった。

責任感の欠如、いろんな人に言われた。

陵平さん、オカピさん、そして京大のSさんからもお叱りのお電話をいただいた。(こんな自分のためにお時間をとっていただいて本当に感謝しています。ありがとうございました。)

人生でこれまでに経験したことがないほどお叱りをいただいた8月だった。

「自分にベクトルを向けて反省をし、次に繋げる。」

サッカーを見ていれば毎週末どこかしらで聞く言葉だが、そのまたとないチャンスだと思い、自分を変えようと決心した。
ただ、自分にベクトルを向けるということ、これは非常に難しい。

僕はテクニカルという、選手に対してコーチングをする、指導者に近い立場の人間だ。

選手と映像を一緒に見てフィードバックをしている時、「これはあいつのパスが悪かった」だったり、「疲れていた」みたいな、いわば言い訳のようなことを言われる。

そんなことを言われるたびに、「自分がうまくなればええんや」とか「もっと体力をつけたり認知判断を向上させて無駄走りやめて90分間常に余裕を持てるようになれ」という風に言い返す。

でも、そう言いながら、自分自身はそんなことを言うことができるような人間ではないよな、と心の片隅で思う。

続きはこちらから(東京大学ア式蹴球部ブログへ移動します)

東京大学ア式蹴球部公式HP
HP担当者より一言!
「実は東大ア式蹴球部は他大学生もマネージャーやテクニカルサポートになれます!お気軽にお問合せください。」

最後に

ジュニアサッカーNEWSでは、メディアパートナーとして寄稿してくださる大学サッカー部様を募集しています。
下記のアドレスに「大学サッカー部寄稿について」と題名をつけてご連絡ください。

ご連絡先:[email protected]

関連記事

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ーサッカーと向き合うー 柏村直登(1年/DF/開成高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ー憧れとこれからー 里見悠成(1年/GK/駒場東邦高校)

【東京大学ア式蹴球部 寄稿】ーア式に入ってみてー(1年/DF/天王寺高校 上田友暉)

 

758

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriter/責任者kozaru
1976年10月22日生まれのてんびん座B型。
大学卒業後、ソフトウェア業界にてプログラマー、システムエンジニアを務めるが、2004年出産を機に退職し子育てに専念。
子供がサッカーを始めたのをきっかけにジュニアサッカーNEWSを知り、ユーザーからライターに応募。2016年1月よりジュニアサッカーNEWSライターとして働き始める。
兵庫、和歌山担当を経て2019年3月より関西エリア責任者を務める。(兵庫2種・3種、和歌山の担当も兼任)

本と散歩とコーヒーをこよなく愛しています。
「ひたむきに、まっすぐ、楽しみながら」皆さんの頑張りをお伝えしていきたいです。

天皇杯予選の時期になると覗く兵庫県社会人サッカー連盟のHP。
更新履歴のところにいつも掲載されている「中の人」の呟きが大好きです。
いつも読んでは思わず頬が緩み、ほっこりさせていただいています^_^
Return Top