ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【スペシャルルーキー】応援してくれる人たちと仲間の支えが原動力!長崎総大附・坂本 錠 選手インタビュー

2022年8月6日~8日の3日間、熊本県の大津町運動公園にて「火の国スペシャルバウト2022」が開催されました。
ジュニアサッカーNEWSでは、1校から1人ずつ「編集部が選ぶスペシャルルーキー」を選出し、今大会で感じたことや得たこと、また今後の目標や夢などを伺います。

長崎総合科学大学附属高校サッカー部からは、フォワードとして活躍する坂本 錠 選手が選出されました。

ボールへの嗅覚が優れており、フォワードとしての存在感も大きく、シュートセンスが光る選手です。
高校入学早々から注目を集める坂本選手の素顔に迫ってみたいと思います。

(写真提供/坂本錠選手・Blue Waveスペシャルバウト公式サイト、zoom取材・文/choco)

↓本文は写真の下から始まります↓

お話を聞いた人
長崎総合科学大学附属高校サッカー部 坂本 錠 選手

坂本 錠(さかもと じょう)選手
学年:1年生
ポジション:FW
背番号:22
出身:神奈川県

自分がもっと点を取らなければ!と強く感じさせてくれた大会

――今大会に出場して感じたことや得たことはありますか?

坂本 錠 選手(以下、坂本)

高校入学後に戦ってきた球蹴男児などの試合もそうでしたが、長崎総大附は失点は少ないんですが、納得のいくような点の取り方がなかなかできていません。
今大会も、自分たちフォワード陣が思うように点を取ることができず、決勝の国府戦は負けてしまい準優勝に終わってしまいました。
シュートシーンで確実に点を決めることは、今の自分の課題でもあります。今後はシュートの精度を上げられるように改善していきたいと思いました。
火の国スペシャルバウト2022は、自分がもっと点を取らなければいけないということを強く感じさせてくれる大会でした。

――ゴールシーンでは、どんなことを感じましたか?


坂本
那覇西戦では、初っ端に決定的なシーンでゴールを決めることができず、そこからズルズルと失点してしまい流れが悪くなってしまいました。
その後、「流れを変えて自分がゴールを決めてやる!」という強い気持ちでシュートを2発打ち込みました。
日章戦は、先日の球蹴男児で負けていたこともあり、絶対に負けられないリベンジ戦だという気持ちでチャレンジしました。
結果、ゴールを決めることでチームの勝利に貢献できたので嬉しかったです。

――シュートを決めるために心がけていることがありますか?

坂本

自分自身まだまだだと思っているので、練習が終わった後の自主練で必ずいつもシュートを打つ練習をしています。
寮の食事や門限の時間にもよりますが、自分が納得するまで繰り返し練習することが日課になっています。
日々の小さな努力の積み重ねが、今後の自分の成長に繋がると信じ、これからも日々コツコツと続けていきたいと思っています。
また、今大会はグリーンカードチャンネルで動画を配信していただいたので、神奈川で一緒にサッカーをやっていた仲間や地元の友達、家族も観てくれていました。
応援してくれている人の気持ちが自分の頑張る原動力になっていることも確かです。
「みんなの期待に応えられるようにシュートを決めよう!」と思いながら常々プレーしています。

長崎総大附の仲間にも支えられている日々

――身近な方の応援や支えは心強いですね。

坂本
はい。地元の友達だけではなく、今は長崎総大附で一緒にサッカーを頑張る仲間との繋がりも自分の支えになっています。
練習の中で、火曜日に行われている「ししゃも」と呼ばれる走りがすごくきついんですが、走りながら、みんなで声を掛け合って走り切ります。
つらい時の仲間同士の声掛けは、とても支えになっています。
それから、月曜日以外は朝練が毎日あります。前日練習した疲れが残ったまま、朝早くから起きるのは大変です。
寮生活なので朝から起床の放送は鳴るんですが、自分は早起きが苦手なので同学年の仲間が起こしてくれたりもします。
そんな仲間たちとの長崎総大附でのサッカーをこれから3年間頑張りたいと思いながら日々過ごしています。

――これからの目標や夢を教えてください。

坂本
まずは近い目標として、9月から始まる蹴球男児のセカンドステージ上位進出が決まったので、強い気持ちを持って精度の高いシュートを決め、得点力を発揮し、チームに貢献したいと思います。
高校入学後、日ごろの練習や試合などで、精神的にも肉体的にも「強さ」という部分を培ってきましたが、まだまだ足りない部分が多いので、今後も更に「強さ」に磨きをかけて試合で出せるよう努力したいです。

将来の夢はプロサッカー選手になることです。
元チームメイトたちが、プレミアリーグで活躍している姿や頑張っている姿を見ると「負けられない!頑張ろう!」という気持ちになります。
いつか、一緒に頑張ってきた仲間たちと対戦できる日を目標に、これからも一日一日を大切にしながら頑張りたいと思います。

関連記事

【全試合ライブ配信しました】2022年度 Blue Wave サマーバトル2022~激戦 火の国~スペシャルバウト(熊本)優勝は熊本国府!

2022年度 球蹴男児U-16リーグ 結果更新!

【長崎総合科学大附属高校(長崎県)メンバー紹介】 2022 球蹴男児U-16リーグ

最後に

火の国バウトに出場した9チームの選手たちは、入学直後から九州や四国・中国地方のU-16ルーキーリーグで強豪校と戦ってきました。
高校に入学してわずか5ヵ月という短期間で、めきめきと力をつけてきた彼らが今後の高校サッカーでどう成長していくのか、どんな結果を残すのか楽しみですね。
今回インタビューに答えてくれた坂本選手も、長崎総合科学大学附属高校サッカー部のフォワードとしてどのような成長を遂げていくのでしょうか?
今後の坂本選手のプレーに注目していきたいと思います。
練習や遠征試合など忙しい合間にインタビューに答えていただきありがとうございました。
坂本 錠 選手と長崎総合科学大学附属高校サッカー部のこれからのご活躍を心からお祈りしています。

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSWriterchoco
ライターを始めて4年経ちました。
わたし自身もサッカー少年3兄弟の母です。
週末、息子の試合の追っかけをしては、チームの成長を感じ幸せな気持ちになる日々を送っています。

サッカーを頑張る選手たち、それを支える保護者や指導者の方々。
サッカーに関わるすべての方に寄り添えるような記事が書けるよう、これからも精進していきたいと思います。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top