ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

8月4日ベルリンの奇跡

8月4日は「ベルリンの奇跡」の日です。
ベルリンの奇跡は、1936年(昭和11年)のベルリンオリンピックで、日本代表がスウェーデン代表に逆転勝利した試合を指す日本国内での表現です。

この試合は、ヘルター・ブラッツ競技場で6千人もの観客の中、行われました。
当時のスウェーデンはドイツ・イタリアと並ぶ強豪国で、アジアの小国である日本は、体格の面でも明らかに劣っていました。

突然のシステム変更

1925年(昭和元年)に、FIFAはオフサイドのルール改正をしました。
それ以前は守備側3人目の選手がオフサイドラインでしたが、現在と同じ守備側2人目に変更されたのです。
その結果、欧州ではスリーバックシステムが主流になりました。
しかし、当時の日本はツーバックシステムが主流。
大会前の7月に行われた、ベルリン市内の地元チームとの練習試合では、3戦全敗でした。
そして、急遽、スリーバックシステムに取り組むことになります。

まさかの逆転勝利へ

スウェーデンは、開始直後からグラウンドを支配し、日本は0-2で前半を終えました。
後半になり、スウェーデンが油断したのか、ショートパスを中心とした日本の戦術が機能しはじめました。
そして後半4分に1点、17分に1点のゴールをあげ、同点に追いつきます。
誰もが予想しなかった展開でした。
後半40分、ついに日本が逆転し、そのまま試合終了となりました。
スウェーデンの実況アナウンサーは、「Japaner, Japaner, Japaner(日本人、日本人、また日本人)」と連呼し、試合終了後、観客の多くが日本の勝利を祝福し、ピッチになだれ込みました。
スウェーデンのスポーツ分野においても、この試合は歴史的出来事のひとつとして記憶されているそうです。

参照 ウィキペディア
サライ
東京坂道ゆるラン

サッカー記念日カレンダー

5月5日 フットサルの日
5月15日 Jリーグの日
6月14日 モリシの日
7月7日 ソサイチ(7人制サッカー)の日
7月24日 ドローンサッカーの日
8月4日 ベルリンの奇跡
9月10日 日本サッカー協会(JFA)設立の日
10月25日 ドーハの悲劇
10月26日 木村和司伝説のFK
11月11日 サッカーの日
11月16日 ジョホールバルの歓喜

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriternao
はじめまして。群馬県在住ライターのnaoです。
高校生の息子と小学生の娘がいます。
子育ての難しさ、日々、実感しています。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top