ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

サッカーWEリーグ1年目の順位確定、優勝はINAC神戸レオネッサ!今、Fリーグがおもしろい!ほか 5/23~27スポーツトレンドニュース一気読み!

1週間のスポーツ・サッカー界の動きを全部まとめて一気読みできます。

~CONTENTS~
◇ サッカーの動き
◇ スポーツの動き

↓本文は写真の下から始まります↓

サッカーの動き

チーム、選手、サポーターを含めたスタジアムの一体感。“セレッソ×ヤンマー”はフットボールの持つ素晴らしさを世の中に伝えていく | Jリーグ

ヤンマーホールディングス株式会社クリエイティブ部スポーツビジネス室ソリューショングループの山添淳史氏は、今回のサポーティングマッチに込めた思いについて、「一人でも多くの方に、トップパートナーであるヤンマーとセレッソ大阪のつながり、関係を知ってもらいたい。実際にスタジアムに来てもらって、『サッカーって楽しいね』と思っていただき、また来ていただくようなサイクルを作りたい」と話す。また、今回のサポーティングマッチは、ヤンマー社員が一丸となってセレッソをサポート。

21年度Jクラブ経営情報公表!「コロナ前の規模に戻りつつある」赤字34→20クラブ、債務超過は10クラブ

営業収益は54クラブ合計で前年比115%の1,147億円となり、2019年度比93%で「コロナ前の規模に戻りつつある」とJリーグ。一方、そのうち入場料収入は19年度比53%にとどまっており、回復の遅れが目立った。また営業費用は54クラブ合計で前年比105%の1,204億円。2019年度比97%で、コロナ前の規模に戻ってきている。

単年度赤字のクラブは昨年度から14クラブ減り、20クラブ。北海道コンサドーレ札幌、ベガルタ仙台、FC東京、横浜FC、名古屋グランパス、セレッソ大阪、アビスパ福岡、サガン鳥栖、大分トリニータ、水戸ホーリーホック、ザスパクサツ群馬、東京ヴェルディ、レノファ山口FC、FC琉球、福島ユナイテッドFC、アスルクラロ沼津、FC岐阜、ガイナーレ鳥取、カマタマーレ讃岐、ロアッソ熊本が該当した。

また債務超過は仙台、名古屋、C大阪、福岡、鳥栖、東京V、山口、福島、沼津、鳥取の10クラブ。昨年度と同じ数だが、新たに名古屋、福島、沼津が加わり、ブラウブリッツ秋田、Y.S.C.C.横浜、AC長野パルセイロは債務超過を脱した。

PSGの来日決定!川崎F、浦和、G大阪と7月に対戦 1000万円の“プレミアム”NFTチケットも発売予定

『Paris Saint-Germain JAPAN TOUR 2022』として開催されるツアー。試合は7月20日に川崎フロンターレと国立競技場(19時30分キックオフ予定)で、23日に浦和レッズと埼玉スタジアム2002(19時キックオフ予定)で、25日にガンバ大阪とパナソニックスタジアム吹田(19時キックオフ予定)で、それぞれ対戦する。

リアル「キャプテン翼」南葛SC企画も好評 フィナンシェ「スポーツNFT」導入法

──確かにアビスパ福岡のNFTに選手の顔写真が使われたものがありませんでした。クラブのマスコットなどを使ったものが多いですよね。何が障壁なのでしょうか?

選手の肖像権・パブリシティ権です。NFTには、二次流通時の手数料の一部が発行主に渡るように設計できるという特徴もありますが、こういった権利や収益をリーグなどやチーム、選手個人間でどのように管理するかが、まだ明確になっていません。

Jリーグなどでもまだ様子見のクラブも多いと思いますが、個人でNFTを発行する選手が出始めてもいます。少しずつ、色々なルールが整理されていくはずです。

レジェンド社、レアルのベルナベウも担当、欧州で多くのクラブのビジネスを最大化

スポーツ業界の大手企業(クラブ)は、小売業やスタジアム運営を、ビジネスを最大化するための絶好の機会と捉えている。しかし、多くのクラブはオフィスに必要な人材を揃えているわけではなく、レジェンド社はこの分野でベンチマークされるクラブに動き出すことができた。

同社は、現在世界有数の施設の運営に携わっており、マドリーのスタジアム、サンティアゴ・ベルナベウもそのリストに加わっている。レジェンド社の株主である「シックスス・ストリート」は今後20年間スタジアム事業の収入の30%と引き換えに3億6千万ユーロをレアル・マドリードに支払うことになる。

初代ECL王者はローマ! フェイエノールトとの激闘を制し、初のUEFAメジャータイトル獲得

2021-22シーズンから新設されたECLもいよいよ大詰め。ローマはフィテッセ、レスターなどに勝利してファイナルへと駒を進めた。これまでUEFAが主催するメジャー大会では優勝の経験はない。ジョゼ・モウリーニョ監督はチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)の優勝経験があり、今回の決勝戦で勝利すると、欧州カップ戦“3冠”達成となる。

今季よりFリーグ参戦「リガーレヴィア葛飾」始動 葛飾区民に応援呼びかけ

 北智之監督は「葛飾区をホームタウンとして戦うチームとしてプライドと信念を持ち、チーム一丸となって勝利を目指す。一戦必勝を掲げ、地域の皆さんの活力となれるよう、リガーレらしいフットサルができたら」と意気込み、「チームカラーは赤。ホームアリーナを赤で埋めてもらい、私たちと一緒に熱いフットサルを楽しんでほしい」と呼びかける。

フットボールを基軸に Jリーグチェアマン・野々村氏

「リーグとしては、それぞれの地域でどれだけクラブにサポーターを増やせるかが鍵で、それにはその地域に合ったプロモーションが必要。地上波のローカル放送と地域のクラブの相性はいいと感じているので、地域のメディアと組んで作品の魅力を広範囲に伝えていく。そういう作り方がうまくいきそうな感じを持っている。そしてサッカーと関わると、こんなに幸せだったんだと一人でも多くの人に気づいてもらう。地道な作業を着実にこなすことで、川下からも空気を変えていく。今のタイミングではそれが必要だと思っている」

【Fリーグ】視覚障がい抱えた元Jリーガー神戸松本光平「ピッチ内外で貢献したい」6・18開幕

ニュージーランドのチームに在籍していた20年5月、チューブの器具を用い、筋力トレーニングをしていたところ、器具が目に当たり両目を負傷。右目は失明し、左目がかすかに見えている程度だという。

松本は「僕は目が見えていない視覚障がい者。それを分かった上でプレーする機会を与えてくれた。昇格の目標を達成できるように、ピッチ内外で貢献したい。プレーするには問題なく見えている。ぼやけているが何となくは分かります」と話した。

FC町田ゼルビアと経営学部が教育連携。学生たちがホームゲームでの集客案のプレゼンテーションを行いました。

また試合時の入場料以外にもさまざまな収益の柱があること、余暇の楽しみ方という観点では近隣のJリーグチーム以外にも多くのライバル(他のプロスポーツチーム、テーマパーク、ショッピングモールなど)が東京・神奈川エリアには存在していることなど、企業のトップだからこそ語れる実情を、分かりやすく学生たちに語っていきました。その上で「強力なライバルの多い東京都でゼルビアのホームゲームを選んでもらうために、あなたが社長ならどんなことをしますか?」と、試合の来場者数アップのための施策を出題。学生たちは5、6名のチームに分かれて企画を立案し、1週間後の19日に再度大友氏をお招きしてプレゼンテーションを行いました。ここではそれぞれのチームのプレゼンテーション内容を紹介します。

【スポーツ領域の新サービスに見るビジネス創出のポイント・1】サッカー業界の課題解決へ

「サッカーに関わるすべての人に+1の選択肢を。」というコンセプトを掲げた「PLAYMAKER」というサービスをご存じだろうか。PLAYMAKERは、サッカー業界の課題を解決するために生み出されたサービスで、選手とクラブチームのコミュニケーション支援を行う、インターネット上のバーチャル代理人のイメージである。そのほかにもクラブチームからの情報発信やレンタル移籍支援など、サービスを拡充しており、サッカー業界では注目されている。

PLAYMAKERの創設者は、元AC長野パルセイロのプロサッカー選手であった三橋亮太氏。三橋氏は自身のプロサッカー選手としての原体験をもとに「挑戦へのリミットを外す」というミッションを掲げ、さまざまな観点からスポーツ業界における課題に取り組んできた。

異色選出のU-19日本代表。多重国籍のバルセロナDF高橋センダゴルタ仁胡ら招集に見るJFAの戦略

23日に発表されたメンバーリストには、Jリーグや日本のユースチームでプレーする選手に加え、3人の「欧州組」の選手が名を連ねた。ブラックバーンのDF前田ハドー慈英、バルセロナの高橋センダゴルタ仁胡、そしてヴァッカー・インスブルックでプレーするFW二田理央である。

3名のうち、二田は日本で生まれ育った選手で、サガン鳥栖U-18に在籍している最中、欧州の舞台へチャレンジすることを選んだ、ちょっと特殊なキャリアの持ち主だ。年代別日本代表にも名を連ねた経験を持ち、高校3年生でトップデビューを果たしてプロ契約を結ぶと同時に期限付き移籍の形で渡欧している。

J1神戸 三木谷会長 涙の続投明言 SNSでクラブハウス訪問を投稿 21日には進退言及

J1神戸の三木谷浩史会長(57)が23日、自身のツイッターを更新し、クラブハウスを電撃訪問した様子を動画で公開した。同会長は選手、スタッフを前に「もう一回、一生懸命にやろうと思いました。このままやり続けるというのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と声を震わせながら、会長職の続投を明言した。

サッカーWEリーグ1年目の順位確定 優勝はINAC神戸レオネッサ

▽優勝は16勝2敗2引き分けで勝ち点50のレオネッサ、
▽2位は13勝4敗3引き分けで勝ち点42の三菱重工浦和レッズ、
▽3位は10勝6敗4引き分けで勝ち点34の日テレ・東京ヴェルディベレーザでした。

高校総体女子サッカーで衝撃の52-0…新潟帝京長岡が国際情報戦で記録 前半26点、後半も26点

大会には4校が参加し、次戦28日は開志学園JSCとの決勝になる。松野智樹監督は「普段ベンチ外の選手も試した。決勝はベストメンバーで臨む。頑張ります」と話した。

サポーターと一緒に創る、アビスパ福岡の未来――トークンがクラブに与えたもの

トークンホルダーとのコミュニケーションや投票で決定しています。『サポーターとつくるワンデーマッチ』は今年で2回目なのですが、昨年の開催でわかったのは『体験』へのニーズでした。グッズや選手のサイン入り賞品のプレゼント以上に希望する声を多くいただきました。あと、クラブに貢献できる機会を希望する声もあったので、今後はトークンホルダーに運営側のお手伝いをお願いすることも検討しています。

Jリーグでも新事業がスタート!スポーツビジネスの新しい可能性を切り開く“NFT”を特集

そんなファン心理をくすぐるNFTビジネスが、この春からJリーグでもスタート。選手ごとの名場面をランク分けして販売したり、トレーディングカードのようなパック販売を行ったりと、コレクターの独占欲をくすぐるアイデア商品が続々と登場している。

スポーツの動き

ファンづくりの秘密明かす Bリーグチームのマーケ策

プロスポーツクラブの中でも事業規模はプロ野球の10分の1、サッカーJリーグの5分の1とも言われるプロバスケットボールでの成功物語は、スタートアップや中小企業、地域ビジネスなどいろいろなビジネスをスケールする際のヒントにもなりそうだ。

現役アスリートが理事を務めるアスリートサポート組織 「一般社団法人国際アスリートサポート協会」が5月13日に設立

一般社団法人国際アスリートサポート協会では、加盟アスリート、および、加盟サポーター(アスリートへの支援・サポートをする個人・団体)を募集しております。アスリートは年額555円~、サポーターは年額5,555円~で加盟でき、様々なサービスを受けることができます。詳細はIAS公式サイトでご確認ください。

ハンドボール・宮崎大輔―アースフレンズBM選手兼任監督として世界基準のチームを目指す(後編)

宮崎監督:メディア出演に関しては、自分で営業しながら少しずつチャンスを掴んでいきました。日本代表選手としてプレーしていた頃、メディア関係の人から名刺をいただく機会があったんです。そこで私は必ず手紙を書き、100件近く送ったなかで3通だけ返事が届きました。

最初は、地方のラジオ番組に出演したことが始まりです。そこからテレビ・新聞関係の人を紹介していただくようになり、徐々にメディアで露出する機会が増えていきました。

スポーツクラブ大手、業績復調も手放しで喜べず 「燃料」高騰が忍び寄る

2023年3月期の見通しはどうか。売上高をみると、コナミスポーツが9.6%増の460億円、セントラルスポーツが11.6%増の450億円、ルネサンスは7.8%増の400億円を予想する。ただ、コロナ前の2019年3月期と比べ、コナミは175億円、セントラルは140億円、ルネサンスは60億円それぞれ下回り、回復途上であることに変わりない。

今後の懸念材料の一つが世界的なエネルギー価格の高騰だ。空調・照明やプール、浴室の燃料費などの運営コストが上昇傾向にあり、収支改善の妨げになるおそれがある。

大谷翔平、現時点の「オールスターチーム」に投打とも選出されず DH枠はハーパー MLB公式

MLB公式サイトは25日、現時点でのMLBオールスターチームとして各ポジションから1人ずつをピックアップした記事を掲載。大谷翔平選手(エンゼルス)ら日本人選手は選ばれなかった。

冬の“国民スポーツ大会”令和7年に岡山市と倉敷市で開催へ

正式決定は7月上旬になる見込みで、正式に決まれば、岡山での冬の大会開催は初めて、またスケートやアイスホッケーが開催されるのは、西日本で初めてになるということです。

子どもに「向いているスポーツ」が分かる? 小学生が最先端の体力測定など体験 岡山市・環太平洋大学

「(Q.習い事やってる?)プール。(Q.他に何かやってみたい?)サッカー!」
「(Q.自分に手の力とすばやさがあるって知ってた?)いや知らなかった。(Q.中学で部活何に入りたい?)卓球。(Q.自信ついた?)うん」

埼玉西武 本拠地で「交流戦グルメ2022」販売決定!

対戦カード別グルメ」は、横浜DeNAベイスターズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープの3チームの本拠地やチームカラーにちなんだグルメが登場。横浜DeNA戦では、青色のスウィートマヨネーズと星形のトルティーヤを使った「スタースウィートマヨポテト」、巨人戦ではオレンジをイメージした「オレンGカクテル」、広島戦では「真っ赤なカキフライカレー」など、目にも楽しい限定グルメをそれぞれ10種類、合計30種類販売する。

Web3.0時代を見据えたNFTビジネスプロジェクト「Hakuhodo DY Play Asset」
【第1回】スポーツの感動をNFTコンテンツ化する「PLAY THE PLAY」とは?

PLAY THE PLAYは、プロスポーツに特化した動画NFTコンテンツ発行プラットフォームです。開発は博報堂DYグループ横断で新規事業開発に取り組む組織「ミライの事業室」が手掛けています。この2月に、明治安田生命J1リーグの試合の映像を「動画トレーディングカード」としてファンの皆さんに提供するサービスを始めました。(中略)
PLAY THE PLAYの大きなポイントは、権利ビジネスであるということです。選手の肖像権や試合の放映権の所有者は、スポーツによって異なります。動画トレカのようなコンテンツを手掛けるには、権利関係を把握し、交渉先を見極めながら、ビジネスの形を整理するノウハウが求められます。これまでさまざまなスポーツビジネスを手掛けてきた博報堂DYメディアパートナーズグループには、そのようなノウハウがあります。

また、映像編集などのクリエイティブ力、コンテンツ展開のプランニング力、外部のパートナーとのネットワーク力などがあるのも僕たちの強みです。外部のパートナーには、権利ビジネスやNFTに詳しい法律の専門家もいらっしゃいます。法律や規制などルールをしっかり踏まえながら、新しい時代に即した権利ビジネスをデザインできるプレーヤーは、日本国内にはそれほど多くないと思います。僕たちはデジタルコンテンツの販売ビジネスではなく、Wab3.0時代におけるデジタル知的財産(IP)のビジネスモデルの探索と確立にチャレンジしているのです。

関連記事

インタビュー動画公開!Jリーガーの6割は大卒の時代!?【強豪福岡大学サッカー部】乾監督に聞いた「中高生がやっておくべきこと」と「福大サッカー部の取り組み」

U-21日本代表メンバー発表!AFC U23アジアカップウズベキスタン2022(6.1~19)

【Green Cardチャンネル】youtubeメンバーシップ開始のご案内

【2022年度 高校総体男子インターハイ】各地で夏の全国大会を懸けた熱い戦いが始まっています!高知高校が全国大会一番乗り!【47都道府県まとめ】

【高円宮杯U-18リーグ】2022シーズン開幕日程情報掲載!昇格をかけての軌跡【47都道府県まとめ】

【スポーツを通したまちづくり】 「慢性的な公式戦会場不足解消」と「持続可能な地域の活動交流拠点」を目指して 熊本フットボールセンター応援ファンド 無料説明会開催

【第8節】川崎フロンターレ、サガン鳥栖が5連勝!高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグEAST/WEST2022 第9節 5/28~6/22分散開催

寄稿者プロフィール

JUNIORSOCCER NEWSWriterchoco
私自身も3人のサッカー少年の母。
この春、一番上が社会人、真ん中はもう一年大学受験再チャレンジのため予備校へ、一番下が高校一年生になりました。

それぞれ新しいことにチャレンジする年になりそうです。

もともとジュニアサッカーNEWSを読む一保護者でしたが、ご縁あってライターとして皆さまに情報を提供させて頂くことになりました。

読者の方々の気持ちに寄り添えるような情報を お届け出来るよう頑張っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願い致します。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top