ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦 大学の部・第22回滋賀県サッカー選手権大会 大学代表決定予選 優勝はびわこ成蹊スポーツ大学!

2022年2月27日(日)、3月5日(土)にて開催される天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦 大学の部(第22回滋賀県サッカー選手権大会 大学代表決定予選)の情報をお知らせします。

2021年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ

※チーム名をクリックしていただくと、チーム情報がご覧いただけます。

決勝 3/5
びわこ成蹊スポーツ大学 5-0 滋賀大学教育学部
参照:びわこ成蹊スポーツ大学サッカー部Twitter

1回戦 2/27
滋賀大学経済・DS学部 0-3 滋賀大学教育学部

参照:滋賀県サッカー協会HP

関連記事

2022年度 天皇杯JFA第102回全日本サッカー選手権大会 1回戦~ラウンド16(4回戦)までの組合せ掲載!5/21開幕!

2022年度 第27回滋賀県サッカー選手権大会 兼 天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦(滋賀FAカップ)3/27,4/23,5/7

2021年度 サッカーカレンダー【滋賀県】年間スケジュール一覧

 

【全年代日本代表】2021年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦 大学の部・第22回滋賀県サッカー選手権大会 大学代表決定予選

<日程>

2022年2月27日(土)、3月5日(土)

<会場>

野洲川歴史公園サッカー場 ビッグレイク
びわこ成蹊スポーツ大学サッカーフィールド(人工芝)

<大会概要>

大会規定
(1)出場選手は2021年度 JFA 承認済みの登録選手とし、試合前のメンバーチェックは関西学生連盟登録選手証(写真貼付必須)にて行う。
(2)ベンチに入ることのできる人数は13名(交代要員7名・役員6名)とし、メンバー提出用紙に記載されていなければならない。
(3)テクニカルエリアを設置し、メンバー提出用紙にて特定された者の中から、その都度 1名のみ戦術的指示を与えることが出来る。この1名の者は特定の1名に限定される必要はない。なお、必要な場合は通訳の同行が認められる。
(4)交代に関しては、登録した7名の交代要員の中から、最大5名までの交代が認められる。
(5)本大会中、退場を命じられた選手の処分については、公益社団法人滋賀県サッカー協会規律委員会で決定する。
(6)上記に定めていない事項については、2021 年度財団法人日本サッカー協会競技規則により実施する。

 競技方法
(1) 本大会の試合時間は90分(45分‐15分‐45分)とする。勝敗が決しない場合は前後半10分づつの延長戦を行う事とする。延長戦でも勝敗が決しない場合はPK方式により決定する。
(2) 競技開始70分前に両チーム監督、審判団によるマネージャーミーティングを行う。ミーティング終了時に、メンバー表、選手証を提出する。
※メンバー表、交代用紙は滋賀県サッカー協会HP 1種欄に掲載のものを使用すること
(3) 試合は滋賀県サッカー協会が用意した4球(モルテンヴァンタジオ 5 号検定球)で行いボールパーソンは2名(各チーム1名づつ)で行う。

参照:滋賀県サッカー協会HP

滋賀県内の地域ごとの最新情報はこちら
滋賀少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>

2021年度 天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会滋賀県代表決定戦(大学の部)優勝はびわこ成蹊スポーツ大学!

<2020年度>
コロナウィルスの影響で中止となりました

<2019年度>

2019年度 第24回 滋賀県サッカー選手権大会 大学代表決定予選(第99回 天皇杯代表決定戦 大学の部)【滋賀県】優勝はびわこ成蹊スポーツ大学!

最後に

滋賀県大学代表決定戦はびわこ成蹊スポーツ大学の優勝となりました。
おめでとうございます!
滋賀FA CUPでのご健闘をお祈りしています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2021年8月にライター歴4年目に突入、サッカー娘の母歴は丸11年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top