ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【大会中止】2021年度 JFAガールズサッカーフェスティバル静岡 第19回ドリームカップ

JFAガールズサッカーフェスティバル2021静岡 第19回ドリームカップの情報をお知らせします。

3月20日に延期開催の予定でしたが、大会中止となりました。
参照元:アスルクラロ HP

2021年度 大会結果詳細

〇結果は分かり次第掲載いたします。試合結果をご存じの方はぜひ情報提供お待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ

分かり次第掲載します。情報をお待ちしています!

関連記事

2021年度 フジパンカップU-12 少女の部 静岡県大会
2021年度 フジパンカップ ユースU-12 サッカー大会 少女の部 東海大会

おすすめコラム・まとめ
身長のためにプロをあきらめた人に聞く。身長=遺伝はもはや都市伝説!?科学的に理にかなった身長を伸ばす方法について調べてみた PR
部活とクラブチームのメリット・デメリットとは?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路
サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?
【全年代日本代表】2021年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2021年度 サッカーカレンダー【静岡県】年間スケジュール一覧

2021年度 静岡県リーグ戦表 一覧

2021-2022【静岡県】セレクション・体験練習会 募集情報まとめ

JFAガールズサッカーフェスティバル2021静岡 第19回ドリームカップ

<日程>

2022年1月29日(土)、30日(日)
→3月20日(日)に1DAY大会で開催

日程参照:アスルクラロスポーツクラブ

<会場>

時之栖スポーツセンター裾野グラウンド

<大会概要>

趣旨
静岡県の将来を担う子供たちのサッカーへの興味・関心を深め、サッカーの技術・理解を向上させると同時に、サッカーを通じて心身を鍛え、リスペクトの精神を養い、クリエイティブでたくましい人間の育成を目指し、その研修の場として本大会を開催する。将来に向けて大きく成長するための準備として、この年代にふさわしいゲーム環境を提供することにより、育成年代で年代に応じた豊かな経験を積み重ねる中で自ら成長していくことの出来るようサポートする。子どもたちや周囲の大人が、サッカー、スポーツの素晴らしさに触れ、生涯にわたって楽しみ、関わっていけるよう、文化として醸成していくことを目指す。指導者はエントリー選手全員出場に向けて努力する。

主催
一般財団法人 静岡県サッカー協会

主管
一般財団法人 静岡県サッカー協会4種委員会

参加資格
・本大会の趣旨に賛同するチームであること
・一般財団法人静岡県サッカー協会4種女子委員会に登録した12歳以下小学生の女子選手で構成されたチームで、一般財団法人静岡県サッカー協会4種女子委員会にチーム登録したチームであること。なお、一般財団法人静岡県サッカー協会4種女子委員会にチーム登録した合同チームの参加を認める
・選手は公益財団法人日本サッカー協会「4種」に個人登録してあり、スポーツ安全保険に加入していること

参加チーム
各支部から選ばれたチーム

競技方法
・(試合方法)予選リーグを行い、決勝(上位)トーナメント、下位トーナメントを行う
・(試合方法)試合時間は、リーグ戦及びトーナメント戦共に、15-5-15とする
・リーグ戦は同点でも延長戦は行わず、①勝点(勝3・分1・負0)②当該対戦成績③得失点④総得点⑤抽選の順によりリーグ内の順位を決定する
・トーナメントは同点の場合、延長戦を行わず、PK方式(3名)で勝敗を決定する
・一日目の開催が中止になった場合は、試合時間;10-5-10のトーナメント戦による一日開催とする。二日目の開催が中止になった場合は、一日目の試合結果をもって順位を決定する

過去のものを参考にしています。2021年度の概要が分かり次第掲載します。

参照サイト:静岡県サッカー協会

静岡県内の地域ごとの最新情報はこちら
静岡少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2020年度>
優勝:ラガッツァ焼津
準優勝:クワトロガールズ
第3位:Fine 静岡
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2019年度>
優勝:ラガッツァ焼津
準優勝:Fine静岡
第3位:泉フットボールクラブ
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
優勝:クワトロガールズFC
準優勝:泉FC
第3位:ラガッツァ焼津
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

最後に

中止となり大変残念ですが、今後も技術や心身の向上を図り練習に励んでくださいね。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSWriteryukiron
生まれも育ちも滋賀県(琵琶湖からは少々遠め)の一児の母。
こちらでは茨城・静岡を担当しています。
サッカーに携わるのは高校時代のサッカー部マネージャー以来、実に20数年ぶり!

プレーする選手だけでなく、監督やコーチ、保護者、地域の方々…とさまざまな人々によってサッカーが支えられているということを、この仕事を通してあらためて実感しています。
ひたむきにボールを追いかける少年少女、ジュニアサッカーに関わるすべての人たちを応援するべく、いち早く情報を発信してまいります。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top