ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

速報!2022年度 第17回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル U-16(岐阜県)優勝は大阪学院(大阪)!

2022年8月6日(土)~ 8月9日(火)に行われた「第17回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2022(U-16)」の情報をお知らせします。

★優勝した大阪学院の皆さん★(写真:FOOT BALLERS.JP twitter

2022年度 大会結果詳細

優勝:大阪学院(大阪)
準優勝:海星(三重)

第3位:細田学園(埼玉)
第4位:鹿島学園(茨城)
第5位:大成(東京)
第6位:学法石川(石川)
第7位:開志学園(新潟)
第8位:各務原(岐阜)

決勝トーナメント(8/8,9)

<決勝>8/9
10:00  海星(三重)0-0(PK2-4) 大阪学院(大阪)

<3位決定戦>8/9
10:00  鹿島学園(茨城)0-2 細田学園(埼玉)

<5位決定戦>8/9
大成(東京)4-1 学法石川(石川)

<7位決定戦>8/9
各務原(岐阜)2-3 開志学園(新潟)

<準決勝>8/8
海星(三重)2-0 鹿島学園(茨城)
細田学園(埼玉)0-1 大阪学院(大阪)

<順位決定戦>8/8
大成(東京)3-0 各務原(岐阜)
開志学園(新潟)2-2(PK1-3)学法石川(石川)

<1回戦>8/8
海星(三重)2-1 大成(東京)
鹿島学園(茨城)5-0 各務原(岐阜)
細田学園(埼玉)1-1(PK4-1)開志学園(新潟)
大阪学院(大阪)2-1 学法石川(石川)

参照:FOOT BALLERS.JP twitter

〇今後も大会やセレクション・トレセン情報等の提供をお願いいたします。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

 

関連記事

第17回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2022(サテライト)
2022 全国高校総体サッカー競技大会インターハイ
2022 第46回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会
2022 第13回堺ユースサッカーフェスティバル IN J-GREEN堺
おすすめ
高校生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2022年度 サッカーカレンダー【全国】年間スケジュール一覧

結果

グループリーグ(8/6,7)

【Aグループ】
1位:海星(三重)
2位:学法石川(石川)
3位:奈良育英(奈良)
4位:帝京大可児(岐阜)

【Bグループ】
1位:鹿島学園(茨城)
2位:開志学園(新潟)
3位:三重(三重)
4位:山城(京都)

【Cグループ】
1位:細田学園(埼玉)
2位:各務原(岐阜)
3位:東海大甲府(山梨)
4位:神戸科技(兵庫)

【Dグループ】
1位:大阪学院(大阪)
2位:大成(東京)
3位:松本国際(長野)
4位:名経大高蔵(愛知)

参照:FOOT BALLERS.JP twitter

第17回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2022(サテライト)

<日程>

2022年8月6日(土)~ 8月9日(火)4日間

<会場>

飛騨古川ふれあい広場(天然芝3面/人工芝1面)
〒509-4275 岐阜県飛騨市古川町黒内673

杉崎公園グラウンド(人工芝1面)
〒509-4221 岐阜県飛騨市古川町若宮2-1-66

流葉交流広場(人工芝1面)
〒506-1154 岐阜県飛騨市神岡町伏方143

<大会概要>

目的 サッカーに集中できる環境の中で、様々な地域チームの交流/強化の場を創出する。
主催 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル実行委員会

参加資格
1) 18歳以下の男子選手にて構成されたチームであること。
2) 原則として日本サッカー協会に登録チームであること。
3) 近年で都道府県ベスト8以上の成績があるチームであること。
4) 本部指定宿舎に宿泊できること。
※特別な事情により、実行委委員会が認めた場合には上記資格を満たさなくとも参加を許可する。

競技方法
カップ戦形式(グループリーグ:4チーム × 5ブロック → 決勝トーナメント:8チーム × 1+下位交流戦)
グループリーグにおける順位決定方法は勝利3点・引き分け1点・敗戦0点とし、勝点の多い順に決定する。但し、勝点の合計が同一の場合は以下の項目に従い順位を決定する。
①得失点差(=総得点-総失点) ②総得点  ③当該 チーム同士の対戦成績(勝敗)④抽選

6試合(初日/1試合・2日目/2試合・3日目/2試合・最終日/1試合)

競技規則
1) 公益財団法人日本サッカー協会「最新版競技規則」による。
2) 試合時間は全試合70分とする。 ※トレーニングマッチは除く。

参加チーム【U-16】
東北)
学校法人石川高等学校/福島
関東)
鹿島学園高等学校/茨城
細田学園高等学校/埼玉
東京学館高等学校/千葉
大成高等学校/東京
日本大学豊山高等学校/東京
東海大学付属甲府高等学校/山梨
北信越)
開志学園JSC高等部/新潟
松本国際高等学校/長野
東海)
名古屋経済大学高蔵高等学校/愛知
東海学園高等学校/愛知
帝京大学可児高等学校/岐阜
岐阜県立各務原高等学校/岐阜
海星高等学校/三重
三重高等学校/三重
関西)
京都府立山城高等学校/京都
京都産業大学附属高等学校/京都
奈良育英高等学校/奈良
大阪学院大学高等学校/大阪
神戸市立科学技術高等学校/兵庫
報徳学園高等学校/兵庫

抜粋参照:FOOT BALLERS

全国の最新情報はこちら

全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>
優勝:報徳学園(兵庫)
準優勝:海星(三重)
第3位:鹿島学園(茨城)

【優勝写真掲載】第16回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2021(U-16) 優勝は報徳学園(兵庫)!

<2020年度>
開催中止

<2019年度>
優勝:大阪学院大学高等学校 (大阪)
準優勝:大阪産業大学附属高等学校(大阪)
3位:鹿島学園高等学校 (茨城)

優勝は大阪学院大学高校!第14回 飛騨市長杯ユースサッカーフェスティバル 2019(U-16)16都府県22チーム参戦!

 

最後に

暑さの厳しい中、4日間お疲れ様でした!
これからも仲間とともに頑張ってください。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始めました。2022年に岐阜から愛知へ引越しました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子も今年は中学生になりました。
息子の所属チームの試合は、息子が出場してもしなくても、勝っても負けても全て大切な思い出です。

そんな気持ちを大切に、保護者の皆さんの大切な思い出のお手伝いができたらと思っています。
Return Top