ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

2022年度 第33回 小郡カップジュニアサッカー大会(U-12)福岡県 優勝はFC弥生!情報ありがとうございます!

☆◆優勝したFC弥生の皆さん◆☆(画像引用:みんなの速報にお写真いただきました!)

2022年7月9日(土)、10日(日)に行われた「2022年度 第33回 小郡カップジュニアサッカー大会(U-12)」の情報をお知らせします。

2022年度 大会結果詳細

優勝:FC弥生
準優勝:宇美ジュニアSC
第3位:三筑キッカーズ

結果

<決勝戦>
弥生 3ー0 宇美

<3位決定戦>
三筑 1 (PK4-3) 1 青葉

※みんなの速報に情報いただきました!ありがとうございます☆

予選リーグ組合せ 7/9(土)

決勝リーグ組合せ 7/10(日)

参照サイト:小郡東野サッカークラブHP

〇情報提供ありがとうございました。今後も大会・トレセン情報等ありましたら是非お寄せ下さい。
情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

関連記事

トレセンってつまり何?
トレセンって何のこと? トレセンコーチ、指導者20名にインタビュー
【ブクマ推奨】一度は行くはず!主要会場情報まとめ@福岡県
サッカー少年が小学生の間に経験したい「基本的な2つの運動」とは?~プロフィジカルコーチ鎌田豊~
【全年代日本代表】2022年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】
小学生:読まれている記事ランキング

【九州版】都道府県トレセンメンバー2022 情報お待ちしています!

一度は行くはず!主要会場情報!【グローバルアリーナ】福岡県#4

2022年度 第33回 小郡カップジュニアサッカー大会(U-12)

<日程>

2022年7月9日(土)、10日(日)

<会場>

小郡運動公園陸上競技場(福岡県小郡市大保444)
小郡運動公園多目的広場(福岡県小郡市大保444)
たなばた地域運動広場( 福岡県小郡市大崎)
東野地域運動広場(福岡県小郡市小郡2409-12)
立石地域運動広場( 福岡県小郡市干潟2055)

<大会概要・抜粋>

競技⽅法
【1日目 】
(1)A~Fの各グループ毎に2パートに分け、三角リーグを行う。
(2)各パートの1位、2位、3位同士により順位決定戦を行い、各グループ毎に1位~6位を決定する。
(3)2日目の組み合わせは、試合結果により自動割り振りにて決定する。
【2日目 】
(1)1位~6位の各グループ毎に2パートに分け、三角リーグを行う。
(2)各パートの1位、2位同士は順位を決め、3位同士はフレンドリーマッチを行う。
●試合時間は30分(前半15分、休憩5分、後半15分)とする。
●予選・決勝リーグの順位は次の通りとする。
勝ち点、当該チームの結果、得失点、総得点、抽選の順で決める。勝ち点は、勝ち=3点、引き分け=1点、負け=0点とする。
●1日目の順位決定戦、2日目の順位決定戦で勝敗が決まらないときはPK戦とする。PKの人数は3名とし、決しない場合にはサドンデスとする。
●競技規則は2021年度日本サッカー協会規則(JFA8人制競技規則)に準じて行うこととするが、次の事項については下記の通りとする。
・交代できる選手の数は自由とする。GK以外は、主審の許可を得ず交代できる。
・ピッチ(68ⅿ×50m)、ゴール(5m×2.15m)センターサークル(半径7m)、ペナルティマーク(8m)、ペナルティエリア(12m)、ゴールエリア(4m)
・本大会規定によりイエローカード、レッドカードは2日目に持ち越さない。

参照サイト:小郡東野サッカークラブHP

福岡県内の地域ごとの最新情報はこちら
福岡少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2021年度>
優勝:アッローロ
準優勝:グーリッド朝倉
第3位:分かり次第掲載します
結果詳細はこちら

<2020年度>
分かり次第掲載します

<2019年度>
優勝:太陽SC久留米
準優勝:今宿SC
第3位:小郡東野FC
結果詳細はこちら

最後に

ハイレベルなこの大会を制したのはFC弥生でした!おめでとうございます☆情報提供ありがとうございました☆

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSTm 福岡・山梨山口P伊海 智裕
伊海 智裕です。
山口県出身、福岡県在住。家族とサッカーと猫’Sに囲まれて暮らしています。

今春から長男は社会人、次男は大学生。
サッカー保護者生活も終わりかなあと覚悟していましたが、次男が九州大学リーグ1部の学校に進学し、サッカー部に入部が決まりました。

これまでのような親の出番は無いとは思いますしエリートばかり集まる大学サッカー部は本当に大変だと思いますが、大好きなサッカーを続けられる幸せを噛みしめて精一杯楽しんで頑張ってくれれば。

私も息子がサッカーを続けてくれる幸せを感じながらジュニアサッカーNEWSのお仕事をこれまで以上に頑張っていかないと!と、決意を新たにしている春なのです。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top