ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【寄稿】J下部スクールのセレクションに合格するための応募フォームの書き方とは

J下部のスクールに息子が合格し、親ができることを解説しました。

息子は小学校2年生からサッカーを始め、5年生になるタイミングでステップアップするべくJ下部スクールのセレクションを受けました。

息子は以前にもJ下部のセレクションを受けたことがありましたが、独特なセレクションの雰囲気に呑まれてしまい不合格。
とてもショックを受け「もう受けたくない!」と落ち込んでいましたが、今の殻を破ることはサッカー以外の成長にもつながる、と思い「もう一度だけ挑戦してみないか」と話してみました。

息子はしばらく考えて「もう1回やってみる」と決意し、そこから息子の強みや将来どんなサッカー選手になりたいのか、などサッカーに対して色々と話し合いました。
親ができることは、子どもが持っているサッカーへの熱意を引き出すことです。あとはその熱意を応募フォームでしっかり伝えられれば相手にも届きます。

応募フォームで書き方で重要なポイントは以下の3つです。
・ポイント1:子どものプレースタイルを観察し本人の自覚している強みを聞き記載する
・ポイント2:基礎体力の記録は具体的に記載する
・ポイント3:他の子がやっていないことで、子どもができていることがないか洗い出す

これらポイントは合格する家庭では必ずやっていることです。
セレクションは応募時から始まっていると考え、熱量を持って伝えるようにしてください。
詳しくはブログで解説していますのでぜひご覧ください。

本文続きは「コツログ」で!

寄稿:コースケ
サッカーチームのパパコーチ
ブログにて情報発信中

関連記事

部活とクラブチームのメリット・デメリットとは?早い人は小4から考え始める小学生のサッカー進路

サッカーに役立つ!家庭で簡単にできる!7つのコーディネーション能力を高めるトレーニングとは?

グラウンドで雷が鳴ったらこう動く!子どもに教えておきたい雷への対処法!

 

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top