ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

タイトル ##商業 ◆◆ ◇◇選手インタビュー

2022年8月6日~8日の3日間、熊本県の大津町運動公園にて「火の国スペシャルバウト2022」が開催されました。
ジュニアサッカーNEWSでは、1校から1人ずつ「編集部が選ぶスペシャルルーキー」を選出し、今大会で感じたことや得たこと、また今後の目標や夢などを伺います。

高松商業高校サッカー部からは、星野 滉成 選手が選出されました。

ポストプレーやスペースへの抜け出しが上手くチームの攻撃の幅を広げていた選手です。
開催中の四国ルーキーリーグS1(1部リーグ)でも得点ランキング1位の活躍を見せる星野選手にお話を伺いました。(2022年9月3日取材時点)

(写真提供/星野 滉成選手・Blue Waveスペシャルバウト公式サイト、zoom取材・文/冬馬瑠莉)

↓本文は写真の下から始まります↓

お話を聞いた人
##商業高校サッカー部 ◆◆ ◇◇ 選手

写真を入れる

(画像はzoom取材時のスクリーンショット)

◆◆ ◇◇(ふりがな)選手
学年:〇年生
ポジション:FW
背番号:10
出身:香川県(シーガルFC)

見出し

 

写真を入れる
写真:

ーーー質問

##商業高校サッカー部 ◆◆ ◇◇ 選手(以下、◆◆)

◆◆
実は今回の大会が、僕にとって初めての四国以外のチームとの対戦だったんです。
四国以外の高校と対戦出来たことは、僕にとってとても貴重な経験でした。

色々なチームと対戦させてもらい、一番感じたのはフィジカルの差です。

対戦相手のセンターバックは身長も高く、身体が強い。ヘディングで負けてしまう場面がありました。
仲間がつないでくれたシュートチャンスでも決めきることが出来ず、フォワードとしてチームに貢献できなかったことが課題だと感じています。

毎日のシュート練習の精度を上げていく必要があると思いました。

見出し

 

写真:

ーーー質問

星野

僕に一番合っていると思ったからです。

高松商業の練習会に参加した時、話しかけてくれる先輩の言葉や、明るいチームの雰囲気がとてもいいなと思いこの学校に決めました。

入学した後も、先輩たちの姿からは学ぶことが多いです。

先輩たちは、学校行事にも積極的に参加し、勉強もおろそかにしません。
サッカー部全体の雰囲気として、部活と学校生活を両方大事にするところも高松商業を選んで良かったところだなと思っています。

ーーー質問

星野

現在トップチームで、途中出場だけど試合に出させてもらっています。
スタメンとして活躍できるように日々の練習を全力で取り組みたいです。

スペシャルバウトに出場したことで、失点を防げたら他県の強豪校にも勝てることを感じることができました。
自分が勝利に導けるように常にゴールを目指し、今の課題に向き合っていきたいです。

この学校で全国大会に出場し、全国で勝てるチームを目指して努力していくことが目標です。

将来は、サッカーをずっと続けたいと思っていて、大学サッカーに興味があります。
先輩たちのようにサッカーも学校生活も頑張っていきたいです。

関連記事

最後に

 

星野選手と高松商業高校サッカー部の今後ますますのご活躍をお祈りしています。

456

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスター九州エリア責任者冬馬 瑠莉
Ruri Toma
熊本市在住。2017年1月からジュニアサッカーNEWSでライターをしています。

私には二人の息子をもつ母として、小さな夢があります。
その一つが、いつか息子の運転する車の助手席にのること。
もちろん彼女よりも先に乗りたいという野望付きですw
そして今年の春、その夢が叶いました。
意外に長男の運転が上手で、ちょっと拍子抜けした感はありましたが車庫入れに苦戦するところはまだまだです( *´艸`)

次の夢は、次男がお酒を飲める年齢になったら家族4人でお酒をたのしむことかな♪
あと4年後になりますが、その時を待ちながら息子たちの成長を見守りたいと思っています。
Return Top