ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

少年サッカーにもスポンサー。そのメリットは?〜ワールドジュニアサッカーコラム アメリカ編〜

アメリカ在住のアメリカ・ユタ州在住、在米8年目utloganさんの寄稿をご紹介します。

utloganさんの息子さんが参加している州選抜のプログラム(ODP)にはサッカーラボをもつ整形外科ホスピタルがスポンサーについているそうで、選手とスポンサー双方にメリットのあるユニークな取り組みをしているのだそう。

まだまだ、日本ではアマチュアスポーツへのスポンサーシップが確立していませんが、こうした取り組みが日本にも広がると良いなと思います。(編集部)
↓本文は写真の下から始まります↓

少年サッカーのスポンサー制度

クラブチームでは、スポンサーをつけて、トレーニングシャツやユニフォームにロゴを入れたりします。

以前、所属したクラブは、日本人が創業したラーメンのヌードルを作る会社がスポンサー。
昔、チラッと読んだ記事には、サッカーチームはトラベルなどでお金がかかるので、経済的に不自由な家庭の費用をサポートしたく長年スポンサーをしていると書いてありました。

今、参加している州選抜のプログラム(ODP)にもスポンサーがいます。

州で従業員数が一番多い企業が総合医療センターなのですが、この中で、サッカーラボをもつ整形外科ホスピタルが、スポンサーです。

トライアウトで配るTシャツから、トレーニングシャツ、ユニフォームにもその整形外科のロゴが大きく印刷。
選手に選抜されると、リュックや上下のトレーニングジャージが支給、州代表対抗の大会に参加するための交通費や宿泊費が賄われます。

チームで活動する間は、支給されたジャージを着て、クラブのウェアは着れません。

夏に参加したODPのキャンプでも、スポンサーのナイキか、アンダーアーマー以外のトレーニングウェアが着れない規定があり、子供達のサッカーの活動とスポンサーは密接に関係しています。

本文続きはこちら!

(アメリカ発少年サッカーの育成事情)の記事をもっと読む

寄稿:アメリカ発少年サッカーの育成事情(アメリカ ユタ州)utlogan

 

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top