ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

グリーンカードプロジェクト ~チームの支援~

「グリーンカードプロジェクト」とは、子供達の為に日々全力で頑張っているチーム、関係者を応援するプロジェクトです。
メデイアを通じて、チーム関係者、保護者、支援者を繋ぎ、チーム運営の基盤作りに貢献する活動をしていきます。

グリーンカードプロジェクト発足の背景

ジュニアサッカーNEWS少年サッカー応援団を運営する株式会社グリーンカードでは、試合中審判から選手にグリーンカードが贈られるように、日頃頑張っているチームにグリーンカードを贈りたい!という想いで発足したプロジェクトです。

グリーンカードとは

サッカーの試合において、フェアプレー精神を発揮した選手やチームに対し審判から提示されるカードです。
ジュニアサッカーNEWS、少年サッカー応援団を運営している「株式会社グリーンカード」の社名もこのグリーンカードを由来としています。

アマチュアスポーツ界の現状
アマチュアサッカーチームにとって一番の大きな問題は資金不足です。ほとんどのチームは子供達からの部費のみで運営をしており、ほぼボランティアに近いギリギリの運営を迫られているチームも少なくありません。

「コーチ職のみで食べていけるか?家族を養っていけるか?」と常に自問自答しているという話をある指導者から聞いた事もあります。こういった現状では指導者を目指す若者もだんだん少なくなり、アマチュアサッカー界自体の縮小に繋がってしまいます。すでに現状でも、常に指導者や審判が不足しており、十分な育成環境があるとは言い難い状況です。

資金不足による雇用、指導者育成、活動場所など多くの問題を抱え、このままの状況で少子化が進むに連れて消滅するチームが増えていくこと事は避けられない現実です。

一方で地域で頑張るサッカー少年たちをサポートしたいという企業や、新しくサッカーを始めたいという子供は全国各地にたくさん存在しているのです。

こうやって解決しよう
私たちはこれまでになかった「チームと指導者」×「選手と保護者」×「企業と支援者」を繋ぐ新しい仕組みを作ります。
グリーンカードプロジェクトの目標は、チームに直接資金が流れ、アマチュアサッカーに参加する人が増え、コーチの社会的地位が向上することで、アマチュアスポーツ全体を盛り上げることです。

グリーンカードプロジェクトに参加して一緒にサッカー界を盛り上げよう!

過去の支援実績

寄付支援 熊本地震チャリティ活動(2016年4~11月)
チャリティイベントで集めた募金と支援物資を被災地へお届けしました。また宇土市サッカー協会主催の被災地で毎年開催されている大会に協賛しました。




体験支援 九州北部豪雨チャリティ活動(2017年7~8月)
クラウドファンディングにて100万円を集めて被災地のサッカーチームを別府の大会に1泊無料招待しました。









 

体験支援 サンタモニカのチームの来日コーディネート(2017年6月)
サンタモニカと日本の子供たちがサッカーを通して交流ができるよう、東京と大分で国際交流大会を企画しました。サンタモニカチームの日本でのホームステイや観光もコーディネートしました。


保護者向けイベント パパリーグ(福岡年間定期開催、大阪三重静岡等8地域で不定期開催)
サッカー保護者と関係者のフットサルチームによる年間通したリーグ戦。試合の合間にキッズマッチもあり、親子で参加できるイベント。運動不足のパパたちのメタボ解消にも。

福岡


大阪


子供向けイベント ジュニア個サル(大阪年間定期開催・福岡滋賀神奈川等8地域で年間不定期開催)

大阪


福岡・滋賀・神奈川


グリーンカードプロジェクトに賛同し、一緒に全国のチームを支援してくださる企業、個人の方を募集しています。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら





お名前 (必須)

メールアドレス (返信が必要な方は入力してください)

題名

メッセージ本文

添付ファイル


 

 

 

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカード広報栗原
1986年生まれ。愛媛県松山市出身。福岡市在住。元エステティシャン。2014年4月株式会社グリーンカード入社。広報担当。

2015年にこのサイトをオープンしてから3年。
今では50人の組織となり月間150万人の保護者様が訪問してくださるサイトとなりました。

ふと振り返ってみると開設当初は5人程度のチームで
アマチュアスポーツ界を変えたいという野望はあるけどノウハウもマニュアルも当然ほとんどなくて思いついたこと全部やって、100やって99失敗みたいな日々を経てきました。

今でも何が正解かわからない部分がたくさんあって、でもそこが面白くて続けています。

というドM気質を発揮しながら今日もユーザーの皆様に喜んでいただけるようなサイトを運営していこうとおもいます!

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

人気の記事

More

関連記事(広告を含む)

Return Top