Green Card ニュース(旧 ジュニアサッカーNEWS)

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【京都大学体育会サッカー部 寄稿】ー傍役ー(学生コーチ 佐野康大)

こちらの記事はジュニアサッカーNEWSメディアパートナー 京都大学体育会サッカー部様よりご寄稿いただきました。
大学サッカー部の活動、大学生のサッカーへの想い、高校時代のサッカーと勉強の両立についてなど、中学生高校生・保護者の皆さんのお役に立てばと思います。
週に1回投稿します。
(参照元:京都大学体育会サッカー部公式サイト

寄稿者

学生コーチ 佐野康大

刑事訴訟法の基本書を読み始めて30分が経ち、いよいよ絶望を感じ始めていた。

授業で扱った「事件単位の原則、逮捕拘留一回性の原則」なるものが全く理解できず、同じところを何度も読み返しては首をかしげていた。法律の勉強をしていると、抽象的な概念が延々と繰り返され、言葉の海におぼれていくような感覚に陥いることがしばしばある。

午後7時ごろの法科大学院の自習室。この無機質な空間には、1人1人に与えられたイスと机が規則的に並び、その上に厳めしい法律の基本書たちが並べられている。

そこにはただ、キーボードを叩く音と貧乏ゆすりの音だけが響いている。どこからか聞こえる生活音は、ただでさえ失われつつあった集中力をより一層低下させる。僕の意識はとうに基本書の紙面から離れていた。

そして、今頃グラウンドで紅白戦をしているであろう部活のことを想像していた。

学部を3年で卒業し、1年早く法科大学院に入学したことで、自動的に同期よりも1年早く京大サッカー部を引退することが決まった。この4月に院生になってからは、週に数回グラウンドに行って、練習を手伝うという形で部活に関わることにした。

プレイヤーとして活動していた頃は、練習や試合を通して、喜怒哀楽では表しきれないような感情を突き付けられる毎日だった。時には自己嫌悪に苦しみ、サッカーに対して疎ましさを感じることもあったが、サッカーのある日常が僕の生活に凹凸を与えてくれていたことに気が付いた。ひたすら文字と睨み合い、法律の勉強をするだけのひどく単調な生活を送っていると、今になってその有難みが身に染みる。

4年間という限られた大学サッカーの期間を自ら短縮させ、将来のキャリアの可能性を広げるために大学院に行くという決断。これが自分にとって良い選択であったのかと、ふと考えてしまう。

将来の選択肢を広げるためにと、そのまま続くはずだった代えがたい日常を犠牲にして選んだキャリアの先に、それを超える大切な何かは本当にあるのか。そもそも、「将来のために」というのは、限界を感じつつあった大学サッカーに見切りをつけるための方便であって、実際はそれらしい理由をつけて現実から目を背け、自分が通用しそうな場所へと逃げただけではないのか。

自問自答の末に、先の見えない人生と自分の弱さに憂鬱を感じては、それでも続けていくしかない大学院での日常に対して、自分が卑屈になっていくのを止められなくなる時がある。

思い返せば、特に何も考えずに部活を続けられていた高校までとは違い、大学では事あるごとにサッカーをすることの是非を自分に問い続けていた。僕にとってその問いは、人生で何を大切にして、どう生きるべきなのかという問いと同じ意味だったと思う。

そして、その問いは今も変わらず、僕の中で堂々巡りを続ける。

続きはこちらから(京都大学体育会サッカー部公式サイトへ移動します)

京都大学体育会サッカー部公式サイト

HP担当者より一言!
「京都大学体育会サッカー部は愛され、応援されるチームを目指し日々活動しております。これを機に、より多くの方に私たちの活動を知っていただきたいです。」

最後に

ジュニアサッカーNEWSでは、メディアパートナーとして寄稿してくださる大学サッカー部様を募集しています。
下記のアドレスに「大学サッカー部寄稿について」と題名をつけてご連絡ください。

ご連絡先:[email protected]

関連記事

【京都大学体育会サッカー部 寄稿】ー原動力ー(4回生プレイヤー 城越望)

【京都大学体育会サッカー部 寄稿】ーハッピーエンドー(4回生プレーヤー 谷悠真)

【京都大学体育会サッカー部 寄稿】ー勝利の女神ー(4回生トレーナー 土地さくら)

寄稿者プロフィール

株式会社グリーンカードWriterあおはる
兵庫県在住ですが、2018年8月より大阪・2019年4月より京都の2.3種担当をしています。
息子が幼稚園からサッカーをし始めたため、自分もサッカーについて色々調べたり勉強したりしているうちに、サッカーにハマりました!
そんな息子ももう、大学生・・・
あたしのサッカー歴(?)も12年です。
追求し始めるととことんオタク化する性格のため、このお仕事は本当に楽しんでやらせていただいています。

サッカー以外の趣味として、ライブ観戦もかなりの回数行っています。
LDHオタクでしたが、最近はジャニオタに笑
とうとう、娘より年下のメンバーのいるJrグループを推し始めてしまいました!
目標は、どんだけ歳をとっても、心は若く、人生楽しむこと!
お仕事もプライベートもガンバっていきたいと思います。

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top