ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【京都橘高編・高校サッカー新人戦特集】得意なプレーは?推し選手は?サッカー部あるあるも!京都橘高校サッカー部 選手インタビュー 上西 剛史選手編

2022年1月8日より2021年度 京都府高校サッカー新人大会がスタートしました。
ジュニアサッカーNEWSでは、現在新人戦の真只中にいる京都橘高校の3名の選手にzoom取材を行いました。
新人戦での勝利を目指す、選手達の素顔とは?

お話を聞いた人
京都橘高校サッカー部 上西 剛史選手

京都橘高校サッカー部 副主将
上西 剛史(うえにし たけし)選手

2年生 MF
出身 大阪府

今年のチームはどんなチームですか?

上西 剛史選手(以下、上西)
個人個人の技術はまだまだ3年生に追いついていないけれど、自分たちの弱さをちゃんとわかっているのは強みだと思います。
みんな試合では負けず嫌いなので、普段から球際で負けたりしたら強く言ったり、ゴール前でもかなり粘って頑張ります。
そうした負けず嫌いが、チームとしての一体感を作っているのではないかと思います。

自分の得意とするプレー、見て欲しいと思うプレーはどんなものですか?

上西
守備の時の予測と球際では負けません。
自分の中では強く意識してやっていることなので、これからも磨いていきたいと思います。

チームの中の推し選手は誰ですか?

上西
丸山 大輝選手は今年の得点源になると思います。
大輝はサイドハーフの選手なのですが、攻撃の面で欠かせない選手です。
サイドからたくさん崩してくれる選手ですし、得点源でもありますので、彼次第で試合の雰囲気は変わってくるところがあります。
足も速いし、シュートのパンチ力もある。
僕たちの学年では1番身体能力が高い選手だと思います。
自分はきついスルーパス出してしまうこともあるのですが、大輝なら間に合うし、終わった後も「パス出してくれてありがとう」って言いに来てくれる、ほんとにいいやつです。

他校で気になっている選手はいますか

上西
東山高校のボランチ、真田 蓮司選手を意識しています。
もちろんマッチアップすることもありますが、同学年とは思えないくらい基礎技術が高く、とりあえずキックがうまくて落ち着いています。
1年生からスタメンで出ていた選手で、去年は僕はスタンドから応援しながら刺激をもらっていました。
彼の切り返しは勉強になります。
一緒のチームにいたことはありませんが、ジュニアユース時代(編集部注;中学生時代)に在籍していたセレッソジュニアユースの選抜チームで一緒にプレーしたことはあります。
遠征の時は一緒にボランチを組んだりもしていました。

部活に入ってから今までで一番きつかった練習はなんですか?

上西
自分はどちらかというと持久力タイプで、スプリントはあまり得意ではありません。なので、ボールを使ったトレーニングでスプリント要素が詰まった練習は結構きついと思います。
一番楽しいのはポゼッションの練習ですね。

京都橘高校サッカー部あるあるをひとつ教えてください

上西
京都橘だけじゃないと思いますが、授業や定期テストの試験監督が米澤先生だったら、自分たちはすごく早く着席しています。
米澤先生は自分の担任でもあるので、クラスでも緊張感があります。
三者面談になると、自分だけではなく保護者もめちゃめちゃ緊張しています。
監督は三者面談ではとてもおだやかです。

上西選手はこんな選手!チームメイトに聞きました

京都橘高校サッカー部 幕内 実選手
剛史はチームの心臓なので、とにかく頼れます。
僕は守備を得意としないんですが、そのときに剛史が1人いたら全部止めてくれる。
序盤で止めてくれて、そこからチャンスを作ってくれる。剛史がいるから楽にプレーできると思ってます。
一番頼りにしてるので、こいつに任しといたら大丈夫だろう、と思ってます。

京都橘高校サッカー部 田中 萌誠選手
幕内と同じく、自分の代のボランチは上西だと思っています。
とっても声を出す選手なので、チームの雰囲気も良くなる、欠かせない選手です。
走り練習のときは声を出しながら練習するんですが、僕は自分のタイムで精一杯。
そんなときも率先して声を出してくれる存在です。

インタビューに答えてくれた京都橘高校の3選手の皆さん

今回のzoom取材では、上西選手の他、田中 萌誠選手(写真中央)、幕内 実選手(写真右)にもインタビューを行いました。

田中 萌誠選手のインタビューはこちら 

幕内 実選手のインタビューはこちら

京都橘高校サッカー部HPはこちら

▽画像をクリック!

京都府高校新人戦の大会情報はこちら!

2021年度 京都高校サッカー新人大会 1/8,9,10結果入力ありがとうございます。次節1/15,16

最後に

各地で続々と新人戦がスタートしている高校サッカー。
2年生、1年生の選手達で構成される新チームの活躍が楽しみですね。

今回インタビューに答えてくれた上西選手は京都橘高校新チームで副主将を任されている選手。
チームの心臓として攻守に渡る活躍が期待でき、共に試合を戦う選手達から頼りにされる存在です。
ムードメーカーとしてもチームに欠かせない上西選手。新人戦での活躍を期待しています!

京都橘高校サッカー部の新人戦でのご健闘をお祈りしています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2021年8月にライター歴4年目に突入、サッカー娘の母歴は丸11年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top