ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【京都橘高編・高校サッカー新人戦特集】得意なプレーは?推し選手は?サッカー部あるあるも!京都橘高校サッカー部 選手インタビュー 田中 萌誠選手編

2022年1月8日より2021年度 京都府高校サッカー新人大会がスタートしました。
ジュニアサッカーNEWSでは、現在新人戦の真只中にいる京都橘高校の3名の選手にzoom取材を行いました。
新人戦での勝利を目指す、選手達の素顔とは?

お話を聞いた人
京都橘高校サッカー部 田中 萌誠選手

京都橘高校サッカー部 主将
田中 萌誠(たなか ほうせい)選手

2年生 GK
出身 京都府

今年のチームはどんなチームですか?

田中 萌誠選手(以下、田中)
去年に比べて足下が少し劣るかと思いますが、球際、ゴール前での粘り、サイドからのクロス攻撃などレベルが高いと感じます。
僕はGKなので後ろから見ていることがほとんどですが、普段の練習の紅白戦であったり、練習試合だったりを見ているとクロスからの得点が多いと感じます。

自分の得意とするプレー、見て欲しいと思うプレーはどんなものですか?

田中
シュートブロックです。
みんなが「あかん、失敗した、シュート入った」と思うようなところで自分が止めてチームを救えるというのがいいですね。
「シュート来い」とは思っていますが、シュートをされる雰囲気を作られるのは良くないことなので、止めた後には必ず「打たせるなよ!」と活を入れています。

チームの中の推し選手は誰ですか?

田中
みんないい選手なんですが、ひとり選ぶなら「一番の心臓」である上西 剛史選手です。
とにかく視野が広くて、ダイレクトで逆サイドに長いパスを付けられる選手です。
ボールで周りをコントロールしているのがすごいなと思う。
ピッチの中でも外でもみんながそう心の中で思っているんじゃないでしょうか「ついていくならタケシ」と。

他校で気になっている選手はいますか

田中
東山高校のGKの佐藤 瑞起選手です。
同じ2年生ですが、佐藤選手は1年生から試合に出ていたので、京都府予選を戦っていく中で「すごいキーパー」として認識しています。
レベルも高く、学ぶことも多い。
自分がベンチ外にいるときから、対抗心を燃やしながら頑張っています。
貫禄というか、オーラがあるので、そういうところは真似できたらいいな、と思っています。
一緒にプレーしたことはないですが、顔見知りではあるので、試合の前後にちょっとあったときに「あのキック良かったな」などしゃべったりはしています。

部活に入ってから今までで一番きつかった練習はなんですか?

田中
走りですね。
走りが終わった、と思ったら練習が始まります。
自分は走りが苦手なので、周りをフォローする余裕もなく、自分がそのタイムで入るのに精一杯で…そのあと紅白戦をして、負けたチームに「走り」って言われると、もう(笑)

京都橘高校サッカー部あるあるをひとつ教えてください

田中
ハイエース(編集部注:米澤監督の愛車)が来たらびびります。
街を歩いていても、向こうからハイエースが来るとまず遠くからナンバーを確認しますね。
たぶんみんな確認してると思います。

田中選手はこんな選手!チームメイトに聞きました

京都橘高校サッカー部 上西 剛史選手
萌誠は試合に出続けている選手ですが、1年の頃に比べたらゴール前での安心感が増してきて、どっしり構えてくれています。
僕らの立場からしてみると、シュートを打たせちゃいけないんですけど、打たせても後ろに萌誠がいるなら安心出来る。
パントキックも展開力があり、安定感が年を重ねるごとに増してきています。
メンタルはちょっと弱いんですけど(笑)

京都橘高校サッカー部 幕内 実選手
萌誠は後ろにいると1年生の時に比べて安心感がぐっと増しました。
経験を積んで、存在感が大きくなってきたなと感じます。
どんなボールでも止めてくれる、と思ってます。
このシュート入った!と思っても止めてくれる。
めっちゃ助かるキーパーです。
パントキックもピンポイントでつけてくれるので、ほんとピカイチです。
メンタル弱いですけど(笑)

インタビューに答えてくれた京都橘高校の3選手の皆さん

今回のzoom取材では、田中選手の他、上西 剛史選手(写真左)、幕内 実選手(写真右)にもインタビューを行いました。

上西 剛史選手のインタビューはこちら

幕内 実選手のインタビューはこちら

京都橘高校サッカー部HPはこちら

▽画像をクリック!

京都府高校新人戦の大会情報はこちら!

2021年度 京都高校サッカー新人大会 1/8,9,10結果入力ありがとうございます。次節1/15,16

最後に

各地で続々と新人戦がスタートしている高校サッカー。
2年生、1年生の選手達で構成される新チームの活躍が楽しみですね。

今回インタビューに答えてくれた田中選手は京都橘高校、期待の新チームの主将。
GKとしての安定感に更なる磨きがかかり、パントキックにも展開力が増したとFPの選手達から絶大な信頼が寄せられています。
新人戦でのファインセーブに期待しましょう!

京都橘高校サッカー部の新人戦でのご健闘をお祈りしています。

1406

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2021年8月にライター歴4年目に突入、サッカー娘の母歴は丸11年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

このところ、8チームから12チームくらいの規模の大会も戻ってきているのではないでしょうか。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!
Return Top