ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

グリーンカード動画班セレクト!2021年夏の全国大会、印象に残ったスーパープレー動画集

2021年1月~8月まで810試合の配信実績を持つ株式会社グリーンカード。

2021年7月~8月は、第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会XF CUP 2021 第2回 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)の全国大会をLIVE配信しました。
動画配信・編集に携わるスタッフ9名が、特に印象に残ったプレーをピックアップしてくれました!

思い出とともに、ぜひ映像で振り返ってください。

第45回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 7/25~8/4(群馬県)

決勝 北海道コンサドーレ札幌 0-2 名古屋グランパス

印象に残ったプレー
コンサドーレ札幌のビルドアップを名古屋グランパスがインターセプト。
そこから素早い攻撃を実施。
コンサドーレ札幌の守備が5人、名古屋グランパスの攻撃が3人。
数的不利の状況の中、早い攻撃と高い質のパス、シュートの結果得点が生まれました。
得点後、ピッチで喜び合い、ベンチ選手とも喜びを分かち合う姿も感動です。(スタッフ:川原)

​準々決勝 京都サンガF.C. 1-2 鹿島アントラーズ

印象に残ったプレー
京都サンガのハイライト動画3:13からの得点シーン(スタッフ:松本)

ノックアウトステージR16 カマタマーレ讃岐 0-0(PK5-6) FC東京

※こちらの動画はフルバージョンです。
お急ぎの方は、スタッフお勧めの時間帯まで飛ばしてご覧ください。

印象に残ったプレー
カマタマーレ讃岐は、現場で特に強い印象を受けたチームのひとつでした。
時間帯1:43:02からのカマタマーレ讃岐のカバー守備の全体の動き1:43:11までのプレーは華麗でした。
スーパープレーと言っていいのかはわかりませんが、全体で雪崩のような守備は見てて圧巻です。
また1:50:07より、讃岐の攻めからパスまで繋ぐ粘りつよいプレーも印象的に残っています。
FC東京が全体的に攻めている場面が多い中、カマタマーレ讃岐のプレーは全体的に鉄壁のガードの印象が非常に強く粘りつよいプレー・守備の時の動きが本当に連携が取れていました。
またチャンスの際に一気に攻め立てるイメージが強かったです。(スタッフ:上田)

ハイライト動画はこちら▷公式サイト

GL最終戦 ヴァンフォーレ甲府 2-1 セレッソ大阪

印象に残ったプレー
後半39分の2点目。
グループリーグ最終節の試合で甲府はここまで勝てていませんでした。
その中で後半このまま終わるかな?という時間帯で意地を見せた美しいゴールでした。
23番の選手はこの日、2得点をあげる大活躍となりました。(スタッフ:小林)

GL最終戦 サガン鳥栖 0-2 川崎フロンターレ

印象に残ったプレー
ハイライト動画の2:40あたり
ノックアウトステージ進出をかけたグループステージ最終戦。
両チームが得点がほしい中、追加点に繋がった川崎のピンポイントクロスが印象に残りました。(スタッフ:原武)

動画参照:日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会特設サイト

第36回日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 8/15~24(北海道)

準決勝 東京ヴェルディ 1-2 サガン鳥栖

印象に残ったプレー
後半6分頃、サガン鳥栖10番のゴールシーン
スペースのないペナルティエリアで、2タッチで2人を抜き去り、左上スミにシュートをねじ込みました。
2タッチ目で股を通して抜き切った所で勝負ありでした!(スタッフ:森山)

準々決勝 FC多摩 1-2 FC東京むさし

印象に残ったプレー
試合全体的に面白かったですが、切り取るとしたら、後半27分の攻めからゴールまで。
全体的にはどちらも攻守の切り替えが速かったです。
特に、東京むさしの前線選手の攻撃力のところで、ダイレクトプレーを入れながら、個の突破力もある選手が多く見てて気持ちよかったです。
判断がいいと思いました。
27分の得点シーンは、DFラインで奪った後、前サイドへの展開がはやくて、そこから相手DFラインの人数が揃っていたところを中盤が把握してペナルティ外からミドルシュートで決めきったのがレベルが高いなと感じました。(スタッフ:高橋)

グループステージ 三菱養和SC調布 0-1 ジェフユナイテッド市原千葉

※こちらのプレーは2人から印象に残っていると支持されました。

印象に残ったプレー
後半ラストプレーでの決勝ゴール。
ゴールと同時に試合終了。
文字通りの劇的なゴールでした。

そして、カメラワークも良かったので印象的でした。(スタッフ:小出、松本)

グループステージ 大分トリニータ 1-2 フェルボール愛知

印象に残ったプレー
前半33分頃に大分トリニータ7番 の得点シーン
ザ・個人技というようなゴールでした。
細かいタッチでのカットインから、ファーに巻いたシュートを打つと見せかけて腰を入れてニアに打ったため、キーパーが一歩も動けずそのままゴールに吸い込まれました。
この選手は大分でも注目されている選手らしく、僕の中では将来が楽しみな選手の1人となりました!(スタッフ:森山)

動画参照:日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会特設サイト

XF CUP 2021 第2回 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18) 8/2~9 (群馬県)

上位トーナメント 準々決勝 日テレ・東京ヴェルディメニーナ 2-2(PK4-5) ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

印象に残ったプレー
日テレ・東京ヴェルディメニーナの後半18分、同点ゴールのシーン(スタッフ:松本)

動画参照:日本クラブユース女子サッカー大会U-18 大会特設サイト

番外編

福大大濠 2ー1 三池工業福岡IH1回戦

後半32分三池工業が同点に追いついたシーン。
ハイライト作成中にすごいと思ってこれを選びました。
1回戦とは思えぬ激闘で、福大大濠という競合相手に決めたこの同点ゴールは自分の中でもとても記憶に残りました。
あと、キーパーが体を弓なりにそらしてボールを止めようとする姿がすごい強烈でした。(スタッフ:宮崎)

関連記事

動画編集サービスが気軽に使える!「部やチームの節目に、大会へのモチベーションビデオに、卒部式に」

【10月末まで50%オフ】学校行事・イベント配信サービス!弊社で撮影の準備から配信までお任せいただけます!

月間40万人視聴のライブ配信へ広告掲載してみませんか?

最後に

スーパープレー集、いかがだったでしょうか。
かけがえのないこの一瞬のプレーを、1試合でも多く皆様へお届けするお手伝いが出来たことを光栄に思っております。
ご紹介した動画の他にも、たくさんのナイスプレーがありました。
ぜひ皆さんからもおすすめプレーがありましたら推薦して下さいね!
お待ちしています。

情報の提供は、こちらからお待ちしています!
情報提供・閲覧はこちらから

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスター九州中四国エリア責任者冬馬 瑠莉
Ruri Toma
熊本県出身。2017年1月からジュニアサッカーNEWSでお仕事をはじめ、もう5年目。

現在、熊本をメインに九州・中国・四国エリアを担当しています。

新年度がスタートしましたね!みなさんいかがお過ごしですか?
次男が無事希望高校へ進学する事ができ、私のお弁当作り生活が再開しました!
長男の時もでしたが、毎日おかずに悩む日々。
レパートリーが一向に増えず、冷凍食品の在庫が増える日々です(笑)

おすすめの簡単おべんとうレシピがあったら、ぜひ教えてください^_^
お料理上手な、皆さんからのレシピを試合結果と一緒にお寄せいただくと、泣いて喜ぶかもしれません♪

新年度もみなさんのサッカー生活が少しでも楽しい思い出になるよう、お手伝いさせてくださいね♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top