ジュニアサッカーNEWS

少年サッカー、中学生サッカー、高校サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

中学からは部活?クラブ?そのもやもやを吹き飛ばす説明会に行ってきました


「後悔のない進路選択のために」ARTE八王子FCの「中学年代を考える」説明会

東京都12ブロックで今年、U-12の一期生が目覚ましい躍進ぶりを見せ、話題になっているARTE八王子FCジュニア。

クラブチームが行う説明会というのは、どちらかというと自チームのクラブ中心の説明会になりがちです。ARTE八王子FCはその中ではひときわ珍しく、部活とクラブチーム両方の選び方を示唆してくれる保護者向けの説明会があります。

お子さんのサッカーへの向き合い方をもう一度見つめなおす説明会を取材しました。

※こちらもおすすめ
部活とクラブチームの本音白書・ほんとのところ、どうなの?

サッカーとどう向き合うか?進路選択の今だからこそ考えたいこと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

説明してくださったのは、ARTE八王子FCジュニア・ARTE八王子FC(U-15)の代表である池内 成明さんです。

今日まず家で話し合ってもらいたいことは、「サッカーを続けたいか」ということ

現代の小学生は、サッカーが習い事化してしまっているところがあります。自分の意思でなく、なんとなくサッカーを続けているお子さんもいらっしゃるでしょう。

池内「まず、サッカーを続けたいのかどうか、ということ。続け方にもいろいろあります。とにかく楽しくプレーしさえすればいい、という続け方から、プロになりたい、そのためにはどんな苦労もできるというお子さんまでそれぞれです。

今までずっとサッカーをやってきたけれど、卓球にも興味が出てきてしまった。そういうことはあってよいのです。その気持ちを無視してサッカーを押し付けてはいけません。

保護者の方がどう考えているかではなく、お子さんがどう考えているかをまず聞いてください。その問いかけからすべては始まります」

クラブチームに入ること、部活に入ることがゴールではない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

年々早くなっているセレクションの時期。今年度は、いつもセレクションが行われる秋期に全日本少年サッカー大会の地区予選や都道府県予選が組まれたために、例年よりずいぶん早い進路選択を迫られているジュニア選手が多いのが事実です。

池内「どうしても、クラブチームに入ったほうが強くなるとか部活はダメだとか、そう言いたがる人はいます。

が、チームに入ることが目標になっていては、その後の成長はなかなかしにくいのも現実です。今のチームでレギュラーになっていても、上のカテゴリーに行けば必ず【控え】になるときがやってきます。

そこで頑張れる選手と頑張れない選手がいることも事実です。どちらを選ぶか、の前に、入った後に続く努力ができるかどうかをじっくり考えてほしいと思います」

クラブチームと部活の違いとは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

説明会の中では、クラブチームと部活はここが違うということも紹介されました。

トレセンや選抜制度

池内「トレセン、選抜というものに強い興味を持っているようなら、部活のほうが選抜を身近に感じるかもしれません」

なぜなら、

クラブチーム→トレセンはJFAの管轄になり、範囲も広く、入るのはかなり難しい

部活→細かいブロックや支部ごとに選抜制度があるのが普通で、比較的身近な存在として選抜がある。人数比でいうと、入れる確率が高い

という実情があるからです。※上記が原則ですが、お住いの地域によって若干異なるところもあるようです。

試合数

池内「試合は、中学校では中学3年生がメインになります。クラブチームは各カテゴリー(U13、U14、U15)ごとに公式戦があり、リーグもありますので試合数は確保できます。

中学2年生くらいまでは成長期です。第2次成長期はサッカー選手としてのその後の成長に関わる時期でもあります。この時期に公式試合が多いか少ないかがその後に関わってくる可能性もあります」

クラブチームと部活の試合数の違いを調べてみました。

クラブチームの試合数

東京都の場合、

U13 都クラブユース選手権
東京フレッシュカップ
U14 都クラブユース選手権
東京フレッシュカップ
U15 日本クラブユース選手権U15
高円宮杯 東京都ユースU-15リーグ

があり、いずれもリーグ戦が導入されています。都クラブユースU14で計算してみると、年間を通してリーグ戦が行われ、決勝に進出しないチームでも14試合が行われます。

東京フレッシュカップは1次リーグで下位になると、実力の拮抗するチームごとのリーグになります。こちらが年間8~9試合行われます。

このリーグ戦だけで、U14は年間22~23試合が行われることになります。

参照サイト:東京都クラブユースサッカー連盟

部活の試合数(東京都の場合)

部活の場合は、中学校体育連盟に所属します。

U13 なし(それぞれの支部ごとの夏季大会や冬季大会がある場合もある)
U14 東京都新人大会
U15 東京都中学校総合体育大会(夏季大会)

このほか、各支部及び地域ごとにスプリングカップやサマーカップを用意しているところもありますので一概には言えませんが、試合数では歴然とした差があることがわかります。

参照サイト:東京都中学校体育連盟 サッカー専門部

試合時間

クラブチームの公式戦は、部活の公式戦よりも各カテゴリーで5分~10分長いのが普通です。

U15年代の日本代表チームはU17に向けての予選に参加する際には40分ハーフを戦わなければなりません。U15代表はほとんどがクラブチームの在籍者です。この大会に出場できる選手を育成するため、長めの時間になっていることが考えられます。

細かい5分、前後半10分の差が積もり積もると大きなスタミナの差になることがあります。現在、高校選手権の都道府県代表のプロフィールを見るとクラブチーム出身者が増加しているのは、このことも関係しているのではないでしょうか。


部活を選ぶときの注意点

池内「部活は学校によってそれぞれですが、選ぶときの指針としては、ここに気を付けると『こんなはずじゃなかった』がなくて済みます」

注意点としては、

・同学年が11人以上入りそうかどうか
・熱心な先生は在校何年めか(公立学校は異動が避けられないため)
・顧問の先生は熱心か

などが上げられました。

「顧問の先生」という要素がすべてではありませんが、やはり常勝校は熱心な先生が多いのが事実です。中学校の部活は顧問の先生を必ず置かなくてはなりませんが、サッカー経験者が必ずしもいるとは限らないので「弓道部しか持ったことがない」「柔道部出身です」という先生が顧問になることもあるのです。

学校によっては、指導者ライセンスを持った先生が顧問になっているところもあります。

また、公立学校でも熱心な指導者がいるところはJFAに加盟し、都道府県リーグなどの公式戦に参加できるようになっているところもあります。

クラブチームを選ぶときの注意点

GKコーチの存在

池内「部活には、GK専門コーチがいるところは少なく、GKのポジションはFP(フィールドプレーヤー)とは違うので、専門的なコーチがいるかどうかも大事です」

JFAに加盟しているか

クラブチームでも、JFAに登録していなければ日本サッカー協会が主催する大会の予選に参加することはできません。

池内クラブチームだからと言って、全チームがJFAに加盟しているわけではありません。

試合数など、選手に与えられる機会が変わってくることがあるので、入りたいクラブチームは事前にきちんと調べることをおすすめします」

クラブチームがJFAに加盟していないと、トレセンにも参加することはできません。

これを調べるには、入りたいクラブチームがクラブユースサッカー連盟に加盟しているかどうかを確認するのが良いようです。

クラブユースサッカー連盟は、各都道府県に設置されています。


サッカー推薦はもらえるのか?

アルテサッカー推薦photo:Eric Lewis

サッカーと言えば冬の高校生選手権。「振り向くなよ うつむくなよ」もテーマソングも冬の定番となりました。

ジュニアユースたちも高校選手権へのあこがれは強く、クラブチームでも約9割が高校では部活を選択するようです。

池内クラブチームに入れたからサッカー推薦の道があるだろうと勘違いして勉強から手を抜くのは間違いです。

どこどこのクラブにサッカー推薦の枠があるというものではありません。部活も同様です。サッカー推薦の時の選手の技術と能力によってサッカー推薦は決まるものです。

そのため、勉強から手を抜いてはいけません

東久留米総合高校の場合(平成27年度)

中村憲剛選手など、多くのJリーガーを輩出していることで有名な、東京都立東久留米総合高校の推薦制度を調べてみました。

推薦枠1

サッカー推薦の定員

男子5名

出願者

52名(応募倍率10.4倍)

推薦枠

注目していただきたいのは、学科の調査書が900点満点、実技が600点満点ということです。一般推薦の調査書も900点、作文が500点満点なので、サッカー推薦のサッカー実技と一般推薦の作文はほぼ同程度の比重だということがわかります。

サッカー実技が同じ点数だったら、評定のよい生徒のほうが合格するということです。

サッカーさえしていればいい時代ではありません。部活においてもクラブチームにおいても、サッカーと勉強の両立が求められています。

今は、クラブチームであっても、サッカーの指導だけでなく、勉強も熱心にするように指導してくれるチームも増えてきました。進路指導に力を入れているチームもあります。その点も含め、勉強をする姿勢をバックアップしてくれるクラブチームなのかどうかも事前に調べる必要があるようです。

東久留米総合高校の推薦制度はこちら(都立東久留米総合高校公式HP)


クラムジー(clumgy)を考慮してくれるか?

clumgyphoto:Bratislavská župa

成長期に訪れる「クラムジー(clumgy)」。思春期(第2次成長期)に突然訪れる「伸び悩み」の時期のことです。

ある日突然、思い通りにプレーが出来なくなった。それは成長期に訪れる「クラムジー」かも知れません。(参照サイト:サカイク)

池内「骨と筋肉は同時には成長しません。このため、体の使い方にぎこちなさが生まれることがあります。成長期に起こりやすい現象です。

選手たちはこれを「伸び悩み、スランプ」と考えてしまいます。

クラムジーを脱出する方法はあります。適切な練習を続けているうちに脱出できるのですが、この時期が肉体的にも精神的にも非常に難しいのです。

人生で一番、自分をどうしたらいいかわからなくなる時期です。お父さんたちには覚えがあるんじゃないですか?そんな時期が必ずやってきます」

クラムジーはポスト・ゴールデンエイジ期(13歳?15歳)に多く見られる現象です。心身ともに不安定になってしまうため、ジュニアユース年代のサポートは必須です。

この時期、適切なサポートが受けられない場合には「才能がない」「もうだめだ」とサッカーをやめてしまう選手もいるのが事実です。

クラムジーを克服するためには、知識と経験のある指導者が欠かせません。これも、クラブチームや部活を選ぶときの基準になりそうです。

池内「これからサッカーを続けるかどうか、ぜひ親子で決断して下さい。親のサポートも絶対に必要です。子どもだけの努力では今後3年間はうまくいきません。

クラブチームと部活を選ぶ段階は、中学3年間への入り口です。だからまず、入り口に入るまでに時間を取ってほしいのです。

ぜひ、お子さんのことを考えて、サッカーを続けるかどうかも含めてご家族で話し合ってみてください」

コーチという存在の重要性

アルテ最後は、ARTE八王子FC・ARTE八王子FCジュニアの母体、幼体連スポーツクラブ代表の鈴木 芳夫さんのお話でした。

鈴木「今日家に帰ったら、まずお子さんの話を聞いてください。本人の意思を尊重して下さい。

サッカーには山も谷もあります。そこで頑張れない選手はどこへ行っても頑張れません。

ただ、思春期には思いもかけないことが起きます。どこで何が起こるかわかりません。中学でも、高校でも、つまづくことはあります。

そのときは、ぜひ小学校年代をともに歩んだコーチを頼ってください。

親もだめ、学校の先生もだめ、友達にも話ができないという状態になった子どもも、小学校年代のコーチには胸襟を開いて話をすることができます。私自身もそうした子どもの相談に何度も乗ったことがあります。

ぜひ、困ったことが起きたらコーチを頼ってください」

実際に、高校生になってひきこもり、誰とも話をしなかったのにコーチにだけは話ができ、高校に復帰できたという実例もあるそうです。

「ともに歩む」という姿勢

アルテ歩くphoto:www.GlynLowe.com

ARTE八王子FCジュニア(U-11、U-12)の快進撃は東京都でも注目されています。

鈴木「だからこそ、マナーや生活態度が大事になってきます。そういったこともちゃんと教えていきたい」

池内「その道に進む前にいろいろ考えてほしい。ここで考えるために時間を使うことは、とても大事なことです」

部活かクラブチームか、ということを考えるときに、まずお子さん本人のサッカーに対する姿勢や考え方、覚悟を確認すること。

それはとりもなおさず、お子さん自身の自立を認めることになります。

サッカーは大人のスポーツと言われ、特にジュニア年代では精神年齢の高い子、自立心のある子がうまいという現象がよく起きます。

ARTE八王子FCジュニアの快進撃の秘密は、選手の自立心を育てることも指導のうちととらえていることにあるかもしれません。

ARTE八王子FC(U-15)の情報はこちら(参照サイト:ARTE八王子FC公式HP)

株式会社幼体連スポーツクラブはこちら(参照サイト:幼体連スポーツクラブHP)

最後に

雨の降る中でしたが、会場は保護者の方とお子さんたちと、私語ひとつなく熱心に話を聞く姿が見られました。

クラブチームにするか、部活にするか、今も悩んでいらっしゃる方は多いと思います。今回の取材では、クラブチームか部活か、という選択肢の前に、まずサッカーに向かう姿勢を確認せよ、というお話から始まりました。

示唆に富んだ内容で、参考になる部分も多いのではないでしょうか。

ぜひ、親子で話し合い、よりよい進路選択をするための材料として参考になさってください。

取材に協力していただいた池内さん、株式会社幼体連スポーツクラブのみなさま、ありがとうございました。

日本サッカー協会の見解はこちら!

取材させていただける団体募集!

ジュニアサッカーNEWSでは取材させていただけるクラブチーム・部活・団体を募集しています!ご興味のある方はこちらよりお問い合わせください。

 

こちらもおすすめ
部活とクラブチームの本音白書・ほんとのところ、どうなの?

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSChief Editor、テクニカルマイスターWriterMiz

東京在住ライター。ジュニアサッカーを見守って12年目突入。群馬県出身。


ライターさんたちの好き勝手ブログができました。

https://ameblo.jp/green-card-juniorsoccer/


私はたぶん一番熱心な読者として、「仕事しろ!」って言われるほど頻繁に見に行ってるのですが、

更新がない→さびしいので自分で書く→なんか自分ばっかり記事増えちゃってどうしよう


というアメブロの無限ループにはまっています。

ライターさんたちの執筆を待ってます!


訪問してくださる皆様、誰のところでも気軽にコメントくださいね♪


コメント欄

*

ジュニアサッカー応援団’S

La Meta ラ・メタ
PROJECT OFFER
フレア合同会社
ペナスタ博多
那珂南FC
Return Top