ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【スペシャルルーキー】代わりのきかない選手になりたい 日章学園高校サッカー部 三浦心大選手インタビュー 

2022年8月6日~8日の3日間、熊本県の大津町運動公園にて「火の国スペシャルバウト2022」が開催されました。
ジュニアサッカーNEWSでは、1校から1人ずつ「編集部が選ぶスペシャルルーキー」を選出し、インタビューを実施。
今大会で感じたことや得たこと、また今後の目標や夢などを伺っていきます。

日章学園高校サッカー部からはFW 三浦 心大選手が選出されました。
多くの得点をあげ、勝負強さを感じさせた三浦選手。
本大会ではどんなことを感じ、何を得たのでしょうか。

zoom取材/文:CRANE 写真提供:日章学園高校サッカー部、球蹴男児U-16公式HP

お話を聞いた人
日章学園高校サッカー部 三浦 心大選手

三浦 心大(みうら みひろ)選手
学年:1年生
ポジション:FW
背番号:10番
出身:山口県

九州だけでは決してできない貴重な経験

ーーー火の国スペシャルバウトへの出場お疲れさまでした。トーナメント戦や交流戦を行ってみてどんな感想を持ちましたか?

日章学園高校サッカー部 三浦 心大選手(以下、三浦)
関西や中国など強豪チームと戦えて大きな刺激になりました。
1年生のうちから緊張感のある試合ができるのはとてもありがたいです。
九州だけでは決してできない貴重な経験を活かし、今後の試合にも役立てていきたいと思っています。

ーーー試合を通して活躍できたと思ったのはどんなところですか?

三浦
準々決勝や準決勝、交流戦で得点を決められたことです。ルーキーリーグU-16球蹴男児では自分は点を決めることができていないので、今大会では練習の成果を出せて良かったです。

準決勝の長崎総附戦では2点リードされた状態から後半に1点を返すことができました。
「とにかく1点をもぎ取ってやろう」という、諦めない気持ちで前に前に攻めました。
一緒に戦った仲間も同じ気持ちだったと思います。

準々決勝、広島国際学院戦での得点は、サイドの選手との連携が上手くいきました。
裏に抜けてゴール前に走り込んだところに一緒に上がっていたサイドの選手からクロスが上がり、ヘッドで合わせるだけという良い形で得点できました。
サッカーは攻撃のリズムや仲間との距離感、関わり方が大事だと思っているので、それが形になったことは嬉しかったです。

近大付属高校との交流戦では守備をする上で苦しめられましたが、気持ちを強く持ってディフェンスラインを上げることを意識してショートカウンターで得点することができました。

ーーー対戦チームから得るものも多かったと思います。印象に残っているチームはどこでしょうか?

三浦
近大附属高校はボールポゼッションのレベルが高く、特に印象に残りました。
止める蹴るの技術がしっかりしているし、相手の逆をつくプレーも上手かった。
試合には勝ちましたが、自分達の守備や技術の精度など、足りないものを埋める努力をしなければならないと感じました。

長崎総附はすごく情熱的なチーム。
試合に出ている選手だけでなく、ベンチからも大きな声で仲間を鼓舞していました。熱気に圧倒され、相手のペースに飲まれてしまったところもあったので、自分達のチームにも、もっと熱量や活気が必要だと気付かされました。

代わりのきかない選手になりたい

ーーー普段の学校生活ではどんなことを意識していますか?

三浦
普段から色んな人と積極的に話すよう心がけています。
サッカーする上でも回りをよく見ること、仲間と連携を取ることにはコミュニケーションスキルが関係すると思うので、先輩、同学年問わず自分から話しかけるよう意識しています。

クラスでは、サッカー部以外の同級生ともいろんな話をするんですよ。勉強で分からないことを教えてもらうこともあります。
雰囲気が良いクラスで話しやすい人が多く、毎日とても楽しいです。

寮での生活を通して学ぶことも多いです。
サッカー部の同学年の選手が同室なので、練習や試合でここは上手くいった、次はもっとこうしようとか、サッカーの話をよくしています。
寮には県外から来た生徒が多いじゃないですか。自分が今まで行ったことのない地域の人もいて、いろんな話が聞けるのも面白いです。

最初はきつかった寮生活も今は大分慣れてきました。
サッカー部の練習がハードで朝起きるのが大変な時もあるのですが、朝になると寮の館内放送でめちゃくちゃ大音量のチャイムが鳴るんですよ。そのおかげでなんとか起きられています(笑)
自分で何でもやって、決められた時間の中でやるべきことをやる。生活面においても徐々に成長できているように感じます。

ーーー三浦選手の将来の夢、目指す選手像を教えてください。

三浦
将来はプロサッカー選手になりたいです。

自分はバイエルンのトーマス・ミュラー選手のように広くカバーできる選手になりたいです。
いつも良い場所に顔を出せて、大事な局面でとても頼りになる。走力があって守備でも攻撃でもチームに貢献できる、チームにとって代わりのきかない選手になることが目標です。

チームとしても、もっと強度を高められるように仲間と一緒に努力していきたいです。
声が沢山出せて、守備も粘り強くて「日章学園との試合は怖い」と思わせるような迫力のあるチームになることが目標です。

球蹴男児U-16ルーキーリーグもセカンドステージが始まっています。
2位までに入って全国大会に出場できるように頑張ります。

56人いる1年生の中からレギュラーに選ばれて憧れの高校サッカー選手権に出場できるように努力していきたいと思います。

関連記事

【全試合ライブ配信しました】2022年度 Blue Wave サマーバトル2022~激戦 火の国~スペシャルバウト(熊本)優勝は熊本国府!

2022年度 球蹴男児U-16リーグ 2nd Stage日程掲載!9/10,11

【日章学園高校(宮崎県)メンバー紹介】2022 球蹴男児U-16リーグ

最後に

「仲間と協力して点を取れることが一番嬉しい」

大会での様子を振り返りながら自身の考えを懸命に言葉にする姿にはサッカーやチームへの熱い思いがにじみ出ていました。

「ここぞという時に頼りにされる選手になりたい」
この目標に向かい、ますます努力する三浦選手の今後の成長がとても楽しみです。

三浦選手と日章学園サッカー部の皆さんのご活躍をお祈りしています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterCrane
滋賀県在住ライターのCraneと申します。
2022年8月にライター歴5年目に突入、サッカー娘の母歴は丸12年になりました。

どんな試合でも、その一戦を迎えるまでにどれほどの努力があったのか。そしてそこに、どれほどの方の支えがあったのか。

頑張っている選手達、それを支える保護者、指導者の皆様が持つ数多のドラマに想像を張り巡らせてはリスペクトが泉のように湧き上がる日々。
涙腺も年々緩くなり、留まることを知りません。

8チームから12チームくらいの規模の大会、16チーム以上の大きな大会ともに情報は常に募集しています。
大会結果画像、弾けるような笑顔のお写真、選手達のご活躍の様子をぜひお寄せ下さい。いつでもお待ちしています!

コメント欄

*

※ファイル添付機能が使用できるようになりました。推奨ファイル形式:png、jpg|PDFやExcelファイルは「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top