ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【大会中止】2021年度 皇后杯JFA第43回全日本女子サッカー選手権大会 東海大会 アカデミー福島、静岡SSUアスレジーナ、藤枝順心高校、ヴィアティン三重が全国大会出場決定

9月4日(土)から岐阜県フットボールセンター(GFC)にて行われる「2021年度 皇后杯JFA第43回全日本女子サッカー選手権大会 東海大会」の情報をお知らせします。

8月26日東海サッカー協会より大会中止の発表がありました。
シード上位4チームの「JFA アカデミー福島、静岡SSUアスレジーナ、藤枝順心高校、ヴィアティン三重」が全国大会へ出場します。
参照:東海サッカー協会

2021年度 大会結果詳細

情報提供・閲覧はこちらから

◆この大会、各チームはどう戦う?どう戦った?
溢れるチームの想い・・・!
チームブログ一覧はこちら!

組合せ(9/4,5,11,12岐阜県フットボールセンター(GFC)大会中止

<2回戦>
JFAアカデミー福島(NL①) -
ヴィアティン三重レディース(東海②) -
藤枝順心高校(東海①) -
静岡SSUアスレジーナ(NL②) -

<1回戦>
神村学園伊賀(三重) - 磐田東高校(東海④)
常葉大学附属橘高校(東海⑤) - ルクレMYFC(静岡)
豊川高校(愛知) - 名古屋経済大学(東海⑥)
帝京大可児(岐阜) - 愛知東邦大学(東海③)

参照:東海サッカー協会

関連記事

2021年度 皇后杯JFA第43回全日本女子サッカー選手権大会 全国大会
U-18 Women’s Super League
全国高校総体女子サッカー競技大会 女子インターハイ
XF CUP 2021 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)東海大会
おすすめ
名称は『WEリーグ』!女子プロサッカーリーグ誕生!【2021年秋開幕】 リーグの歴史・現なでしこリーグ編成も紹介!
行くぞ、女子!サッカー活動再開に向けたトレーニングの進め方(育成年代女子選手向け)JFAガイドラインより
世界トップレベルの実力!なでしこ強さの秘密に迫る!なでしこのジュニア時代の親との関わり方
なでしこジャパン(日本女子代表)メンバー発表!ジュニア時代通ったのはこんなチーム!
高校生:読まれている記事ランキング
【全年代日本代表】2021年 日本代表・日本女子代表 年間スケジュール一覧
蹴辞苑【500語収録予定:サッカー用語解説集】

2021年度 サッカーカレンダー【東海】年間スケジュール一覧

2021年度 皇后杯JFA第43回全日本女子サッカー選手権大会 東海大会

<日程>

2021年9月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日) 大会中止

<会場>

岐阜県フットボールセンター(GFC)中池かわせみスタジアム

<大会概要>

主催
(一社)東海サッカー協会

 主管
東海学生女子サッカー連盟

参加資格
・本協会に「女子」の種別で登録した加盟登録チームであること。

参加チームとその数
参加チームは、
・東海L1部はシードで、前期の順位により決定:試合が消化できない場合は、2019年度の順位により決定する。
・NL1部(名古屋)は本大会シード、 NL2部(静岡SSU・JFA福島)は東海予選シードで第11節終了時の順位により決定:試合が消化できない場合は、7月末の時点で節をそろえた成績により決定
・各県代表
静岡県1チーム、愛知県1チーム、三重県1チーム、岐阜県1チーム

大会概要抜粋:東海サッカー協会

2021年度 予選の結果

NL(なでしこリーグ)(2)

JFAアカデミー福島
静岡SSUアスレジーナ

東海リーグ(6)

藤枝順心高校
ヴィアティン三重レディース
愛知東邦大学
磐田東高校
常葉大学附属橘高校
名古屋経済大学

▶︎東海女子サッカーリーグ

静岡(1)

優勝 :ルクレMYFC

詳細はこちら

愛知(1)

優勝:豊川高校

詳細はこちら

岐阜(1)

優勝:帝京大可児

詳細はこちら

三重(1)

優勝 :神村学園伊賀

詳細はこちら

全国の地域ごとの最新情報はこちら
全国少年サッカー応援団

過去の大会結果

<2020年度>
優勝 :NGUラブリッジ名古屋
準優勝:アカデミー福島
第3位:藤枝順心高校
第4位:ヴィアティン三重L
*東海第1代表 静岡SSUアスレジーナ(CL①)、本大会上位4チームは全国大会出場
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2019年度>
全国大会出場
第 代表:ラブリッジ名古屋
第 代表:アカデミー福島
第3代表:藤枝順心高校
結果詳細はこちら(ジュニアサッカーNEWS)

<2018年度>
第1代表:JFAアカデミ-福島
第2代表:NGUラブリッジ名古屋
第3代表:藤枝順心高校
第4代表:常葉大学附属橘高校
結果詳細はこちら(東海サッカー協会)

<2017年度>
第1代表:静産磐田
第2代表:NGUラブリッジ名古屋
第3代表:東邦大学
第4代表:藤枝順心高校
第5代表:JFAアカデミ-福島
結果詳細はこちら(東海サッカー協会)

<2016年度>
第1代表:NGU名古屋FCレディース
第2代表:静岡産業大学磐田ボニータ
第3代表:JFAアカデミー福島
第4代表:常葉橘高等学校
第5代表:藤枝順心高等学校
結果詳細はこちら(東海サッカー協会)

最後に

残念ながら東海大会は中止となってしまいましたが、全国大会へ出場が決まった4チームの皆さんはぜひ頑張ってください!

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterNiki
いつもジュニアサッカーNEWSをご覧いただきありがとうございます。

1979年生まれ。愛知県知多市出身、岐阜県在住。ウェブ制作やデザイン、企業の広報を経て、出産を機にフリーのデザイナーに。2017年4月からジュニアサッカーNEWSでのお仕事を始めました。

ブラジルワールドカップからサッカーを始めた息子も今年6年生。
泣き虫で小柄な息子でしたが、心も身体も随分たくましくなりました。

昨年は大変な1年でした。今年は穏やかな日常が戻ってきますよう、お祈りいたします。

コメント欄

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメント欄

*

※現在ファイル添付機能に不具合が出ております。ファイルをお送りいただく際は「[email protected]」宛にメールにてお願い致します。

Return Top