ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

大宮を中心にスクールを展開!個人レッスン、トータルサポートでスキルを伸ばす!「エボルテサッカースクール」辻本拳也代表インタビュー

サッカースクールと聞くと、皆さんはどんな印象を持ちますか?

「サッカーを習い事としてやりたい。」
「楽しくサッカーをしたい」
「チーム活動だけでは足りないと感じる選手がプラスアルファとして通う」

スクールといえばそんな印象があるのではないでしょうか。

今回取材をさせていただいた、埼玉県にある「エボルテサッカースクール」は従来通りのスクールだけではなく、そこに付加価値をつけようとしているスクールです。
「エボルテサッカースクール」が選手と共に目指しているのは一体どんなことなのか? 代表の辻本拳也氏にお話を伺いました。

エボルテサッカースクール 埼玉県さいたま市のサッカースクール HP

電話取材・文/Meg

辻本拳也 代表インタビュー

辻本代表プロフィール

1995年8月31日生まれ 埼玉県富士見市出身
2018年4月、エボルテサッカースクールを開設
現在は大宮、目黒、富士見の3か所でエボルテサッカースクールの代表を務める。

【サッカー歴】
レッツドラゴンサッカースポーツ少年団→富士見市立公立中学校サッカー部→INAC多摩川→FC武南

【実績】
全国クラブ選手権大会埼玉県大会ベスト8
天皇杯予選埼玉県大会出場

【指導歴】
FCリアルサッカースクールコーチ
某サッカースクールアシスタントコーチ
某家庭教師型サッカースクールコーチ

【資格】
・日本サッカー協会公認指導者ライセンス
・AFEN公認サッカー指導者ライセンスモニトール(スペイン文科省、スペインサッカー協会認可)
・AFEN公認フットサル指導者ライセンスモニトール
・SBTメンタルトレーナー資格取得
・JMSA公認スポーツ心理士資格取得
・一般社団法人 日本能力教育促進協会認定 スポーツフードスペシャリスト資格 取得

模索し続けた学生時代
再燃した指導者への想い

 

ーーー「エボルテサッカースクール」について教えてください。辻本代表がスクールを立ち上げたきっかけはどんなことだったのでしょうか。

辻本代表(以下辻本)
大学時代、サッカーの個人レッスンコーチや、スクールコーチのアルバイトを経験したのですが、その時に指導した選手と再会したことがきっかけでした。

私がサッカーを始めたのは幼稚園時代のことでした。
小中学生と続けたのですが高校時代はケガに苦しみ、満足なプレーができませんでした。
それでもサッカーに関わりたいと考え、大学ではスポーツビジネスを学ぶ道に進みました。
学生時代からサッカー業界に将来は進みたいと考えていましたね。

サッカースクールのコーチの他、サッカーのライター業も経験しました。
学生時代は将来について、とにかく模索し続けていましたね。
就職活動もしており、とあるサッカーメディアからは内定もいただいていました。

模索していた時期に、ライターの仕事としてダノンネーションズカップに取材に行ったんです。
そこで以前指導したことがある選手と再開しました。彼の成長した姿を見て、当時の思い出がよみがえり
「やっぱり指導者の道に進みたい」
自分の中に、そんな思いが湧き上がりました。

過去の経験により、個人レッスンと集団スクールの両方ができるところで指導者になりたいと考えましたが、当時は思うような団体がありませんでした。
「だったら自分で立ち上げよう」と、スクールを設立することにしたのです。
チームにも魅力を感じましたが、より選手に寄り添えるスクールで、個人レッスンと集団スクールを平行する形にしました。

他とはここが違う!エボルテの3つのポイント

ーーーエボルテサッカースクールが「他のスクールとはここが違う!」という点はどんなところですか?

辻本
集団のスクールに加え、「個人レッスン」「オンラインサービス」「トータルサポート」を行っているのが他のスクールとは違うポイントだと思っています。

個人レッスンをしているところがあっても、個人レッスンと集団スクールを両方に力を入れるところは少ないのではないかなと思います。

個人レッスンは1対1になるので、出来ることは限られます。
しかしできないことは集団のスクールでは学ぶことができます。
逆に集団指導では細かい点などをフォローしきれないこともあるので、習得しきれなかった箇所の復習や伸ばせる箇所に個人レッスンでは時間をかけることが可能となります。
そのように両方を利用することで同じスタッフがフォローに入れること。そのような点が一番いいのではないかと思っています。

私たちのスクールは、複数某スペイン系スクールとの繋がりを持っていますので、スクールキャンプを割引価格でご紹介するということもできます。
意識の高い選手に向けて、より高いレベルの経験ができるようその子に合ったご提案をしています。

ーーー「個人レッスンは敷居が高い」と感じる人も少なくないのではないでしょうか? 個人レッスンの魅力はどんなところにあるのでしょう?

辻本
個人レッスンではチームのレギュラーを獲りたい選手、練習が足りないのでもっとやりたいと考えている選手が全体の6割ほどです。
残り4割の選手は意識が高い選手ですね。プロになりたい、次のカテゴリーで今より強豪チームに入りたいと考えている選手です。

富士見市では初心者から楽しめるエンジョイを目的としたスクール。
目黒区と大宮は経験者からの入会となっており、富士見市のスクールとは雰囲気も異なっています。
目黒のスクールにはヴェルディスペシャルクラスに合格した選手が在籍し、大宮はまだ始動したばかりですが、バーモントカップの県大会でベスト8に入った選手も在籍しています。
今後も大宮校には意識の高い選手が集まってくると思います。

個人レッスンは集団スクールより金額はかかりますが、場所によって需要が高いエリアもあります。

個人レッスンでは一人一人に寄り添い、その選手オリジナルのメニューを用意します。
そのため、個人の長所、短所ともに細かく分析することが出来ます。
サッカーの技術だけでなく走り方や身体の使い方なども、選手と保護者の方に話す時間をたっぷりとることが出来ます。
また保護者の方が送迎しかできなくても、レッスン後に報告メールをしています。
報告メールでは、レッスン内容を明確に伝え、レッスン中に見えた選手のストロングポイントなどをお伝えしています。
報告メールは、保護者の方も楽しみにしてくださっているようです。

ーーー「オンラインサービス」はどんなニーズから生まれたサービスなのでしょうか?

辻本
オンラインサービスは、コロナ禍で対面でのレッスンが厳しくなってしまったことを受け、2回目の緊急事態宣言が発動された時から始めました。

今では、選手がチームの指導者には直接聞き辛いと感じることを「第三者」の立場でアドバイスさせて頂くサービスとしても成り立っていると思います。

「試合動画の分析」は特にご支持を頂いています。
送って頂いた選手の試合動画を分析し、伸ばすべき強みや、課題の洗い出しなどを詳細にアドバイスしています。

周りの目が気になって、チームの指導者には相談がしにくいと考える方も少なくないと思うんです。
私達は、そんな選手達にとって「良い距離感」にいる味方のような存在なのではないでしょうか。
スクールの指導者という立場は、どのチームも対等に見ることが出来るという「強み」があると思っています。

ーーートータルサポートはどのような内容でしょうか?どのような方がご利用されますか。

辻本
トータルサポートは、本気で高いレベルを目指す選手向けのプログラムです。
多方面からのアプローチで選手の能力を伸ばしていくものです。

パフォーマンス、フィジカル、メンタル、栄養、語学、ウェア・備品の6つの項目から、スクール生が必要だと思うことをオプションでご利用いただけます。

主なサポート内容は、以下の通りです。

  • サッカーの自主練習サポート及び試合見学、動画によるフィードバック
  • 提携トレーナーによるパーソナルトレーニング(オプション)
  • メンタルトレーナーによるメンタルトレーニング
  • 栄養士による栄養アドバイス及び栄養サポート(オプション)
  • 備品、ウェアの割引購入によるサポート 及び一部無償提供
  • メディアへの売り込み(紹介記事の掲載、取材依頼)
  • サプライヤーへの売り込み(条件あり)
  • 語学レッスン(英語、スペイン語)
  • 進路相談等(キャリア)

トータルサポートについての詳細はこちら

これからもいろんなことに挑戦
選手にあったニーズをサポ―ト

ーーーエボルテを今後、どんなスクールにして行きたいとお考えですか?

辻本
私の地元、埼玉で拡大を考えています。
5~10年後には関西などでフランチャイズでの展開も考えています。

私たちのスクールの中には、分析に強いコーチがいます。
コーチ自身の持つ経験を生かし、様々な視点で選手をサポートできるのは強いですよね。

意識の高い選手は強豪チーム等との繋がりに導くこともできます。
選手一人ひとりに寄り添い、選手への全力サポートが可能になることを思い描いています。

エボルテサッカースクールの最新情報はこちらから!
twitter
Instagram
youtube

クラウドファウンディング挑戦中!
スクール初のクリニックを開催

元Jリーガーのアン・ヨンハ氏を迎えて、エボルテ主催の初のクリニックを開催します。
夏休み中ですので、多くの参加希望者をお待ちしております。

日程:2021年7月29日(木)
場所:ジュニスターフィールド横浜(〒221-0844 神奈川県横浜市神奈川区沢渡21(横浜朝鮮初級学校内)
参加者特典:「経口補水液タブレットのORS」のサンプルをプレゼント。
熱中症対策商品として多くのアスリートの方に愛用されています。ORSについてはこちら

詳細についてはこちらをご確認ください
https://www.evorte-soccer.com/blog/404.html

また今回のクリニック開催に伴い、クラウドファンディングを行っています。
詳細についてはこちらからご確認ください
https://www.spportunity.com/tokyo/team/635/invest/533/detail/

参照:エボルテサッカースクール 埼玉県さいたま市のサッカースクール HP

最後に

お電話でお話を伺った辻本代表は8月に26歳になるという、お若い指導者です。
お若いからこその視点、SNSを今後使って情報を発信したい。
チームで活躍する選手をサポートし、プロになるのを見届けたい。
目標は多くあるように感じました。

親が子供にしてあげられることは限られています。
その中で自身の子どものやる気と本気度を見極め、選択することは難しいことです。

子どもを全力でサポートする。口にするのは簡単ですが、なかなか安易なことではありません。

「自分自身を超越した場所から客観的に見る能力」
「自分自身をコントロールでき、冷静な判断や行動ができる能力」
これは「メタ認知力」と呼ばれる能力です。

今後必要とされる「メタ認知力」をつける段階で、個人レッスンを受けることは非常に意味があるのではと思いました。
スクールコーチのような、第三者の視点から子どもにアドバイスをしてくれる指導者がいるのは魅力的です。

エボルテサッカースクールは今度も新たな活動を予定されています。
私もサッカー少年の親として、子どものために何ができるかを考えさせられたインタビューでした。

辻本代表、お忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。
今後のエボルテサッカースクールのご発展を楽しみにしています。

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWSテクニカルマイスターWriterMeg
群馬県と長野県を主に担当していますMegです♪

毎日たくさんのチームHPやFBなどを巡っていると、指導者の思いや選手の思いがストレートに入ってくる時があります。自分の子どもや知り合いでもない、声もしらないそのチームの選手や指導者に感情移入することも。
全力でまっすぐサッカーやスポーツに打ち込んでいる人々を応援しています^^
コロナがあってもなかっても、子どもたちの未来がキラキラしている世の中になれるよう、ちょっとしたお手伝いができれば嬉しいと思っています♪

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top