ジュニアサッカーNEWS

高校サッカー、少年サッカー、中学生サッカー、女子サッカー情報を速報で配信

【U-16】球蹴男児ライブ配信!高校サッカー界の金の卵の活躍を支援してください

クラウドファンディングの資金使途を「開幕戦のライブ配信」としていましたが、開幕戦が延期となったため、次イベントにて同様の内容に充てさせていただきますこと何卒ご了承ください。

コロナ感染拡大の影響により、5月2日から5日の熊本開幕ラウンドの中止、3節までの全試合を延期する事を決定しました。今後の感染状況の推移を見極めた上で6月開幕を予定しております。どうぞ宜しくお願いします。(2021/04/24球蹴男児U-16リーグ公式サイトより)

 

「本気のぶつかり合い」ができる環境を、高校1年生から与えたい。

この構想が全国にルーキーリーグU-16を産み、育ててきました。
現在は全国9エリア、150あまりのチームが参加し、ルーキーリーグを目指すチームのためのチャレンジリーグも発足しています。

このたび予定されているルーキーリーグ九州、「球蹴男児U-16」のライブ配信・クラウドファンディングサポートを株式会社グリーンカードが行います。

子どもの環境を整えられるのは、
大人しかいない。

ルーキーリーグは発足から今年で6年目を迎えます。こうした高校1年生だけの通年リーグで全国規模のものは他にありません。

昨年度は新型コロナウイルス感染症の影響で、思うような試合調整がつかなかったエリアもありました。今年度はコロナが収束しない中で開催する2シーズン目になります。

中止したり、規模を縮小する大会も多いですが、私たちのルーキーリーグは昨年の運営で得たノウハウをもとに、より安全に、より選手や保護者、ファンの皆様にご満足いただけるリーグ戦にしていきたいと考えています。

「できないことを数えるよりも、できることを探す」というスピリットで、コロナも新たなリーグ戦のあり方を模索する機会と捉えて、今年も前進していきます。

「sports concierge office Blue Wave」
ミズノチャンピオンシップU-16ルーキーリーグ運営委員長
伊藤 誠

このたび、コロナウイルス蔓延防止に伴い、リーグ戦も「できるだけ短期間で」「できるだけ会場間の移動を少なくして」行いたく、集中開催を計画しています。

コロナウイルスの感染がもし拡大してしまい、この集中開催の中止・延期が行われた場合でも、支援していただいた金額分の試合数、球蹴男児のライブ配信を行います(時期は国・県の方針に従います)。

全国規模の高校1年生リーグをさらに発展させ、高校サッカー界へも何か還元できることはないか。

そのような思いで運営元・指導者たちが日々努力していることを、精一杯サポートしていきたいと思っています。

▼集中開催詳細
5月2日~5日
熊本県大津運動公園にて、20チーム参加

【参加予定チーム】

・D1
東福岡高校
大津高校
九州国際大学付属高校
長崎総合科学大学附属高校
熊本国府高校
鵬翔高校
鹿児島実業高校
鹿児島城西高校
日章学園高校
神村学園高等部

・D2
佐賀商業高校
東海大学付属福岡高校
ルーテル学院高校
佐賀東高校
熊本学園大学付属高校
筑陽学園高校
宮崎日本大学高校
長崎南山高校
筑紫台高校
那覇西高校
西原高校
宜野湾高校
那覇高校

▼クラウドファンディング詳細
目標金額:50万円
募集期間:4月21日~5月16日

「LIVE配信を支援する」のは
どんな意味を持つのか。

伸びしろを持つ選手は至るところにいます。LIVE配信を支援することは、間接的に彼らの進路を支援すること、彼らが世界に見いだされる可能性を高めることにつながるのです。

弊社が独自にJチームスカウト関係者に行ったアンケートによると、ライブ配信は

  • 事前の情報収集に役立つ
  • 少ない人数のスカウトが視察する機会は限られるので、動画はありがたい
  • 現地に行けなくても試合をチェックできる
  • 時間があるときに見られる
  • どこにいても映像で見られる

というご意見をいただき、改めて選手が発掘されるきっかけの一つになり得るということがわかりました。

未来のプロへ。そして、世界へと情報発信できる今だからこそ、この流れを推し進めていきたいと考えています。

この試みは球蹴男児だけではなく、全国の9エリアのルーキーリーグに広げていきたいと思っています。

高校サッカーをもっともっとたくさんの人に楽しんでもらうために。
もっともっとたくさんの選手が望む進路を選べるように。
今回のクラウドファンディングは、その第一歩です。

どうぞご支援よろしくお願いいたします。
(バナークリックで別画面が開きます)

関連記事

2021年度 球蹴男児U-16リーグ 組合せ・日程掲載!5/2~5開催!

球蹴男児U-16参入リーグ 挑男(チャレダン)2021 組合せ掲載!6/12~開幕

目標金額達成しました!【サニックス杯国際ユースサッカー大会】クラウドファンディング挑戦中!

全試合ライブ配信しました!【クラウドファンディングも達成】日本クラブユースサッカー選手権(U-18)

寄稿者プロフィール

JUNIOR SOCCER NEWS統括編集長/事業戦略部水下 真紀
Maki Mizushita
1974年生まれ。群馬県出身、東京都在住。フリーライターとして地方紙、店舗カタログ、webサイト作成、イベント取材などに携わる。2015年3月からジュニアサッカーNEWSライター、2017年4月から編集長、2019年4月から統括編集長/事業戦略部。ジュニアサッカー応援歴15年。フロンターレサポ(2000年~)

第99回高校サッカー選手権予選を最後に息子が選手を引退。
現在大学に通いながら母校のGKコーチをしています。
高校生の保護者の方がもしここを見ていたら、
「引退後の2か月で偏差値爆上げは無理だから今からがんばれ」と
お子さまに教えてあげていただきたいです…(一浪しました)

まだ小学生、中学生のお子さんをお持ちの皆様がうらやましいです。
今しかない瞬間、親も楽しんじゃってください!

サッカーにかかわるすべての人を応援しています。

コメント欄

*

添付できない場合はお問合せフォームより送付ください

Return Top